お旅まつり・小松姫御前

 

小松市の魅力を県内外に発信する小松観光大使として、伝説の白拍子「仏御前」に因んだ小松姫御前の3人です。3人は昨年10月のコンテストで選ばれました。任期は今年の秋までの1年間です。
c0317868_16294798.jpg

 

「仏御前」は平清盛の寵愛を受けた加賀の白拍子です。嵯峨野「祇王寺」は仏御前が現れる前まで清盛の寵愛を受けた祇王と妹祇女、母刀自が清盛に追われて出家した草庵です。ある日そこへ仏御前が現れ、祇王に負い目を感じ続けて、何時かはわが身も捨てられるとはかなんで訪ねてきたのでした。祇王は遺恨を水に流し仏御前を迎え入れるのです。以後4人は共に暮らし往生の本懐を遂げたと伝わります。



 

折角なのでお一人づつ掲載します。先ずは地井真夢妃さんです。
c0317868_16320716.jpg

 

「人の温かさや自然豊かな小松の良さを知ってほしい」とコメントをされています。
c0317868_16333308.jpg

 

続いて北出愛里沙さんです。
c0317868_16343169.jpg

 

「小松の文化を勉強して、分かりやすく伝えたい」との抱負を!
c0317868_16355592.jpg

 

三人目は新谷歩未さんです。
c0317868_16371620.jpg

 

「活動を通して新しい魅力を発掘したい」と決意を示されていました。
c0317868_16383246.jpg

 

突然の撮影お願いに快くご了解を頂きありがとうございました。皆様、益々のご活躍をお祈り申し上げます。
 

 


by ei5184 | 2019-05-22 04:51 | 子ども歌舞伎 | Comments(14)
Commented by hitatinotono at 2019-05-22 05:06
わぉ~ステキ!!
優しい笑顔(♡
Commented by at 2019-05-22 05:08 x
おはようございます!
小松と言えば、ア〇 ホテルの社長さんなど 迫力のある女性が・・・・
清楚な方も居るのだと、認識しました。

千賀遥さんの 広告看板
京都駅新幹線上り線ホーム 5号車の停車位置にあります。
どうぞ 入場券で入って ウットリしてください。
Commented by manekinntetti at 2019-05-22 05:48
eiさん おはようございます。
こまつ姫御膳 みなさん可愛らしいです♪
それにしても・・・快くモデルにも掲載にも応じてくれるなんて
eiさんはとても感じが良い紳士なんですね。
もし、ウチの夫なら・・・と想像したらば「いやだぁ~!キモイ」と言われそうです(笑)
Commented by BBpinevalley at 2019-05-22 06:06
いきなり綺麗なお姫様三人。
仏御前のお話は初めて聞きましたが、昔の権力者は女性を使い捨てたものなのですねェ〜
びっくり。
小松市の文化が若い方たちによって紹介されていくのは、素晴らしいことですネ。
Commented at 2019-05-22 06:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dendoroubik at 2019-05-22 17:01
平成21年に龍助町が
仏御前を主人公にした新作歌舞伎を上演し
7年まえに西町が再演
10年まえには米原曳山まつりでも上演されましたが
残念ながら こまつ姫御前さんは米原へは来ませんでした(笑)
Commented by ei5184 at 2019-05-22 17:35
hitatinotonoさん、そうでしょう~ この笑顔に魅入りました(笑)
来年再訪した時に再会したい!
Commented by ei5184 at 2019-05-22 17:43
凧さん、云われてみて気が付きました(笑)
最近は彼方のホテルは敬遠しています。
来年の左義長は電車利用の積りで駅前のホテルを予約しましたが、
上とは違います(笑)
さて宮川町、手術のこともあり遠のいていましたが、6月に久々出かけます!
芸妓になる気があるのか否か、意思確認も兼ねて(笑)
Commented by ei5184 at 2019-05-22 17:51
テッチさん、ハハハ・・・多分皆さんは敬老の積りで、しかし内心は渋々でしょう(笑)
↑の凧さんとは1年を通じてお会いしていますので、よくご存知です(笑)
人物撮影は必ず撮影前にお声を掛けてから撮らせていただきます。
どのタイミングかは難しいのですが、嬉しい事に誠意は殆どの人に通じているようです。
Commented by ei5184 at 2019-05-22 18:19
BBpinevalleyさん、平家物語ですが、今の世の中でも似た話はあるようです。
形体が違うだけで虐待はこれ等の一部なのかも知れませんね~

ハイ、文化は若い世代に受け継がれていくものです。
特に女性は日本文化継承の功労者です。
例えば歌舞伎観賞に行くと8割以上は女性です。
世の男性はお金を出すだけではなく
たまには観に行きましょう(笑)
Commented by ei5184 at 2019-05-22 18:25
鍵コメさん、嵯峨野も訪ねられていましたね~
その行動力に脱帽です(笑)
観光大使の皆さん、とても素敵な女性でしたよ~
息子を強引に連れて行けばよかった(笑)
Commented by ei5184 at 2019-05-22 18:42
dendoroubikさん、何と既に10年も前に演目として上演されていましたか!
流石に歌舞伎の町ですね~
長浜と小松は電車の便もいいので、今後も暫く通いそうです(笑)
姫御前の皆さんとは口上大会以後、中々遭遇出来ずに、中半諦めていました。
偶然に出会いましたが陽射しが強い歩道上。ならばと彼女たちに案内されたのが此処(笑)
流石に観光大使、こまつ芸術劇場へようこそ!
Commented by kk5d2 at 2019-05-23 17:58
素敵な姫ばかり~
写真を見れて癒されました~
Commented by ei5184 at 2019-05-24 09:22
kk5d2さん、此方の姫たちは毎年秋のコンテストで選ばれ
任期は1年との事でした。 お祭りには県外からも沢山訪ねていますので、
観光大使として大活躍のご様子でした。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< お旅まつり・曳揃え獅子舞 お旅まつり・子ども獅子とお神楽 の弐 >>