鵜匠・江崎洋子さん

 

宇治川にはもうお一人鵜匠がおられます。江崎洋子さんです。同じく装束を身に着けるところからです。
c0317868_15251615.jpg




 

漁服は藍染の木綿の服です。その上に火の粉から身を守る胸あてを付けます。
c0317868_14590786.jpg

 

そして腰蓑です。
c0317868_14594014.jpg

 

最後に風折烏帽子を巻き付けます。
c0317868_15023773.jpg

 

c0317868_15004064.jpg

 

出来上がりました。
c0317868_15021986.jpg

 

江崎さんは昨日掲載した澤木さんより4年後輩です。澤木さんに憧れて鵜匠になりました。ご出身は岐阜県長良川の傍で、小さい頃から日常的に鵜飼を見て来られました。長良川は世襲制のため鵜匠になろうなどとは考えもしなかったそうです。しかしご縁で宇治へ来て澤木さんのご活躍を見て2006年に鵜匠見習いになり、今日に至ります。
c0317868_15042175.jpg

 

鵜飼の様子は後日改めて掲載します。

 


by ei5184 | 2018-08-07 04:57 | 京都2018
<< 百日紅・京の夏 鵜匠・澤木万理子さん ウミウの... >>