鵜匠・澤木万理子さん ウミウのウッティ-

 

平成26年日本で初めて人工ふ化に成功した、ウミウのウッティ-(現在9羽) を訪ねて宇治川へ出かけました。まるで我が子の様に愛おしく抱く鵜匠・澤木万理子さんです。
c0317868_14333904.jpg




 

ウッティ-たちの誕生秘話から現在トレーニング中の放ち鵜飼への取り組みを熱く語ります。
c0317868_14370028.jpg

 

鵜飼の前に鵜飼装束を身に着ける処を撮影させて頂きました。
c0317868_14403171.jpg

 

藁を束ねて水しぶきから身を守る防水と身体の冷えを予防する「腰蓑」です。
c0317868_14423401.jpg

 

長さ90cmほどの藍染の木綿生地を頭に巻き付けて、かがり火から頭髪を守る「風折烏帽子」です。
c0317868_14451638.jpg

 

c0317868_14453188.jpg

 

出来上がりました!
c0317868_14461187.jpg

 

この装束で鵜飼をします。
c0317868_14472411.jpg

 


by ei5184 | 2018-08-06 04:53 | 京都2018 | Comments(20)
Commented by at 2018-08-06 05:04 x
おはようございます!
宇治川の鵜匠さん 小生が行った2年前は 弟子と思われる女性と二人で
息の合った 鵜飼いを見せていただきました。
今朝は、その時の思い出が 甦りました。 ありがとうございます。

本土より涼しい沖縄より帰ってきて
師匠が「風の盆」に出掛ける頃、小樽に出掛ける予定をたてました。
11月に 師匠に見ていただける写真 はたして何点になるやら?
忘れて行くのは 避けますね。
Commented by manekinntetti at 2018-08-06 05:08
おはようございます。
なるほど~( ..)φメモメモ 「腰蓑」も「風折烏帽子」も、
身体を守る役割の装束だったんですね。

男性も、もちろん良いけど、女性も凄くカッコイイです♪
Commented by hitatinotono at 2018-08-06 05:47
凛とした立振る舞い・・・いいですね~♪
鵜は日立の鵜の岬で捕獲した鵜ですよ~たぶん。

鮎、食べたい(^^
Commented by BBpinevalley at 2018-08-06 06:13
キリッとした美しい方ですね。
鵜飼の衣装が、この上なくお似合いです。
鵜は昔は自然に繁殖していたのでしょうね。
今は人工孵化ですか----
Commented by o-rudohime at 2018-08-06 08:03
普通の女性から装束を付けた途端に鵜匠の顔になるのはすごいですね。
女性で3人目と聞きますが男社会の中での苦労は並大抵ではなかったでしょう
放ち鵜飼は鵜との信頼関係があってこそでしょうね。
Commented by youko19530222 at 2018-08-06 09:38
以前、塔の島でお見かけしたことがあります 飾らない素敵な方ですね。 あの辺りを通った時に鵜の小屋を覗かせてもらいましたが元気に騒いでました(笑) 
Commented by ayayay0003 at 2018-08-06 11:17
鵜飼、女性の方がいらしたとは驚きです~(@_@)
しかも、美人さんですね♡
1枚目、我が子のように可愛がってるのがよく分かります~(*^_^*)
鵜飼、まだ見たことがないのでいつか生で見てみたいです~(^_-)-☆
Commented by minami9904 at 2018-08-06 14:30
鵜飼ですか。女性がやるんですね。
それも美人さん!
目の前で見てみたいです(^-^)
まさしでした。
Commented by ei5184 at 2018-08-06 18:16
凧さん、以前に宇治川の鵜飼へ行かれたお話から、
やっと今回訪ねる事が出来ました。
毎年の様にヒナが誕生して現在は9羽になったウッティ-たちです。
初めて産まれた鵜を我が子の様に抱いていた澤木さんでした!

南国沖縄から北の小樽ですか! 好いな~ 小樽も既に懐かしくなってしまいました(笑)
Commented by ei5184 at 2018-08-06 18:24
テッチさん、流石に北海道では鵜飼は無いようですね。
4年前に此方の野生の鵜に初めてつがいが出来て、卵を3個産みました。
その中の一つが有精卵と判り、間に合わせの保温機で卵を温めた処
無事にヒナになって育てたのが、澤木さんが抱いているウッティ-です。
涙が出てくるお話ですよね~
Commented by ei5184 at 2018-08-06 18:26
hitatinotonoさん、おっ、地元の鵜でしたか!
今では野生の海鵜と此処で生まれたウッティ-と
同じ数になって、大賑わいの飼育小屋でした(笑)
Commented by ei5184 at 2018-08-06 18:35
BBpinevalleyさん、説明不足でした。元々は野生の鵜のみでした。
その中でつがいが出来て4年前に初めて卵を3個産みました。
その中の1個が有精卵と判りましたが、鵜は卵を温める事が無く、
そこで急ぎ間に合わせの保温機で人工的に温めた処、無事に誕生して来たのが
トップ画面のウッティ-です。以来毎年の様に卵を産み、人工的に温めて
今では計9羽のウッティ-が育ちました。ウッティ-たちは目が見えた時初めて見たものを親だと思います(笑)
Commented by ei5184 at 2018-08-06 18:41
himeさん、ハイ、此処で生まれたウッティ-たちは、澤木さんを親だと思っています(笑)
9羽のウッティ-たちは澤木さんが呼びかけると、集まって来るそうです。
そこで考えたのが放ち鵜飼! 2年後の実現に向けて試行錯誤の様ですが、
実現出来た時は再度訪ねて行きたいと思っています。
Commented by ei5184 at 2018-08-06 18:45
ヨウコさん、澤木さん、お話も上手ですしとても親切な方でした。
此方のリクエストにも気軽に応じて頂き、食事も一緒にしたのですが、
その時に鵜に纏わる苦労話やプライベートまで、根掘り葉掘り(笑)
Commented by ei5184 at 2018-08-06 18:50
アリスさん、京都では此処と嵐山で見る事が出来ます。
鵜飼そのものですと嵐山の方が規模も大きくお薦めです。
此方は只今二人の鵜匠さんですが、二人とも女性。
修行中の可愛い少女? が鵜匠になると3人の女性鵜匠は全国此処だけです!
女性ならではの細やかさが活かされているようです。
Commented by ei5184 at 2018-08-06 19:05
まさしさん、ハイ鵜飼を是非見ていただきたいですね~
鵜匠は実に見事に鵜を操り、ウッティ-は鮎を次から次と捕獲していましたよ~
Commented by fleunn at 2018-08-06 21:12
鵜飼 でしたか~ 外れてもうた(ーー;
鵜飼の世界にも女性が !( ̄- ̄)ゞ
素敵な鵜匠さんですね(*^^*)
Commented by ei5184 at 2018-08-07 05:02
fleunnさん、ハイ、鵜飼でした。何んやと思てた?(笑)
鵜匠になって確か17年とか? 鵜の寿命は20年近いとか!
腕に抱くウッティ-が寿命を全うする 残り15年間、
どの様なドラマが待ち受けているのか、
これを機会に毎年訪ねて見ようと思っています。
Commented by zakkkan at 2018-08-07 13:29
鵜匠にしておくにはもったいないような美人さんですね
昨年新聞でもよく見ました・・というか・・読みました
鵜飼、嵐山も今年は水量少ないですが、やっています
むかしはたくさんの船が出ました、それを見物しただけの地元民です(笑)
Commented by ei5184 at 2018-08-08 07:44
zakkkanさん、はい、優しい笑顔がとても素敵な方でした。
しかし鵜飼の時キリッとされた姿も、更に素敵な方でしたよ~
船を操つる方は師匠ですが、80歳を超えた方です!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 鵜匠・江崎洋子さん 舞妓千賀遥・祝い舞の弐 >>