長浜曳山祭り・壽山 長浜一豊屋敷-祝言

 

最後に登場しますのは壽山外題 似合夫婦出世絏 ( にあいのふうふしゅっせのひきつな ) 長浜一豊屋敷です。『 平成18年に開催された「北近江一豊・千代博覧会」の一事業として、水口一夫氏脚本・振付で上演された創作歌舞伎「似合夫婦出世絏」(全三幕)。その第二幕は曳山狂言用に制作されたものでもあり、12年越しについに曳山祭での上演叶う 』 平成30年度子ども歌舞伎からの引用です。 さて、水口さんは昭和58年から現在まで主に壽山と諫皷山の振付をされています。松竹関西演劇部所属で、最近では2月徳島市大塚国際美術館・片岡愛之助 システィーナ歌舞伎の作・演出者です。 見せ場がたっぷりありましたので3回に分けて掲載しますが宜しくお付き合いください。 先ずは一豊と千代の婚礼からです。
c0317868_14044336.jpg




 

一豊の家来(6歳)は朝から忙しく働いています。仕える一豊に嫁が来るのです。
c0317868_14154760.jpg

 

当の山内一豊(11歳)も落ち着かず、ウロウロと気忙しいことです。
c0317868_14174943.jpg

 

見かねた家来から、少しは落ち着きなされと窘められています。 これがじっとしておられようか、このわしに嫁が来るのだぞ!
c0317868_14185617.jpg

 

そうこうしている中に侍女の紅梅・白梅(ともに7歳)と千代(12歳)が到着しました。
c0317868_14242461.jpg

 

早速祝言が執り行われます。
c0317868_14250386.jpg

 

c0317868_14252051.jpg

 

c0317868_14264097.jpg

 

そこへ長浜城主木下藤吉郎が祝いに駈けつけました。
c0317868_14280760.jpg

 

祝いにと剣舞を披露します。
c0317868_14285554.jpg

 

しかし、祝いの席には少し堅苦しかったと、改めて侍女たちも加わり舞の披露を!
c0317868_14314624.jpg

 

c0317868_14321293.jpg

 

それから3年の月日が経ちます・・・

 


by ei5184 | 2018-05-23 04:57 | 長浜曳山祭
<< 長浜曳山祭り・壽山 長浜一豊屋... 勧修寺・黄菖蒲 >>