人気ブログランキング | 話題のタグを見る

舞妓叶菜 春雨の弐

 

春雨に しっぽり濡るる 鶯の 
舞妓叶菜 春雨の弐_c0317868_17395877.jpg




 

羽風に匂う 梅が香や
舞妓叶菜 春雨の弐_c0317868_17414054.jpg

 

花に戯れ しおらしや 
舞妓叶菜 春雨の弐_c0317868_17420577.jpg

 

小鳥でさえも 一筋に
舞妓叶菜 春雨の弐_c0317868_17422814.jpg

 

ねぐら定めぬ  気は一つ  
舞妓叶菜 春雨の弐_c0317868_17424814.jpg

 

わたしゃ鶯 主は梅 
舞妓叶菜 春雨の弐_c0317868_17431867.jpg

 

やがて 身まま 気ままになるならば
舞妓叶菜 春雨の弐_c0317868_17434487.jpg

 

サア~ 鶯宿梅じゃないかいな~ サア~サ 何でもよいわいな~
舞妓叶菜 春雨の弐_c0317868_17442602.jpg

 

写真と歌詞は一致していません事をご了承下さい。

 


by ei5184 | 2016-04-10 04:57 | 舞妓叶菜 | Comments(6)
Commented by at 2016-04-10 05:09 x
おはようございます。
叶菜さんの舞 堪能です。 いつもありがとうございます。
教養豊かな 師匠しか出来ない 唄の注釈ですね。いつも 感心しております。

3年ぶりの おどり 、この間で顔見知りの数人が襟替えし さてどんな芸妓姿かと でも島田で 同じ衣装 分からない
すると はっと眼のあった妓が 瞬間表情を崩し その後 片目をゆっくりと瞑りました。 粋なウィンクでした。
この様な挨拶の仕方もあるのかと・・・・
意地悪していた仕返しか 直球で飛んで来る「てんてん」の数も増え 十二分に楽しんでおります。
Commented by pikorin77jp at 2016-04-10 13:29
eiさん こんにちは。 この舞妓さんの簪。今日の私の記事の娘とお友達が頭につけている簪と同じです。じつは 日舞をやっていらっしゃるお友達の方が 舞妓さんの踊りをされたとき この簪を買われて 髪にさしていらっしゃったそうで。娘にも貸してくださいました。舞妓さんの簪はいつもeiさんのブログで見せていただいていましたが  こうして 生でみれるとは思いませんでした。随分 華やかになるものだな~と思いました。
Commented by ei5184 at 2016-04-10 17:24
凧さん、ハハハ・・・教養が恥ずかしくて逃げだしました(笑)
>片目をゆっくりと瞑りました 
とは、何と粋な妓ですね~ 私は未だかってそんな方とはお目にかかっていません(泣)
あ~あ、もう花街は卒業しようかな・・・
Commented by ei5184 at 2016-04-10 17:29
ぴこさん、拝見しました。 お嬢様のお友達も和服が好く映りますね~
折角お顔の掲載もご了解頂いていたご様子でしたのに、
もっとアップで見たかった(笑)
花簪、直接手に取ってご覧になりましたか?  可愛いでしょう。
そう云えば 10年前は眩しすぎて 撮影も遠慮気味にした事が 懐かしいです(笑)
Commented by momo at 2016-04-12 07:34 x
叶菜ちゃんの舞、ありがとうございます!
やっぱり下紅なのに違和感がないのが
不思議です…(笑)
次の叶菜ちゃんの登場が待ち遠しい…!!
Commented by ei5184 at 2016-04-12 07:48
momoさん、この方は上唇にも紅が入り、簪も大振りに変わる
おふく髷を結う頃には、美しい舞妓に化けますよ~
楽しみですね!
この後私のブログでは、初登場の祇園東小唄を掲載します。
どうぞお楽しみに~
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 京都府庁旧本館 祇園枝垂れ桜 祇園枝垂れ桜  >>