人気ブログランキング | 話題のタグを見る

舞妓叶菜 春雨の壱

 

春雨に しっぽり濡るる鶯の 羽風に匂う梅が香や・・・ 端唄春雨です。 この季節に舞いますが、実はこの唄は 遊女と恋人の唄なんです。
舞妓叶菜 春雨の壱_c0317868_19053798.jpg




 

叶菜ちゃんに歌詞の中身を問うた処、何となく知っていました(笑)
舞妓叶菜 春雨の壱_c0317868_19060169.jpg

 

舞妓叶菜 春雨の壱_c0317868_19063240.jpg

 

やがて恋をして、その恋の結末次第では 舞に艶がでてくるかもしれません ?
舞妓叶菜 春雨の壱_c0317868_19065635.jpg

 

舞妓叶菜 春雨の壱_c0317868_19071694.jpg

 

しかし、それはまだまだ先の事 今は稽古に忙しく恋に恋する憧れで 精一杯なのかも知れませんね~
舞妓叶菜 春雨の壱_c0317868_19074071.jpg

 

舞妓叶菜 春雨の壱_c0317868_19075802.jpg

 

舞妓叶菜 春雨の壱_c0317868_19082751.jpg

 

宮川町の舞妓 とし恵美ちゃんが昨年披露してくれました。  宮川町は「若柳流」です。 祇園東の叶菜ちゃんは「藤間流」 流派の違いもお楽しみ頂ければ幸いです。

 

春雨の弐へ続きます。

 


by ei5184 | 2016-04-09 04:57 | 舞妓叶菜 | Comments(10)
Commented by at 2016-04-09 05:08 x
おぼこい叶菜さんの可愛い舞姿 明日も楽しく目覚めます。
毎朝 ありがとうございます。

手拭い 実は純ちゃん以外にも 飛んで来まして その妓の名前を手拭いで知るという結果で
4列目なのに 純ちゃんも 苗ちゃんも 1投目が直球で来るもので 受けざるを得ない(顔に当たるため)
本命は 3投目でした。 (「うちのだけにしておくれやす」 と言いそうですが・・・) 
昨日の2回目 勝奈さん と 梅ちえさん が 裾引きで来ていました。
実に 幸せな 京おどり X回目 でした。 
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-04-09 08:30
おはようございます
花に戯れ しおらしや 小鳥でさえも一筋に~♪ 
江戸端唄を聴く機会も、観る機会も少なくなりましたが「梅は咲いたか~ 桜はまだかいな~♪」
なんかをお座敷で観れるとちょっと嬉しくなります。
舞妓叶菜さんの春雨、初々しさがいいですね。
Commented by kounankumin at 2016-04-09 10:53 x
場面、場面を切り取って見る機会がないので舞の回を楽しみにしています。
今月の28日に宮川町の舞妓さんを呼んでの会があり、舞って頂く舞の選択を任されたのでeiさんの過去のブログを参考にしながら思案中です。
Commented by ei5184 at 2016-04-09 16:39
凧さん、今日の退蔵院の枝垂れ桜は、7日の風雨にも耐えて満開でした。
明日の朝の枝垂れ桜撮りで、今年の桜は終了します。
7日で北野をどりが終わったので、早速ご贔屓さんが慰労を兼ねてでしようね~
Commented by ei5184 at 2016-04-09 16:44
旅プラスさん、おっ、端唄を嗜んでおられますか!
一時、習いに通おうかと思ったことも(笑)
今年の節分お化けで、とし純さんが 梅は咲いたか を披露してくれましたが、
案外この舞を観る機会が少ないですね~ 
春雨は結構観ていますが(笑)
Commented by ei5184 at 2016-04-09 16:48
kounankuminさん、それは楽しみですね~
何年生くらいの舞妓さんかにもよりますが、
この時期のをどりになりそうですね(笑)
Commented by miyakokoto at 2016-04-09 21:03
こんばんわ(^^♪
 舞妓さんは本当に目の保養になりますネ 
舞妓さんの舞が撮れるって・・・どのようにしたら撮れるのか知らないワタシです。
ちょっとそこまで・・・と言う訳にはいかないのでしょうネ(笑)
魅せて頂き有難うございます。
円山公園の枝垂れもてっぺんのカラス被害もあまり目立たなくなりましたネ 綺麗です。
Commented by ei5184 at 2016-04-10 10:27
miyakokotoさん、舞妓の舞は一般的には何がしかのイベントがある時は大体撮影が可能です。
時として舞の間はカメラ・ビデオ等の撮影を禁止している処もありますが。
私の掲載している中ですと、上七軒の節分祭はOKです。
或いは八坂神社でも4花街が、節分時に奉納舞を披露します。こちらも撮影は可能です。
その他調べると結構機会はあると思いますよ~  
しかし、私はイベントの撮影は余程でない限り避けています。
一度行かれると理由はすぐに解ります(笑)
Commented by みりおじ at 2016-04-10 20:40 x
ホント、可愛らしくなってきましたね。

東は粒ぞろいの精鋭、という感じ。

益々、盛り上がっていけばいいですね。

しかし、春雨の歌詞、あまり意識して聞いたことありませんでした、恥ずかしながらこれまで(;^_^A
Commented by ei5184 at 2016-04-11 08:02
みりおじさん、春雨、よほどの興味でも無い限り、歌詞の中身までは深く追求しませんよね。
ある事がきっかけで、ブログ掲載の時は 唄の意味をざっと簡単ですが、ご案内するようにしています。
次に舞を鑑賞される時のご参考にして頂ければ、掲載している甲斐があります。

叶菜ちゃん、多分2年もしたら、びっくりするほど 美しく化けますよ~!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 祇園枝垂れ桜  十輪寺 なりひら桜 >>