人気ブログランキング | 話題のタグを見る

舞妓叶菜 舞姿

 

毎月の季節舞を披露するために、稽古に明け暮れます。 それらのシーンの中から・・・
舞妓叶菜 舞姿_c0317868_17553191.jpg




 

この振付も舞のシーンではよく観られます。
舞妓叶菜 舞姿_c0317868_17572593.jpg

 

舞妓叶菜 舞姿_c0317868_17574994.jpg

 

扇を使う振付も然りですね~
舞妓叶菜 舞姿_c0317868_17583449.jpg

 

舞妓叶菜 舞姿_c0317868_17585250.jpg

 

後日桜の合間に 舞二曲をお届けします。

 


by ei5184 | 2016-04-01 04:55 | 舞妓叶菜 | Comments(12)
Commented by at 2016-04-01 05:08 x
おはようございます。
叶菜さんの舞姿 おおきに 

一昨日 北野をどり に行って来ました。
お点前 勝音さん 、 お控え 尚あい さん と若手の組合せ
いつもの様に 早めに到着していたので、楽屋入りする お二人を満喫(顔見知りではない)
お茶席も 最前列で 満喫 しました。
平野神社の枝垂れ桜は、外人客でいっぱいでした。

明日からは、もちろん 京おどり に専念します。
(桃の花 満開かな)
Commented by pikorin77jp at 2016-04-01 06:51
おはようございます。
eiさんが撮られる 舞妓さんは みんな いいお顔していらっしゃいますね。
写真や文章でeiさんのお人柄 とても穏やかな方という印象をもっています。
叶菜さん 今にも笑顔がこぼれそうです。^^
Commented by ei5184 at 2016-04-01 12:21
凧さん、私は明日北野をどり、週半ばに 京をどり
月末に都をどりの予定です。 昨日再び早朝から桜撮影に、
夕刻まで京都に居ましたが、とても可愛い桃の花に出会いました。
普段撮らない私ですが、思わず仕舞っていたいたカメラを取り出して(笑)
Commented by ei5184 at 2016-04-01 12:25
ぴこさん、ありがとうございます。お世辞でも嬉しく思います(笑)
此処だけの話ですが、踊りの最中でも 時々笑っていました。
笑い上戸のようですね~ リラックスしてくれているのでしょう。
Commented by mahoroba-shahai at 2016-04-01 18:25
簪の黄色は、確か?!菜の花でしたね。
ここにも春を呼ぶ黄花リレ-があるのは嬉しいことです。
Commented by miyakokoto at 2016-04-01 21:03
こんばんわ(^^♪
 皆さんそれぞれに個性が有りますが、叶菜さんは可愛いですネ!
初々しさも有りますネ
お顔がほころぶ・・・どうしたらなるのでしょうネ 素晴らしいカメラマンさんです!
Commented by ei5184 at 2016-04-02 04:55
まほろばさん、ハイ 菜の花です。4月は桜の簪を挿しています。
今日は夕方から北野をどりの鑑賞ですが、
他の花街からもご贔屓さんと一緒に観に来ている
舞妓も桜の簪でさらに華やかでしょう。
Commented by ei5184 at 2016-04-02 05:01
miyakokotoさん、4月から5ケ月目 の新米さんです。
まだまだ初々しさが残りますでしょう。
撮影前に お箸を転がしますと、笑いこけます。嘘ですよ~(笑)
何にもしなくても、自然と笑みがこぼれています。
可笑しさと嬉しさが一杯なのでしょうね~
Commented by kk5d2 at 2016-04-02 18:22
素敵な舞を見れてうれしいですよ~
Commented by ei5184 at 2016-04-03 04:55
kk5d2さん、舞の振付ははポーズではないので
自然のままが撮れます。ありがたい事です。
Commented by momo at 2016-04-04 00:27 x
初コメントです!
私は叶菜さん推しなのでたくさんのお写真が見られて嬉しいです^^
叶菜さんはどんな妓なんでしょう~?
出たてさんにしては、はじめに感じる違和感もなく舞妓姿が板についてるな~と思うのは私だけでしょうか…

次の叶菜さんの登場はいつ頃でしょうか…(*´ω`*)
Commented by ei5184 at 2016-04-04 05:08
momoさん、初コメントをありがとうございました。
叶菜さんは、芯のしっかりしたお嬢さんです。
多分16歳の春を楽しまれていますでしょう。
桜の合間に 舞姿を掲載予定ですが、 ただ今桜撮影と春のをどり鑑賞等で
中々掲載ページの作成が出来ません(笑) いま暫くお待ちください。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 京都御苑 近衛邸跡 魁桜 >>