人気ブログランキング | 話題のタグを見る

舞妓叶菜 東山花灯路

 

舞妓になって3か月が過ぎた 叶菜ちゃんは、初めての東山花灯路です。
舞妓叶菜 東山花灯路_c0317868_16404843.jpg




 

お茶屋を出かける処から、この後予想される試練の準備を兼ねて 撮影開始です(笑)
舞妓叶菜 東山花灯路_c0317868_16424853.jpg

 

高台寺・圓徳院へ 閉館近い時間帯で、比較的観光客が少なくなった頃を見計らって、ライトアップされた庭園を楽しみます。
舞妓叶菜 東山花灯路_c0317868_16470543.jpg

 

舞妓叶菜 東山花灯路_c0317868_16473534.jpg

 

そして念願だった 石塀小路の散策です!
舞妓叶菜 東山花灯路_c0317868_16490086.jpg

 

雨の心配をして朱傘を持って来ていたので・・・
舞妓叶菜 東山花灯路_c0317868_16502324.jpg

 

初めての石塀小路と花灯路、どうやった ?  へぇ、綺麗どした~ 又来年も お頼の申します~  「ハハハ・・・」

 


by ei5184 | 2016-03-26 04:57 | 舞妓叶菜 | Comments(16)
Commented by at 2016-03-26 05:09 x
おはようございます。
この様な雰囲気でみる おぼこい舞妓さん うっとりとします。
朝から癒されました。 ありがとうございます。

4時間余り 横に居ると 色々な情報が
今朝は、宮川町の舞妓総出で 「京おどり」のパンフレットとティシュ配りとか
観光バスで まず京都駅に 八条口と正面に分かれて (どちらかは未定らしい)
その後 移動して 高島屋前 と 大丸前 とか
各10数名が、裾引き姿で 豪華なものでしょうね。
行きませんが・・・・

ラッキーに グランプリを受賞したら お裾わけをしますが、夢でしょうね。
PC画面で 背景の朱色 後れ毛 化粧などを補正中ですが
ああ こんな化粧(鼻筋を立てるため 両側にピンクのラインを描いているとか)なんだと・・・・
これも 実に 桃源郷 です。
Commented by o-rudohime at 2016-03-26 05:35
朱傘を持った時の肩の角度から全身が想像できます。
朱傘一つで叶菜ちゃんの雰囲気まで変わって見える・・恐ろしきカナ朱傘の威力。
叶菜ちゃんはお座敷より街散策が楽しいでしょうね。
Commented by otomeurarafuku at 2016-03-26 07:24
おはようございま~す♪
叶菜ちゃん・・・可愛らしい舞妓さん
東山花灯路 人の気配が感じられないのが不思議です
舞妓さんとeiさんだけの空間のような~
Commented by kounankumin at 2016-03-26 10:48 x
暖簾をくぐる姿、朱傘と全てが絵になりますね。
祇園東さんだけ奉納舞踊などを含めても舞を観た事がないので観てみたいです。
Commented by arak_okano at 2016-03-26 13:41
パステル調も素晴らしいですね、夕刻もしかりですよ、やっぱり人物はバグースです。もちろん、全てです。アラック、手の薬を忘れて新幹線です。
Commented by ei5184 at 2016-03-26 17:47
凧さん、桃ちゃんの出たて間もないころを思い出します(笑)
どちらかと云うと純ちゃんが目立っていたのですが!
叶菜ちゃんも一年すればお姉さんになりましょうし
どんな成長するのか、今から楽しみです。
Commented by ei5184 at 2016-03-26 17:53
himeさん、叶菜ちゃんは傘を差した撮影は初めてでした。
一瞬の人の途切れで撮影をしますので、
なかなか思う様には撮れません(笑)
何とか人を入れずに撮る事が出来た数枚でした。

何年前になりましょうか? 石塀小路での撮影、思い出されましたでしょうか?
Commented by ei5184 at 2016-03-26 18:06
otomeurarafukuさん、凄い人出でしたよ~
一度夕方に八坂の塔を見て 食事をした後9時過ぎに再度訪ねました。
9時半で終了しますので 幾分は観光客も帰り始めていたと思います。

さて出来るだけ他の観光客の邪魔にならない様に、人の途切れるのを待っています。
でも、珍しいので、皆さんなかなか傍から離れてくれません(笑)


Commented by ei5184 at 2016-03-26 18:11
kounankuminさん、祇園東はご存知ありませんでしたか。
今年の11月の祇園をどり、 是非ご覧下さい。
因みに白川の撮影会に つね桃さんがモデルとして出ますよ~
Commented by ei5184 at 2016-03-26 18:15
arakさん、怪我をおして上洛されましたか!
今頃は白川の夜桜見物でしょうか?
未だ一部の処しか咲いていないようですが、如何でしたか?
私は京都へは来週から動きます(笑)
Commented by kk5d2 at 2016-03-26 20:49
かわいいですね~
写真見れてうれしいですよ~
Commented by pikorin77jp at 2016-03-26 23:23
こんばんは。
まだ たったの三カ月ですか、、、信じられない余裕の表情に見えます。。。
舞妓としてデビューされるまでに どのくらい かかるのでしょう。。。
それに さすが 人が一人も写っていないですね~~~こういうところが プロとアマの違いのような
気がします。
Commented by ei5184 at 2016-03-27 05:02
kk5d2さん、沢山の観光客衆目ですので、
限られた範囲での、しかも数秒だけですので
思うものは撮られず! でした(笑)
Commented by ei5184 at 2016-03-27 05:16
ぴこさん、そうなんですよ、4か月に入った処です。
これが1年も経つと すっかりお姉さん舞妓になっています。
成長が早い時期ですね~(笑)
舞妓になるのは 五花街によって違いますし、置屋の事情にもよりますが
半年から一年が目安です。その間を「仕込み」と呼びます。
置屋に入った時から掃除・洗濯等の家事手伝いから、礼儀作法、日々の仕草
そして各種のお稽古が始まります。京言葉にも慣れないといけませんね~
恐らく生まれて初めての事ばかりでしょう。 憧れだけで来た子は順次止めていきます。
公休日は一応月に二日程度。之も時として無くなる事も珍しくありません。
勿論給料はありません。 せいぜいお小遣い銭程度です。
晴れて舞妓になれる子は、毎年仕込みに入った人数の半分前後でしょうか・・・
Commented by みりおじ at 2016-03-27 06:43 x
写真からみた感じでは、何となく、とし愛さんに似ているような気もしますが、どんなものでしょう?

いずれにしても、頑張って東を盛り上げて欲しいものですね。
祇園をどりも華やかになりますし。
Commented by ei5184 at 2016-03-27 09:39
みりおじさん、私も最初に撮影をした時に そう感じました。
特に右から見たお顔が 似ているな~と!
1月の八華絢爛の時に舞った祇園東小唄を この後にも掲載しますが、
秋のをどりも楽しみになりました(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 舞妓叶菜 鏡と櫛 舞妓叶菜 菜の花とブラ簪 >>