吉例顔見世

 

吉例顔見世興行は26日で千秋楽を迎えました。舞妓の12月の簪はまねきです。12月1日に舞妓お見世出しをした祇園東の 叶菜(かのな)ちゃん16歳です。早速顔見世総見で役者さんに まねきに名前を入れて貰っていました。奇しくも藤十郎と雁治郎親子です。叶菜ちゃんの写真は後日改めて掲載します。
c0317868_11284063.jpg




 

「碁盤太平記」山科閑居の場から始まります。大石内藏助を扇雀、逸平太を愛之助が演じています。
c0317868_11315661.jpg

 

続いて清元による義経千本桜「吉野山」です。静御前を人間国宝 藤十郎が、佐藤忠信実・源九郎狐を橋之助が演じています。
c0317868_11360897.jpg

 

三番目は、心中天綱島「河庄」です。紙屋治兵衛と曽根崎新地の遊女小春の心中話ですが、治兵衛を中村翫雀改め四代目雁治郎が、治兵衛の恋敵 江戸屋太兵衛を愛之助が再び演じます。
c0317868_11441989.jpg

 

四番目は「土蜘」です。原因不明の病に悩む源頼光は、怪しげな叡山僧智籌が土蜘蛛の化身であることを見破り、名剣膝丸を抜いて追い払います。のち平井保昌と四天王に託した土蜘蛛退治は苦戦の末に討ち取ります。土蜘の精を人間国宝・仁左衛門が71歳とは思えない美声で魅せます! 平井保昌を佐團次、源頼光を梅玉、ここでも愛之助が登場しています。  
c0317868_11535775.jpg

 

 

ここから夜の部です。一番目は「信州川中島合戦」です。輝虎を梅玉、直江山城主を橋之助、妻唐衣を扇雀が演じます。
c0317868_14185607.jpg

 

二番目は 中村翫雀改め四代目雁治郎の口上です。
c0317868_14305829.jpg

 

三番目は玩辞楼十二曲の内「土屋主税」です。赤穂贔屓の土屋主税は、大高源吾が俳諧師其角の家に残した「あした待たるるその宝舟」の句から、その真意を察します。土屋主税を四代目雁治郎が、大高源吾を 仁左衛門が演じます。 「孝夫ちゃん!」 幾つになっても、黄色い声援がかかります。  ファンはあり難いものでしょうね~
c0317868_14290532.jpg

 

4番目は御存知 歌舞伎十八番の内「勧進帳」です。義経たちが加賀国安宅の関所を通過する時の様子を歌舞伎にしたものですが、義経を壱太郎、弁慶を海老蔵、富樫を愛之助が演じています。
c0317868_14362900.jpg

 

顔見世が終わりますと京都の師走は直ぐにお正月です。
c0317868_14385246.jpg

 


by ei5184 | 2015-12-26 04:55 | 京都2015 | Comments(18)
Commented by at 2015-12-26 05:01 x
「おちょぼ口」の初々しい 舞妓ちゃん ですね。
祇園東さんへの出入りも 増えるかも?
師匠の娘達も 年齢の幅が増えましたね。 そろそろ孫娘達としますか?

歌舞伎の端的な解説、教養の少ない小生には 大いに助かります。

Commented by miyakokoto at 2015-12-26 07:25
おはようございます(^^♪
 16歳とは思えないしっかりとしたお顔ですネ
これからの成長が楽しみですネ
 歌舞伎と縁が有りませんが、何もかも忘れて観劇するのも良い事かも
知れませんネ 大阪の歌舞伎座はあまり評判が良く無いので、見るなら矢張り
京都まで・・・行けたらいいなぁ~来年の目標!!
Commented by 阿修羅王 at 2015-12-26 07:46 x
御見世だし、撮って来ました。
いい妓ですね。また楽しみが増えました。
顔見せには行けませんでしたが、
中村雁治郎のネーム入りのグッズを貰ってご満悦です。
Commented by o-rudohime at 2015-12-26 09:27
舞妓さんの花簪に歌舞伎役者のサインをして頂くのですか?
矢張り御贔屓があるのでしょうね。
叶菜ちゃんの上唇に紅をさせるのも間もなくなのでしょうね 楽しみです。
Commented by otomeurarafuku at 2015-12-26 13:10
叶菜ちゃん 可愛い舞妓さんですね
また・・・ どんどん美しく成長されていく様子を
見させていただけるのでしょうか 楽しみです
歌舞伎 あまり見る機会はありませんが
若い方が活躍されて 伝統を守ってありますね
Commented by ei5184 at 2015-12-26 16:40
凧さん、いえいえ、未だ孫ではありません! 少し遅く生まれた娘です(笑)
歌舞伎はあまりご覧になりませんか?
この妓のずっと上のお姉さん舞妓の影響で、仁左衛門を毎年観に行くように(笑)
ずっと年下の私も負けないように頑張って撮影しなければ!
Commented by ei5184 at 2015-12-26 16:44
miyakokotoさん、16歳になって未だ少しのようです。
朗らかな好い娘さんです。 今後の成長が楽しみですね~
大阪の歌舞伎座とは上六の事でよね? まだ行った事が無いのですが、
評判がよくありませんか?! 
私も此処数年南座顔見世しか知らないのです(笑)
Commented by ei5184 at 2015-12-26 16:49
阿修羅王さん、今年も今日で千秋楽。もう直ぐ新年ですね~
叶菜ちゃん 朗らかで とても素直な印象が残りました。
舞の披露もしてくれて、只今来年早々に向けて必死に稽古していると(笑)
Commented by ei5184 at 2015-12-26 16:55
himeさん、小さなまねきには、総見の時役者さんにサインを入れて貰います。
勿論ご贔屓さんが居ますが、しかし置屋のご贔屓さんが最優先されますので、
個人的にはお姉さんにならないと・・・(笑)
上唇に紅を差せるのは 一年後になってからなんですよ~
Commented by ei5184 at 2015-12-26 17:00
otomeurarafukuさん、只今色々話題に上っている方が出演していました。
しかも色んな場面に。口上の時にも 笑いを誘っていましたよ~
叶菜ちゃん、春になったら未だ歩いた事が無いと言っていた、
東山界隈を散歩に行けたらイイネと!
Commented by pikorin77jp at 2015-12-26 19:42
自然でいい表情ですね。このような表情をさせるeiさん 素晴らしいですね。^^
Commented by gabrielleraphael at 2015-12-27 01:44
かわいらしいこと!
まねき?さいころや小判のかんざしも、京都の歌舞伎座も初めて拝見しました。
いろいろ日本文化に関して勉強させていただきありがとうございます~。

Commented by ei5184 at 2015-12-27 04:32
びこさん、お座敷へ芸妓のお姐さんに連れられてご挨拶した時は少し緊張気味。
ざっとお話をした後撮影を開始しますが、緊張が時間と共に薄れていく様子が判ります。
そこまでは殆ど撮っていません。お話をしながらカメラを通して 構図の確認です。
ほぐれてきたらもう一押しすると、笑いこけます。そこから撮影開始です(笑)
Commented by ei5184 at 2015-12-27 04:42
gabrielleさん、まねきとは最後の写真にある 役者名が書いてある看板の事です。
二枚目(美男子系)や三枚目(お笑い系)もこの歌舞伎看板からきています。
舞妓の簪にこの小型が2枚ありますね。12月1日から挿しますが、その時は白紙です。
12月の最初に総見(五花街が順番に日交替で歌舞伎の観賞をします)の時に
贔屓の役者さんにサインをして貰います。
上演中は撮影・録画等が一切禁止ですので、毎年この様な形で演目やら配役をご覧頂いています。
Commented by Kounankumin at 2015-12-27 12:14 x
昨日が千秋楽でしたね。
外では役者さんを出待ちされている方がいましたよ。

駒屋さんがやられている花れ家に行きましたらとし恵美さん,千賀明さん,千賀遥さんに会う事が出来たので嬉しかったです。
Commented by ei5184 at 2015-12-27 15:09
Kounankuminさん、今日は知恩院の試し撞き、
いよいよ京都はお正月へのカウントダウンですね~
HANAREに行かれましたか。明ちゃんと遥ちゃんとは
舞妓になってから未だお会いしていませんでした。
元気にはしゃいでいた事でしょうね~(笑)
Commented by baillement27 at 2015-12-30 21:44
この絵たちは、なんというか現代風ですね。今の人が書いたんかな。
すっきりしていて、かっこ良いですね。
ああ日本ってやっぱり素敵〜
eiさんの写真見てたら、日本帰りたくなって来た・・・。
特に大晦日〜お正月は、フランスはつまんないので!
Commented by ei5184 at 2015-12-31 05:39
バイエさん、ハイ、今年の演目ですので 毎年描く必要があります。
芝居錦絵は配役の特徴を絵にしていますので、ツウの方はこれを見て
ああ、あれは誰それ、とわかるようです!

そうですか、国によって違いがあるのですよね~
何とか今回も年末年始の行事を撮りに出掛けますので
どうぞ お楽しみ下さい。 
それとFBの件ですが、芸舞妓のリンクは置屋(所属している屋形)が嫌いますので、
全てご遠慮頂いているのです。どうぞご理解をお願します。

今年は何かと楽しいお話をありがとうございました。
又沢山のコメントをありがとうございました。
来年もどうぞ宜しくお願いします。
どうぞ良いお年を!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 知恩院 試し撞き 舞妓勝奈 舞扇 >>