沙羅双樹 洛北蓮華寺

 

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす・・・
c0317868_07422881.jpg




 

夏椿は一夜花、 朝咲いて夕べには落ちてしまいます。儚い命は杉苔の上に落ちても、尚美しい景色です。
c0317868_07441646.jpg

 

c0317868_07443788.jpg

 

c0317868_07445733.jpg

 

c0317868_07451844.jpg

 

c0317868_07453894.jpg

 

c0317868_07455978.jpg

 

c0317868_07462508.jpg

 

一年を通じて、この沙羅双樹の花の時期に限り庭の撮影許可を頂きました。 本堂へ続く歩廊からの撮影は通年禁止されています。

by ei5184 | 2015-07-11 04:41 | 京都2015 | Comments(24)
Commented by o-rudohime at 2015-07-11 08:07
散ってからもなお美しい、夏椿を沙羅双樹と呼んだ意味が良くわかりますね。
苔の上の夏椿、一個1個拾っていくのでしょうかね、熊手でかき集めると思えないし・・・
Commented by rinkatu at 2015-07-11 08:10
これは師匠の人徳?
袖に何か入れた?
春夏秋冬フル活動決定ですね!(^^)!
Commented by arak_okano at 2015-07-11 08:34
eiさん、昨日は実家に泊まりました。母に見せてあげたいですね、ありがとうございます。貴重な写真にバグースです。
Commented by nekonoheyah at 2015-07-11 08:49
おはようございます。
ああ~~~ 落花で表現する。いいですねぇ。あこがれます。苔だからこそのいちまいですねぇ。
Commented by dendoroubik at 2015-07-11 13:08
美しいですね! 貴重なお写真ありがとうございます!

ご存知かもしれませんが
ホンモノの沙羅双樹の花が咲くのは
日本では滋賀県草津市の水生植物園だけ
こちらへも ぜひお越し下さいませ(^o^)v
Commented by mahoroba-shahai at 2015-07-11 15:22
2枚目、まほろば好みです。
夏椿は一日で、その花の命が終わるのですか!
梅雨のこの時期、なんとも儚いこと・・・・・
Commented by etigoya13-2 at 2015-07-11 17:31
散って苔と合わさり更に美しい。
苔の緑がまた一際瑞々しく美しいからかもしれませんね。
Commented by otomeurarafuku at 2015-07-11 20:40
短い花の命・・・儚いですね~
でも 散っても みずみずしい苔の上で美しくその姿を愛でてもらって
夏椿も 幸せですね
Commented by cynchia at 2015-07-11 21:20
こんばんは、この時期、苔も綺麗ですね。
夏椿も綺麗です。
Commented by kk5d2 at 2015-07-11 21:28
素晴らしいですね~いつも書いてますが~訪れたくなりますね~
Commented by ryu_aida at 2015-07-12 09:06
緑のじゅうたんに咲く沙羅双樹。趣がありますね。
Commented by stmalta at 2015-07-12 12:01
苔の緑と落花の白が心に染みついてしまいました。
奥が深すぎます。
Commented by ei5184 at 2015-07-12 15:08
himeさん、熊手で集めるほど今年は花芽が多くありませんでした。
落ちた痛んだ花を一つずつ拾って処理していかれるようですね~
又来年を期待しましょう。ひょっとして熊手でごそっと(笑)
Commented by ei5184 at 2015-07-12 15:10
rinkatuさん、やっとこの時に出会いました。
ハイ、毎回拝観料をお支払いしています(笑)
次は雪の時ですね~
Commented by ei5184 at 2015-07-12 15:13
arakさん、お母様もお好きだったのですね~
来年は機会があるかもしれませんでしょう。!
是非arakさんが撮られた景色を・・・
Commented by ei5184 at 2015-07-12 15:16
ねこさん、夏椿は花びらが散りませんので
その潔さが日本人に好まれるのでしょうね~
雨上がりの瑞々しい苔の上に未だ咲いている様にも・・・
Commented by ei5184 at 2015-07-12 15:19
dendoroubikさん、へえ~知りませんでした。
草津市へは時々所用で出かけていますので、
機会を見つけて訪ねてみます。未だ写真でしか見たことがありません。
情報をありがとうございました。
Commented by ei5184 at 2015-07-12 15:31
まほろばさん、そのようですね~ 椿は花びらが散らずに
ぽとりとおちますよね! その姿が潔く
日本人好みの一因かも知れませんね~
Commented by ei5184 at 2015-07-12 15:33
越後屋さん、杉苔の上で再び咲いているかの様にも!
そう思わせるほど儚いですね~
Commented by ei5184 at 2015-07-12 15:36
otomeurarafukuさん、雨上がりの梅雨にしっくりとしますね!
特に此方はこの木以外は殆どが緑のカエデの木。
尚更落ちた白い夏椿が愛おしくなる景色です。
ほんの10日間前後だけの景色です。
Commented by ei5184 at 2015-07-12 15:39
cynchiaさん、夏椿の落花した杉苔とのコラボ
10日間だけの楽しみです!
Commented by ei5184 at 2015-07-12 15:42
kk5d2さん、次回の京都旅行の時に是非一度訪ねて下さい。
比較的観光客も少なく、独占出来る時間帯もあります!
Commented by ei5184 at 2015-07-12 15:44
ryu_aidaさん、落花した夏椿が、実は苔に咲く花の様でしょ!
やっと巡り合えた景色でした。
Commented by ei5184 at 2015-07-12 15:47
stmalta さん、梅雨の終わりが近付いた頃にこの景色が見られます。
しかし今年は花芽が少なく、ピークでもこの程度でした。
来年以降を期待します!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 芸妓とし夏菜 艶のつづき 舞妓実佳子 上賀茂神社・化粧 >>