半夏生 勧修寺

 

夏至から数えて11日目から5日間を「半夏生」と云います。その前後頃に葉の表面が白塗り化粧をしているかの様に変化することから、半化粧と呼ばれた事に所以して半夏生となりました。勧修寺本堂には化粧を始めた半夏生が見頃を迎えていました。
c0317868_06504341.jpg




 

氷室の池の周りでも化粧が始まっていました。
c0317868_06533348.jpg

 

c0317868_06535056.jpg

 

芝生が青々と広がっています。
c0317868_06550036.jpg

 

氷室の池の島でも半夏生が見られます。
c0317868_06561721.jpg

 

池越に観音堂(大斐閣)を眺めます。
c0317868_06581997.jpg

 

アジサイも見頃です!
c0317868_06592573.jpg

 

c0317868_07010985.jpg

 

沙羅双樹も間もなくピークを迎える様です。
c0317868_07021498.jpg

 

撮影は6月19日です。 因みに2015年の夏至は明日、6月22日です。

by ei5184 | 2015-06-21 04:45 | 京都2015 | Comments(28)
Commented by baillement27 at 2015-06-21 07:10
本当に今は、緑が濃くて奇麗な時期ですね。
お寺と花々のコントラストも美しいですね。呼吸が深くなりそうです。
日本の風景は、それぞれの自然の色が濃くてくっきりしているように感じられます。
沙羅双樹って、こんなお花だったんですね!
落ちてるところが、この花らしくてまた美しいです。
Commented by arak_okano at 2015-06-21 07:58
eiさん、緑のバグースをありがとうございます。
昨日、新幹線に乗ろうと思ったんですが、小田原から箱根に
しました。
今日はランニングにします。
Commented by ryu_aida at 2015-06-21 08:56
綺麗!!
「半夏生」の白い葉には、白い空がマッチしてますね。
Commented by o-rudohime at 2015-06-21 09:04
半夏生初めて知りましたが半化粧・・舞妓さんを想像してしまいました。
石仏とブルーのアジサイの組み合わせは最高ですね。
奈良だけでなく京都まで足を延ばしたくなりました。
Commented by ei5184 at 2015-06-21 09:18
バイエさん、本当は夏椿だそうですが、一夜花の謂れで沙羅となったようです。
インドの沙羅双樹とは違うようです!
でも、日本人好みですよね~ 朝に咲いた花が夕べには散るなんて・・・
私は朝は白いのですが、日中はピンクに染まり、
やがて赤くなり散る一夜花「酔芙蓉」が好きです。風の盆には欠かせない花なんです(笑)
Commented by ei5184 at 2015-06-21 09:21
arakさん、箱根鉄道とアジサイは如何でしたか?
此方のアジサイはご覧の青いガクアジサイだけでした。
尤もお目当ては半夏生でしたので、此れは好いタイミングでした!
Commented by ei5184 at 2015-06-21 09:24
ryuさん、ほんの霧雨程度でしたが雨が時折降る天気でした。
しかし半夏生の撮影にはもってこいの条件でした!
Commented by shinrajuku at 2015-06-21 10:25
おはようございます。
eiさんのところで半夏生を拝見すると
やはり舞妓さんを思い浮かべてしまいます^^

↑奈良では、市内なら興福院、郊外なら御杖村が半夏生の有名どころです。
Commented by ei5184 at 2015-06-21 10:53
himeさん、表面の葉だけが真っ白に変わり、
やがて7月中旬頃までには、元の緑色に戻ります。
奈良でも探せば見つけることが出来るかもしれません。
奈良町の元興寺では石仏の周りに桔梗が咲き始めていますし、
東大寺の西側・依水園では睡蓮、梔子、菖蒲も未だ見られるかも知れません。
京都へ立寄られる事がおありなら、建仁寺の塔頭・両足院では
この半夏生が庭一面に見られます。此方がお薦めです。
祇園町ですから例の「味ふくしま」までは徒歩5,6分の距離です(笑)

このコメントを読まれたれた shinrajuku さんから早速情報を頂きましたので追記しました。
興福院は只今拝観は出来ませんが、門前には半夏生が化粧を始めつつあるとお寺の方にお聴きしました。
Commented by ei5184 at 2015-06-21 10:56
shinrajukuさん、早速の情報をありがとうございました。
お寺に電話でお聴きした処只今事情に付き拝観は不可ですが、
門前には半夏生が化粧を始めているとの事でした。
私は今回訪ねられるかどうか判りませんが、ありがとうございました。
Commented by kk5d2 at 2015-06-21 13:59
素敵ですね~
すでに初夏の装いですね~
私も撮影に行きたいけど~足がなかなか治りません~
Commented at 2015-06-21 15:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ei5184 at 2015-06-21 16:20
kk5d2さん、足の具合は中々良くならないようですね~
動くに動けないのは辛いでしょうが、まずは治療に専念をして下さいませ。
Commented by ei5184 at 2015-06-21 16:25
鍵コメさん、明日から又楽しいですね~
お天気は曇り空が続くようですが、撮影には好都合かも(笑)
Commented by kirafune at 2015-06-21 19:16
eiさん

こんばんは!
明日は夏至とさきほどニュースで放送していました。
もうそんな時期なのかあと、eiさんのブログにお邪魔してみれば
そこには、半夏生の庭が・・・♪
蒸し暑い時期ですが、半夏生は爽やかです。
緑から白に変化するのもさらに爽やか度が増して、いいものですね。
Commented by ei5184 at 2015-06-21 21:15
kirafuneさん、今年も早半年が経とうとしています・・・
雪景色を追いかけて、暖かくなったと思ったら、あっという間に桜が過ぎて
春のをどりを過ごして初夏の花々を愛でていたら、梅雨。
そして夏至! と、目まぐるしく月日が過ぎてしまいます(笑)
さて、月末から早くも夏祭りが始まります。後半は祭りからスタートです!
Commented by cynchia at 2015-06-21 21:33
こんばんは、沢山あらりますね、
夏を感じます。
Commented by 阿修羅王 at 2015-06-22 05:52 x
こちらの色づき(?)は両足院より白いですね。
蓮が咲き始めたらまた出かけてみたいです。
Commented by mahoroba-shahai at 2015-06-22 07:37
おはようございます。

>夏至から数えて11日目から5日間を「半夏生」と云います。
”半夏生”という草は知っていましたが、季節のことばとして
意識しました。
ありがとうございます。
半夏生の時期に、奈良では”さなぶり餅”を食べましたが、
別名は”半夏生餅”だと知りました。

隣のおばあちゃんが、さなぶり餅をよく搗いてくれました。
美味しかったです。
Commented by otomeurarafuku at 2015-06-22 10:50
半夏生 はんげしょう 半化粧。。。素敵な名前ですね
まだ・・・見たことがありません
夏椿も はかなくて・・・
今日は夏至なんですね 
季節のうつろいの早いこと ついていけません(^_^;)
Commented by 松ちゃん at 2015-06-22 13:33 x
 半夏生。福井では焼きサバを脂の滴り落ちている熱モノを食べます。
体の変わり目を意識してよく考えてあると思います。
植物もこの時期を経過すると勢いよく生育するように観えます。草がそうです。
植物の「半夏生」eiさんページで紹介されていて、なかなかタイミングが難しい植物なのに観ることができました。
感謝です。
Commented by ei5184 at 2015-06-22 16:04
cynchiaさん、梅雨の終りころは白い化粧が元の緑に変わります。
季節の変わり目を知らせてくれますね~
Commented by ei5184 at 2015-06-22 16:07
阿修羅王さん、12日の初日に両足院を覗きましたが、
丁度化粧を始めた時でした。それから10日、今頃は随分化粧が進んでいるのでは?
今週辺りに再度覗きに行くかも知れません。
Commented by ei5184 at 2015-06-22 16:13
mahorobaさん、”さなぶり餅”とはどの様な餅なのか検索してみました。
写真もありましたので判りましたが、食した事はありません。
総本家さなぶりや なんてのもありましたが、有名なんですね~
Commented by ei5184 at 2015-06-22 16:17
otomeurarafuku さん、何とか雨も降らないようなので、
日中の長さを楽しみたいと思います。と云いますか、
明るいうちからビールを頂くだけなんですが(笑)
沙羅双樹はもう少し先の様です。又別の処へ撮影に行こうと思っています!
Commented by ei5184 at 2015-06-22 16:21
松ちゃん、昨年も教えていただきましたね。晩のおかずに鯖の塩焼きを頂きました(笑)
今年もあっという間に半分が過ぎようとしていますね~
7月となりますと夏祭りがスタートして、あっという間に風の盆まで突っ走る様な!?
ハードスケジュールが続きそうです・・・
Commented by etigoya13-2 at 2015-06-25 12:36
暑さが厳しくなるにつれ、水辺や緑の写真は心が涼しくなりますね。
人物だけでなく景色も本当に素敵で毎回癒されます。
Commented by ei5184 at 2015-06-25 17:27
越後屋さん、ありがとうございます。今年の半夏生の撮影は
この時期初めての処へ出掛けました。此処もそうですが
又後日別の処へも訪ねてみようと・・・
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 壮絶な戦い 前編 芸妓とし夏菜 艶 >>