タグ:子ども歌舞伎 ( 18 ) タグの人気記事

長浜曳山祭 月宮殿 子ども歌舞伎-8

 

月宮殿・田町組による 「 奥庭狐火の場 」 です。 謙信の企みで勝頼の危難を知った八重垣姫は、羽根があれば鳥のように飛んでいき・・・
c0317868_16231511.jpg


More
by ei5184 | 2017-05-23 04:53 | 長浜曳山祭 | Comments(3)

長浜曳山祭 月宮殿 子ども歌舞伎-7

 

月宮殿(げっきゅうでん)・田町組による 「 本朝廿四孝十種香の場(ほんちょうにじゅうしこうじゅしゅこうのば) 」からです。 敵対していた甲斐の武田信玄と、越後の長尾謙信は室町幕府の将軍足利義晴の計らいで、両家和睦のため武田の子息勝頼と長尾の娘八重垣姫を婚約させます。処がその後義晴が暗殺され、その嫌疑で勝頼は切腹させられます。しかし切腹したのは身代わりで勝頼は花作りの蓑作(12歳)として、長尾方に奪われた武田の家宝 「 諏訪法性の御兜 」 を奪いかえすため、武田家の腰元で勝頼の恋人だった濡衣とともに身分をかくし、長尾家に仕官しています。
c0317868_15334446.jpg


More
by ei5184 | 2017-05-22 04:58 | 長浜曳山祭

長浜曳山祭 青海山 子ども歌舞伎-6

 

岩次がひそかに青江下坂の中味をすり替えていましたが、それを見ていた喜助は、岩次が違う鞘に入れた本物の青江下坂を油屋から出る貢に渡しています。 岩次に加担する万野は貢が本物の青江下坂を持って行ったと知り、あわてて追いかけます。
c0317868_10001094.jpg


More
by ei5184 | 2017-05-19 04:58 | 長浜曳山祭 | Comments(14)

長浜曳山祭 青海山 子ども歌舞伎-5

 

青海山 (せいかいざん)・北町組による 「 伊勢音頭恋寝刀(こいのねたば) 油屋 」 です。 1796年伊勢古市の遊郭油屋徳右衛門方で発生した事件を基に脚色された狂言です。伊勢の御師(おし)福岡貢(みつぎ)が、旧主の息子今田万次郎のため名刀青江下坂を捜すうち、貢の愛人お紺をめぐる争いから多くの人を殺傷する話です。 

油屋お紺(8歳)は福岡貢の叔母から青江下坂のために貢の祖父、父は命を落とし青江家が没落したことを語ります。又貢には許嫁が居るから別れてくれと頼まれていました。
c0317868_08465423.jpg


More
by ei5184 | 2017-05-18 04:57 | 長浜曳山祭

長浜曳山祭 春日山 子ども歌舞伎-4

 

維茂に追われて出てきたのは、形相凄まじい鬼女(更科姫と二役)です。
c0317868_11404686.jpg


More
by ei5184 | 2017-05-12 04:55 | 長浜曳山祭 | Comments(12)

長浜曳山祭 春日山 子ども歌舞伎-3

 

春日山(かすがざん)・本町組の演目は 「 紅葉狩 」 です。 歌舞伎でお馴染み紅葉狩は、平維茂(たいらのこれもち)による信州戸隠山の鬼女退治を描いた、同名の能の作品から歌舞伎化されました。 余吾将軍平維茂(12歳)が従者の右源太とともに紅葉狩にやって来ます。
c0317868_10341160.jpg


More
by ei5184 | 2017-05-11 04:57 | 長浜曳山祭

長浜曳山祭 諫皷山 子ども歌舞伎-2

 

諫皷山の花祭長浜城は二つのバージョンがありました。 冒頭に踊りが始まるものと、昨日掲載している最後に踊るのと。先ずは冒頭のおどりのシーンからです。

ねね役 10歳   秀吉役 11歳
c0317868_17571089.jpg


More
by ei5184 | 2017-05-08 04:53 | 長浜曳山祭 | Comments(12)

長浜曳山祭 諫皷山 子ども歌舞伎-1

 

大変長らくお待たせしました(笑) 2017年長浜曳山祭壱番籤は諫皷山(かんこざん)・御堂前組 の 「 花祭長浜城 」 からです。羽柴秀吉が長浜城主となり城開き祝いで、城内は賑わっています。
c0317868_16491427.jpg


More
by ei5184 | 2017-05-07 08:05 | 長浜曳山祭 | Comments(10)

長浜曳山祭 諫皷山( かんこざん )

 

ユネスコ無形文化遺産登録記念の2017年曳山祭の子ども狂言壱番は、諫皷山( 御堂前組 ) の「花祭長浜城」から始まります。 それに先立ち壱番山は 三番叟が演じられます。
c0317868_16354724.jpg


More
by ei5184 | 2017-05-07 04:55 | 長浜曳山祭

出町子供歌舞伎曳山祭り 速報

 

となみ野に春の訪れを告げる風物詩として200年を超える歴史ある、富山県砺波市出町子ども歌舞伎を訪ねて来ました。かっては三町同時に演じていたのですが、昭和44年から西町・東町・中町の三基の曳山が3年交代で子ども歌舞伎を演じています。今年の当番町は 西町 です。演目は歌舞伎にご興味が無い方でも一度や二度はお耳にされた事があると思います、「三つ違いの兄さんと・・・」でお馴染みの 「壺坂霊験記」 です。中の段・山の段を上演していました。 まずは沢市の女房 「お里」 役者は小学6年生です。
c0317868_11340452.jpg


More
by ei5184 | 2017-05-03 15:58 | 子ども歌舞伎 | Comments(18)