タグ:子ども歌舞伎 ( 30 ) タグの人気記事

村国座 子ども歌舞伎・絵本太功記 尼崎閑居の場-弐

 

久吉の家来たちを蹴散らしながら、手傷を負って息も絶え絶え戻った十次郎です。
c0317868_14554733.jpg


More
by ei5184 | 2017-11-02 04:53 | 子ども歌舞伎 | Comments(14)

村国座 子ども歌舞伎・絵本太功記 尼崎閑居の場-壱

 

絵本太功記全13段のうち、クライマックスの10段目です。 都・本能寺に陣を張る主君尾田春長を夜襲して討ち取った武智十兵衛光秀の母皐月は、息子の主君殺しを良しとせず、尼崎の隠居所に退いていた処へ光秀の妻、操と息子武智十次郎光義の許嫁初菊が訪ねています。そこへ孫の十次郎(小学6年生・女子)が祖母皐月に初陣の許しを請いに来ます。
c0317868_14080637.jpg


More
by ei5184 | 2017-11-01 04:55 | 子ども歌舞伎

村国座 子ども歌舞伎・中ノ町鞘当ての場-弐

 

元々この二人は因縁の仲です。名古屋山三は吉原で一、二を争う人気の葛城大夫の恋人です。不破伴左衛門はその葛城大夫に横恋慕しています。勿論名古屋山三もそれを知っています。元を糺せば二人は佐々木藩の同輩でした。同じ藩にいた時から二人は藩内の政治的立場の違いから、更に名古屋山三の恋人、葛城大夫は当時お城で腰元をしており、これを巡っても二人は対立していた過去があました。
c0317868_18523984.jpg


More
by ei5184 | 2017-10-30 04:55 | 子ども歌舞伎 | Comments(18)

村国座 子ども歌舞伎・中ノ町鞘当ての場-壱

 

「浮世柄比翼稲妻(うきよがら ひよくのいなずま)」 中ノ町鞘当ての場です。 吉原中ノ町に桜花壇が美しく咲いています。この花の吉原が舞台です。見回りの竹松・六助(ともに小学3年生・男子) とお茶屋娘の お松・お梅・お小夜(全員小学3年生・女子) が出逢う場面から始まりました。
c0317868_14311495.jpg


More
by ei5184 | 2017-10-29 04:53 | 子ども歌舞伎

村国座 子ども歌舞伎・縁結神釣女の弐

 

大名がめでたく夫婦となったことが羨ましくてたまらない太郎冠者は、釣竿を借り受けます。
c0317868_16422567.jpg


More
by ei5184 | 2017-10-27 04:57 | 子ども歌舞伎 | Comments(24)

村国座 子ども歌舞伎・縁結神釣女の壱

 

岐阜県各務原市の村国神社祭礼奉納余興 子ども歌舞伎と舞踊が開催された「村国座」子供歌舞伎の演目から。 先ずは 狂言「 縁結神釣女 (えんむすびのかみ つりおんな) 」 です。 ある処の大名(豪族)が従者の太郎冠者を共にして、縁結びの神として有名な西宮のえびす神社に願掛けに出かけます。 この二人は未だ妻がいませんでした。
c0317868_18242387.jpg


More
by ei5184 | 2017-10-26 04:55 | 子ども歌舞伎

村国座 子ども歌舞伎・続 舞踊から

 

村国神社祭礼奉納余興・子ども舞踊を演舞順に掲載します。 尚、最後の皆の衆以外は 二人が舞台の両端で演舞披露をしますが、私の位置からお顔の表情が撮影出来た方のみを掲載しています事をご了承ください。
c0317868_15513355.jpg


More
by ei5184 | 2017-10-16 16:35 | 子ども歌舞伎

村国座 子ども歌舞伎・舞踊から

 

岐阜県各務原市の「村国座」は、壬申の乱の英雄「村国男依」を祭神にまつった村国神社の境内にあります。年に一度行われる村国神社の祭礼で、氏子が奉納する地芝居を上演する目的で明治10年ごろ建設された舞台です。江戸時代末期から明治時代初期の劇場建築の典型を今に伝える数少ない農村舞台であるとして、昭和49年(1974年)に国重要有形民俗文化財に指定されました。(各務原市HPより引用)

10月14日、15日と村国神社祭礼奉納余興 子ども歌舞伎と舞踊が開催されました。 その中の一つに「舞妓」という舞踊がご披露されました。これが何とも可愛いくて、資料等で見た昔の京都花街の舞妓を彷彿させるようでした。小学2年生の女子の舞です。
c0317868_10035998.jpg


More
by ei5184 | 2017-10-16 04:53 | 子ども歌舞伎 | Comments(26)

出町子ども歌舞伎曳山祭り 壺坂霊験記山の段の弐

 

物陰に隠れていた雁九郎は、お里が谷へとび込む様子を見て慌てて止めに入ります。
c0317868_15354381.jpg


More
by ei5184 | 2017-06-23 13:38 | 子ども歌舞伎 | Comments(10)

出町子ども歌舞伎曳山祭り 壺坂霊験記山の段の壱

 

後編・山の段は場所を移動して始まります。お仙と善六が前編・内の段のあらましを振り返って説明をしますが、それはもう掛け合い漫才です。「当たり前田のクラッカー」なんて飛び出します。この二人は知らない大昔のCMですが、観客には大うけでした(笑)
c0317868_04100086.jpg


More
by ei5184 | 2017-06-23 04:53 | 子ども歌舞伎