<   2014年 02月 ( 70 )   > この月の画像一覧

宝泉院 冬景色

 

緋毛氈と五葉の松
c0317868_18333598.jpg


More
by ei5184 | 2014-02-28 05:05 | 京都2014 | Comments(10)

舞妓とし夏菜 舞 黒髪-5

 

黒髪の むすぼれたる 思ひをば
c0317868_16193571.jpg


More
by ei5184 | 2014-02-27 04:44 | とし夏菜 | Comments(14)

舞妓とし夏菜 舞 黒髪-4

 

この黒髪は、曽我兄弟の父河津三郎の最期から、頼朝が源氏再興の旗上げをするまでの芝居の中で舞われたそうです。劇中辰姫が頼朝のために自身の恋を諦めて北条政子に妻の座を譲り、二人を寝間で新枕につかせた後鏡に向かい髪を梳きますが、嫉妬の思いにかられて哀しみに悶えています。この場面で使われたのが始まりでした。
c0317868_16125823.jpg


More
by ei5184 | 2014-02-26 05:03 | とし夏菜 | Comments(12)

舞妓とし夏菜 舞 黒髪-3

 

「黒髪」の舞を拝見しますと独り舞台を観ているようにさえ思います。
c0317868_16062051.jpg


More
by ei5184 | 2014-02-25 04:52 | とし夏菜 | Comments(10)

舞妓とし夏菜 舞 黒髪-2

 

独り寂しく寝る女の悲しくやるせない想いを、繊細な陰影で表現していました。
c0317868_15502510.jpg


More
by ei5184 | 2014-02-24 04:43 | とし夏菜 | Comments(8)

舞妓とし夏菜 舞 黒髪-1

 

とし夏菜さんが舞妓最後の舞「黒髪」を披露してくれました。
c0317868_15424677.jpg


More
by ei5184 | 2014-02-23 05:19 | とし夏菜 | Comments(14)

舞妓とし夏菜 黒髪への想い

 

先笄に結った髷が物語るのは・・・
c0317868_19395788.jpg



More
by ei5184 | 2014-02-22 04:12 | とし夏菜 | Comments(6)

舞妓とし夏菜 先笄に想う

 

舞妓になってあっという間の4年間でした。
c0317868_09202628.jpg


More
by ei5184 | 2014-02-21 04:40 | とし夏菜 | Comments(6)

実光院 冬の桜

 

実光院の代名詞「不断桜」が雪の中で咲いていました。
c0317868_18530178.jpg


More
by ei5184 | 2014-02-20 17:09 | 京都2014

舞妓とし桃 祇園小唄

 

お馴染みの祇園小唄です。
c0317868_18501803.jpg


More
by ei5184 | 2014-02-20 05:19 | 舞妓とし桃 | Comments(6)