カテゴリ:おわら風の盆-2014( 24 )

おわら風の盆2014-エピローグ

 

越中八尾駅始発5時45分富山行を見送るため、福島の青年団は毎年ホームで見送りオワラを披露します。
c0317868_21344626.jpg


More
by ei5184 | 2014-09-20 11:25 | おわら風の盆-2014 | Comments(30)

おわら風の盆2014-天満町・夜明け

 

2014年おわら「風の盆」に終演の時が来ました。最後の町流しです。

 

久婦須橋 眼鏡 渡れば 十三 甚九郎 高熊 落合 野積の橋を
c0317868_18231676.jpg


More
by ei5184 | 2014-09-20 03:29 | おわら風の盆-2014 | Comments(10)

おわら風の盆2014-天満町・幼馴染

 

青年団を卒業された方々は、地方さんになられるだけでは無く、後進の踊り手さんたちへのご指導にも当られています。今回はこの写真にもあります様に、天満町に唄の名人有りと云われた方のご子息・ご令嬢の兄妹共に、唄を披露された場に居る事が出来ました。名人とはお会いする事が出来ませんでしたが、コクボ(川窪)オワラは引き継がれています。
c0317868_18303346.jpg


More
by ei5184 | 2014-09-19 11:28 | おわら風の盆-2014 | Comments(8)

おわら風の盆2014-天満町・麗し踊子

 

昨年はお会い出来なかったのですが、今年は四日に日付が変わってからも麗しい踊りを披露してくれました。
c0317868_17513520.jpg


More
by ei5184 | 2014-09-19 04:28 | おわら風の盆-2014 | Comments(8)

おわら風の盆2014-天満町演舞-2

 

天満町の男女混合踊りです。恥じらいを隠せない様な仕草は天満町らしさが出ている様です。
c0317868_17374793.jpg


More
by ei5184 | 2014-09-18 12:45 | おわら風の盆-2014 | Comments(12)

おわら風の盆2014-天満町演舞-1

 

私の2014年おわら「風の盆」もクライマックスを迎えました。天満町最後の舞台踊り演舞です。時刻は三日の午後11時半を過ぎた頃です。公式行事としては此れが最後になります。
c0317868_17142416.jpg


More
by ei5184 | 2014-09-18 04:55 | おわら風の盆-2014 | Comments(4)

おわら風の盆2014-鏡町「恋」物語

 

恋物語を彷彿させる男女混合の踊りは、かっての芸妓の踊りを受け継いでいる様な演技力の高い踊りです。

 

恋の礫か 窓打つ霰 明けりゃ身に染む オワラ 夜半の風
c0317868_15075888.jpg


More
by ei5184 | 2014-09-16 17:20 | おわら風の盆-2014 | Comments(8)

おわら風の盆2014-鏡町「恋」を舞う

 

鏡町の「恋」の踊りは私にとって「風の盆」の代名詞かも知れません。連続写真でご覧下さい。

 

唄われよ わしゃ囃す
c0317868_11291017.jpg


More
by ei5184 | 2014-09-16 04:03 | おわら風の盆-2014 | Comments(10)

おわら風の盆2014-鏡町「雲」が舞う

 

作家 高橋治は「白に近いほどの淡い紫の地の、胸から袖へ、袖から背へ、そして裾から帯の下あたりまで、しぼり模様で埋めた紫の雲取りの紋様が入っている。雲取りは下に行くほど濃く、裾は前から後へつづいて濃紫になる。」と見事な描写で書いています。 この小説が発表された当事から2007年までは紫色の雲模りでしたが、2008年からは現在の紺色に変わっています。
c0317868_11051948.jpg


More
by ei5184 | 2014-09-15 05:38 | おわら風の盆-2014 | Comments(12)

おわら風の盆2014-鏡町組踊り

 

男性だけの組踊りです。青年団にならないと男女混合の踊りはありません。恋の踊りには今暫く時が必要のようです(笑)
c0317868_08384669.jpg


More
by ei5184 | 2014-09-14 17:47 | おわら風の盆-2014