2017年 05月 22日 ( 1 )

長浜曳山祭 月宮殿 子ども歌舞伎-7

 

月宮殿(げっきゅうでん)・田町組による 「 本朝廿四孝十種香の場(ほんちょうにじゅうしこうじゅしゅこうのば) 」からです。 敵対していた甲斐の武田信玄と、越後の長尾謙信は室町幕府の将軍足利義晴の計らいで、両家和睦のため武田の子息勝頼と長尾の娘八重垣姫を婚約させます。処がその後義晴が暗殺され、その嫌疑で勝頼は切腹させられます。しかし切腹したのは身代わりで勝頼は花作りの蓑作(12歳)として、長尾方に奪われた武田の家宝 「 諏訪法性の御兜 」 を奪いかえすため、武田家の腰元で勝頼の恋人だった濡衣とともに身分をかくし、長尾家に仕官しています。
c0317868_15334446.jpg


More
by ei5184 | 2017-05-22 04:58 | 長浜曳山祭