舞妓実佳子・夜の灯りの下

 

夜の景色も撮影しました。
c0317868_14530959.jpg




 

おこぼもこれで最後です。
c0317868_14532070.jpg

 

提灯の灯りを頼りに・・・
c0317868_14540235.jpg

 

c0317868_14541422.jpg

 

c0317868_14542429.jpg

 


by ei5184 | 2017-11-07 04:38 | 舞妓実佳子 | Comments(14)
Commented by at 2017-11-07 05:08 x
おはようございます!
提灯の灯りに照らされて、美佳子さんの 凛とした美しさ が冴えていますね。
おこぼ も 長い前髪も ・・・・ その他 最後のものが あるのでしょうね。
今は、祇園甲部の芸妓さん 
師匠の画像に魅かれて、来春 3花街の をどり に・・・ てな事は・・・・
ふく朋ちゃんも そろそろ筆頭 襟替え かな?? 
Commented by hitatinotono at 2017-11-07 05:47
そんな、見つめないでくださいませ(^^
Commented by nejibanadayori at 2017-11-07 12:39
こんにちは 夜の舞妓さん良く撮られていますね、静かな佇まいと雪洞の灯りが、見事に映えています。
顔にあたる光はいつも気にはしているのですが?
Commented by umi_bari at 2017-11-07 14:30
eiさん、舞妓の実佳子さんですね。
眼力が強いと思いました、撮影によるのでしょうね、
バグースです。
紅葉作戦、立てましたか、始まっていますよね。
Commented by ei5184 at 2017-11-07 17:34
凧さん、勝奈さん、とし純さん、実佳子さんが芸妓になり、
気が付けば周りに舞妓がいなくなってしまいました。
今では唯一千賀遥ちゃんだけです(笑) 
近々会う予定ですが、もう少しお付き合いをしようかな? と・・・
Commented by ei5184 at 2017-11-07 17:36
hitatinotonoさん、特にこの妓の目は 凄く魅力的でしょうから
もう、逃げられません(笑)
Commented by ei5184 at 2017-11-07 17:48
nejibanadayoriさん、顔にあたる光? 提灯の灯りの事でしょうか
フラッシュ等の補助照明は使用していません。
唯一ぶら下がっている提灯や街灯だけで撮影していますので、
どうしても光と影が出来ます。それ狙いでもありますが(笑)
Commented by ei5184 at 2017-11-07 17:53
umi_bariさん、いいえ、もって生まれた彼女の魅力です!
私はそれを撮影しているだけに過ぎません(笑)

此方の紅葉は例年よりも見頃は随分早い様です。
今日も9ヶ所回って来ましたが、6カ所は既に見頃でした!
Commented by fleunn at 2017-11-07 20:19
美人さんどすね(*^^*)

 実佳子さんの魅力をeiさんのお写真がいっそう美しく(*^^*)
eiさんのお好きなおでこ 私の瞳にインプット
( *´艸)
Commented by kk5d2 at 2017-11-07 20:42
美しいですね~
素敵なお写真ありがとうございます。
Commented by suruga16 at 2017-11-09 19:02 x
このたび撮影の実佳子さんは、当然のこと祇園甲部のお茶屋さんでの撮影と思いつつも、何故かこれまでも見慣れたお座敷のようであり、
不思議な気持ちを抱いておりました。そして、答えが判明。宮川町のいつものお茶屋さんでの撮影だったのですね。素晴らしいです。
Commented by ei5184 at 2017-11-10 05:00
fleunnさん、可愛いおでこでしょ! ご本人は嫌がっていますが(笑)
内藤洋子さんの事を云いますが、知りまへん(笑)
しっかりインプットしといておくれやす。鬘をつけると隠れてしまいます~
Commented by ei5184 at 2017-11-10 05:00
kk5d2さん、何時もありがとうございます。
マダマダ続きがあります(笑)
Commented by ei5184 at 2017-11-10 05:03
suruga16さん、ハイ、お忙しい先笄の時季、小刻みな時間単位でお座敷へ!
そんな中でゆっくり撮影させて頂けて感謝しています。
此方のご協力の賜でした!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 般若寺・秋桜寺 曲水の宴・北野天満宮  >>