勝念寺(かましきさん)・萩の花咲く

 

京都伏見の勝念寺は信長所縁のお寺です。近年十数種、約百株の萩が植えられて9月の萩の時季に、道行く人、何方でも自由にご覧頂ける様にと開放されています。
c0317868_19061546.jpg




 

境内所狭しと咲く萩の花です!
c0317868_19070760.jpg

 

c0317868_19085823.jpg

 

少し黄色と真っ赤な彼岸花が咲いていました。
c0317868_19100517.jpg

 

萩の花との競演も!
c0317868_19105579.jpg

 

まっ黄色の彼岸花です!
c0317868_19120587.jpg

 

早晩、萩の名所の一つに数えられますでしょう。
c0317868_19133492.jpg

 

c0317868_19135813.jpg

 

勝念寺に依りますと 「かましきさん」とは、地獄で釜茹でにされて苦しんでいる人の身代わりとなって、 自ら煮えたぎる釜の中に入り、苦しむ人の苦を取り除き安楽にそして、 幸せへと導いて下さるお地蔵様のことを云うそうです。
c0317868_19142549.jpg

 

門前にある「天明義民柴屋伊兵衛墓所」の碑ですが、当時の伏見奉行 小堀政方の悪政により伏見の町が衰退するのを憂いて、幕府に決死の直訴をしました。直訴は聞き入れられ、小堀政方は罷免せられ、領地没収、お家改易となり伏見町人の一応の目的は達せられました。しかし、直訴は、定められた合法的手続きを踏まず、順序をとび越え直接お上に訴えることをいい、それは封建秩序を乱すため禁止されていたので、ことの成否にかかわらず訴願人は処刑されました。 (勝念寺HPより引用)

 

撮影は9月20日です。

 


by ei5184 | 2017-09-25 04:38 | 京都2017 | Comments(26)
Commented by at 2017-09-25 04:54 x
おはようございます! 今朝は特に早く どちらかに出掛けられましたかな?
明日からは、iPadを持って出かけます。

萩と彼岸花 特に黄金色とは 珍しいのでは?
地蔵菩薩は、位の高い仏の様です。
釈迦如来は、薄い着衣で 頭部にも手にも 何も持たず 表情が穏やか
その形の仏は位が高い と伺った事があります。
Commented by umi_bari at 2017-09-25 05:48
eiさん、有り難いお寺さんですね。
参道の左右の背丈以上の萩の花に彼岸花、たまりませんね。
バグースです。
Commented by youko19530222 at 2017-09-25 08:20
かましきさん✨ 感動ものです✨ お願いしにお参りしたい場所💦
彼岸花が浮かび上がるように綺麗 萩の花は地味目の優しい花ですよね たくさん咲いて見頃ですねぇ おはぎは萩の花から来た言葉でしたっけ? いい季節ですね。
Commented by manekinntetti at 2017-09-25 10:14
おはようございます。 凄い!見事な萩の花ですね!
eiさんの事だから、まだ人も少ない時間帯に行ったのでしょうね。
両脇にこんなに咲き乱れている所に、大勢ががやがやと通るのは
なんだか想像できませんね(>_<)そっと優しく通ってほしいものです(笑)
彼岸花の黄色も綺麗だこと。
かましきさんのお話、簡単に身代わり地蔵と言っても
こんなに深い慈悲があったのですねェ(T_T)感動で涙です・・
Commented by A-HIMEKKO at 2017-09-25 11:36
三色彼岸花。いいですね!!
こぼれるような萩も。

直訴がかなったのに、処刑されたとは(あわれ・・・・
哀しいお話が、秋の花たちで慰められているようです。
Commented by otomeurarafuku at 2017-09-25 14:32
紅白の萩の花
お互いを引き立てて綺麗ですね
こんなに両方から滝のように枝垂れて・・・
この間を歩くの 風情がありますね
ちょっと色を抑えた着物を着たりして~(´-`).。oO
Commented by ei5184 at 2017-09-25 17:15
凧さん、ハハハ・・・たまたま編集が早く終わっただけです。
何時も4時過ぎから始めていますが、皆さんのブログへお邪魔したり
コメントをしたりすると凡そ5時前なんです。

地蔵菩薩は閻魔の化身と聴いたこともあります。
相反する形相ですが・・・
Commented by ei5184 at 2017-09-25 17:17
umi_bariさん、丁度ヒークの時に出会ったようです。
凄いボリウムがありました。 此処は毎年訪ねそうです(笑)
Commented by ei5184 at 2017-09-25 17:25
ヨウコさん、京阪丹波橋駅から西へ数分の処です。
おはぎは秋分の日頃に咲きますのでその様に云われます。
牡丹の時季は ぼた餅、と聞いて今日まで来ましたが(笑)

Commented by ei5184 at 2017-09-25 17:31
テッチさん、いえ、この日は先に別の処で撮影をした後に此処へ来ました。
時刻は10時前でした。しかし、私を含めて通りすがりの人が3人程度。
皆さん譲りながら撮影をしていました。 此処は今のところ穴場です(笑)

かましきさん、私も今回初めて知りました。
一度日を改めてお話をお聞きに伺いたいと願っています。
Commented by ei5184 at 2017-09-25 17:34
A-HIMEKKOさん、そんな史実に萩と彼岸花・・・
思わず 般若心経 を唱えました。
こじんまりとした境内ですが、見事に育てられた萩の花!
此処へは毎年訪ねる予感が(笑)
Commented by ei5184 at 2017-09-25 17:46
otomeurarafukuさん、成程、着物姿の女性と萩の花とは!
これは絵になりますね! 来年の課題にしたいと思います(笑)
え~、是非モデルになりたいとご希望の方はふるってご連絡下さいませ!
年齢は一切問いません。着物姿が唯一の条件です(笑)
Commented by nonshi24 at 2017-09-25 18:11
こんばんは〜
三色の彼岸花、感動です!
お写真拝見しながら
羨ましくなりました☆
季節は移ろいもう萩の季節・・・
とても美しいですね〜。
Commented by kk5d2 at 2017-09-25 21:09
素晴らしいお写真ばかりですね~
心癒されましたよ~
Commented by fleunn at 2017-09-25 21:48
おぉ~豪快な萩 私の見ているものとは違うような
w(゜o゜)w
彼岸花いいですね(*^^*)
4枚目お地蔵さまとご一緒に お気に入りの一枚
(*^^*)素敵すぎやろ(//∇//)
…あんあんm(_ _)m
Commented by ICJ44710e at 2017-09-25 22:31
こんばんは。しばらくでした。
萩が素晴らしいですね。ボリューム感があって花もよく咲いていて。

eiさんは花の名所をよくご存じで、とてもうらやましく思います。
直訴のことはこちらにも同じような話がありまして、当時には他にも同じようなことがあったのですね。
知りませんでした。
Commented by runkopretty at 2017-09-26 00:47
美しいですね〜(*Ü*)ﻌﻌﻌ♥
京都のお寺さんは、
ホントに絵になりますし、
撮影される方が良いと、
お写真から癒しのパワーをいただけます、
ありがとうございます(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)
Commented by o-rudohime at 2017-09-26 08:24
萩の散り始めと彼岸花が満開の時期 最高のタイミングですね。
何が何でもここにはお参りをしなければ・・釜茹でされること間違いなしですから少しは湯加減をお願いしに行きたいです。
Commented by ei5184 at 2017-09-26 17:06
かほさん、沖縄何とか台風も過ぎて好いご旅行でしたね!
コンサートも無事に行われ、その後の突然の引退宣言とは!
私の様な最近の歌手音痴でも、彼女の事は辛うじて知っています(笑)
ラストまで1年間、きっと思い出に残りましょう・・・
Commented by ei5184 at 2017-09-26 17:07
kk5d2さん、最高のタイミングに訪ねる事が 出来ました。
こじんまりした境内ですが、毎年足を運びたくなります。
Commented by ei5184 at 2017-09-26 17:11
fleunnさん、これぞ、ディスイズ 萩の花(笑)
ほんでもって曼珠沙華とのコラボもあり、最高のタイミングでした!
ご住職にも出会い、清楚で素敵なお譲さんとも!
又行こうっと!(笑)
Commented by ei5184 at 2017-09-26 17:16
ICJ44710e さん、コメントをありがとうございます。
情けない事にあのような事情がありまして、トラウマに・・・

直訴のお話、封建時代の悪政ですね。各地にも色んな悲劇の史実が残されている様です。
この伏見の事件は、此処を訪ねて初めて知りました。
Commented by ei5184 at 2017-09-26 17:19
runkoprettyさん、ありがとうございます。
見事な萩の花でした! しかもタイミングが当たった様です。
曼珠沙華とのコラボも見られて、此処は毎年訪ねるかも(笑)
Commented by ei5184 at 2017-09-26 17:24
himeさん、台風接近中のだんじり! 雨とは言え迫力はお楽しみ頂けたようですね!
10月に秋の祭りもありますので、もしもお天気ならば出かけるかも知れません。

ハハハ・・・釜茹での刑ですか! きっと閻魔さんが気を利かせて
好い湯にしてくれましょう(笑)
Commented by fleunn at 2017-09-26 21:43
eiさん…またの動機が…(((*≧艸≦)ププッ
まっ いいですけど( ̄^ ̄)
(笑)
Commented by ei5184 at 2017-09-27 09:11
fleunnさん、あくまでもご住職の法話をお聴きに行くのですぞ!
ユメユメその他の動機なぞ・・・(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 唐招提寺・萩の花咲く 赤の道・京都府亀岡 >>