雲龍院 サツキ

 

泉涌寺 塔頭寺院・雲龍院の「へえ~」は、拝観時に見所ポイントとして配布されています。 先ずは「れんげの間」の雪見障子の四角いガラスから、4枚の違った絵(椿・燈籠・楓・松)を眺めます。
c0317868_09194844.jpg




 

しかし今はサツキが見頃、障子を開けて額縁にして見ました。
c0317868_09210690.jpg

 

c0317868_09233432.jpg

 

今度は絵軸の様に。
c0317868_09222691.jpg

 

濡れ縁に出て外からガラス越しに「れんげの間」を見ました(笑)
c0317868_09252202.jpg

 

c0317868_09253682.jpg

 

サツキに囲まれた灯篭です。
c0317868_09263177.jpg

 

「悟りの間」
c0317868_09271851.jpg

 

「月窓の間」
c0317868_09281172.jpg

 

「大輪の間」
c0317868_09292446.jpg

 

額縁にした眺めです。
c0317868_09300688.jpg

 

撮影は6月7日です。

 


by ei5184 | 2017-06-21 04:55 | 京都2017 | Comments(14)
Commented by at 2017-06-21 05:07 x
おはようございます!
見事な構図の数々に 出るのは溜息ばかり ウットリとしますね。
特に ガラス越し(映り込み?)の2枚目が 好きです。
明日も 期待しよう

朋ちゃんの見事なまでの毒舌(辛口)
桃ちゃんが、「若い妓にビシビシ言ってくれるので 筆頭舞妓としてずいぶんと助かっておす」
朋ちゃん 「辞めた妓の 責任の半分は、ウチやとよう分かってます。でもハッキリ教えるのが 先輩の役目どす」

Commented by umi_bari at 2017-06-21 05:34
eiさん、雲龍院さんの新緑にサツキも素晴らしいですね。
良い物を見せていただき有り難うございます。
バグースです。
Commented by o-rudohime at 2017-06-21 07:05
障子の開け方次第でこんなにも雰囲気が変わるのですね。
ガラスに映った庭が蜃気楼(見た事が無いが)のように見えます。
甲乙つけがたいけど4番目の写真が好きですね。
我が家の窓ガラス 半スリガラス状態 磨きあげなくては・・
Commented by tabi-to-ryokou at 2017-06-21 07:40
おはようございます
塔頭寺院・雲龍院、実は今日まで知りませんでした。
京都では有名と思いますが、全国的にはそれほど知られてない、でも素晴らしいという名所や、お庭が京都には沢山あるんですね。
古都京都の世界遺産は17文化財でなりたちますが、実力ではその倍くらい指定されてもいいような気がします。
他の人が全く写ってませんが、朝一番ですか。ガラス越しの「れんげの間」がお洒落ですね。
Commented by otomeurarafuku at 2017-06-21 09:38
おはようございま~す♪
ほんとに・・・へえ~ わぁ~・・・うっとり~ですねぇ
雪見障子のガラス窓から見れる4枚の絵
四季によっても 又 景色が変わって 趣があることでしょう
サツキの映り込みも 部屋の中にお庭があるようで 美しいですね

Commented by katokun3 at 2017-06-21 11:49
こんにちは・・
素晴らしい切り取りに、感動です
「大輪の間」素晴らしいです。
トップの4枚の格子額縁・・・4枚の写真展の風景を、見てるようで・・・・(^-^)
・・・happy_momo・・・
Commented by zakkkan at 2017-06-21 14:47
そうなのですか?
見どころ・・ポイントを
実際、そうおっしゃられても、こうは上手く!
収める事は、・・と尻込みするであろう私ですから
素晴らしい、現物に会えて、彷彿です!!
Commented by ei5184 at 2017-06-21 15:13
凧さん、明日はGW期間中に訪ねていた、富山砺波の子ども歌舞伎の予定です(笑)
壺坂霊験記の2段を続けてご覧下さい。多分ご存知のストーリーだと思いますが、
三つ違いの兄さんと・・・の有名な台詞が登場します。
子どもたちの熱演には目を瞠ります!

朋、桃さんたち筆頭舞妓なんですね~
Commented by ei5184 at 2017-06-21 15:14
umi_bariさん、サツキ時は初めてでしたが、
訪ねる観光客も少なくて、色んな景色を楽しめました。
Commented by ei5184 at 2017-06-21 15:20
himeさん、面白いでしょ。拝観者が少ないのでこんな風に色んな景色を作ってみました(笑)
秋のヒーク時は凄い人でこうはいかないのですが、この時期は穴場の一つです。
皆さん夫々好みの景色がありましたら、撮影の狙い通りです(笑)

我家の窓ガラスも、負けないくらいくもっています(笑)
Commented by ei5184 at 2017-06-21 15:26
旅プラスさん、この時は丁度お昼時でした。 観光客が少ない時季です。
九州博多から来られていた4人の御婦人と、あと一組程度でした。
流石に秋はこうはいきませんが、ご覧の様に色んな景色を作る事が出来ます。
因みに秋は2014年11月30日の昼と夜をご覧下さい。そんな感じです(笑)
Commented by ei5184 at 2017-06-21 15:30
otomeurarafukuさん、観光客が少ないこの時はこの様に色んな景色を作る事が出来ます。
皆さん好みが色々あるでしょうから、思いつく景色を撮影しました。
庭へは出られませんので、建物からだけですが、探せばありますから!
秋は無理ですよ~(笑)
Commented by ei5184 at 2017-06-21 15:34
happy_momoさん、嬉しいコメントをありがとうございます。
大輪の間は広間から庭を楽しめる様になっています。
誰も居ないのでこの様に広角で撮影出来ました。
この部屋も紅葉時は部分撮影しか出来ないのですが(笑)
Commented by ei5184 at 2017-06-21 15:37
zakkkanさん、見所を書いた案内を配布していますが、
私はそれとは違う角度からも撮影していたのが、これら掲載分です(笑)
秋はこの様な撮影は出来ないので、パターンが決まってしまいます。
2014年11月30日の、昼と夜の様に(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 出町子ども歌舞伎曳山祭り 壺坂... 鯛網漁 鞆の浦仙酔島 >>