鞆の浦 ぶらり

 

ぶらり歩くだけで癒される港町です。海の匂いが微かに漂い人の温かさに、地元の方は勿論ですが、初めて会う旅人同士も自然と会話が弾んでしまいます・・・
c0317868_17113067.jpg




 

2010年に訪ねた時と変わらぬ景色が目の前に! 保命酒のお店のご婦人もお元気でした。
c0317868_17145569.jpg

 

江戸時代からの町並みです。
c0317868_17153855.jpg

 

竜馬も歩いた処です!
c0317868_17155322.jpg

 

海鼠壁の狭い道も・・・
c0317868_17172082.jpg

 

焼杉壁の道も懐かしい景色でした。
c0317868_17182808.jpg

 

福禅寺 對潮楼から弁天島を眺めます。1711年、朝鮮通信使の李邦彦は「日東第一形勝」 (日本で一番の景勝地) と賞賛しました。更に1748年、洪景海は「對潮楼」の書を残しています。
c0317868_17233631.jpg

 

船上から見る弁天島です。
c0317868_17242490.jpg

 

舟は仙酔島へ向かっています。 そこで見たものは!?    つづく・・・(笑)

 


by ei5184 | 2017-06-17 04:58 | スナップ-2 | Comments(24)
Commented by at 2017-06-17 05:04 x
おはようございます!
昨日 完全に外したため 元気がでない
「焼き板囲い」「漆喰の白」 日本の風情ですね。
Commented by umi_bari at 2017-06-17 05:06
eiさん、素晴らしい街並みに感動したら、室内からの額縁、
そして弁天島(バリ島のタナロット寺院とそっくりです)、
バグースですね。
Commented by manekinntetti at 2017-06-17 05:24
おはようございます~♪
え?何を見たんですか?

続き・・・ワクワク^^
Commented by o-rudohime at 2017-06-17 06:33
のどかで郷愁に駆られる様な景色ですね。
これから10年たっても変わらないでしょうね。
人の映り込みを心配することなく写せたのではないですか?
Commented by BBpinevalley at 2017-06-17 07:50
おはようございます。
子供の頃、行ったことがあるような…
福山市に「とも」という海水浴場があって、そこに行ったことを覚えているのですが、同じところでしょうか…
なんだか急に思い出して、妙な気分です。

それにしても、味のある街並みですね。
江戸時代から変わったのは、プランターとといのプラスチックだけでしょうか。
素晴らしい写真ばかりです。
Commented by ei5184 at 2017-06-17 07:51
凧さん、ハハハ・・・では、今日明日とごゆっくり休養して下さい。
さて、梢さんですが、お判りでしょうか?
月末頃から順次掲載予定ですので、それまで誰の事か巡らせてください(笑)
Commented by ei5184 at 2017-06-17 07:55
umi_bariさん、バリ島を思い巡らせる様な景色でしたか!
この日は到着した頃まで雨が残り、曇り空からのスタートでした。
午後からは快晴になり、海の青さが映りました。
Commented by ei5184 at 2017-06-17 08:25
テッチさん、ハイ、天から降りて来た天女か?
はたまた竜宮城からの乙姫様か・・・
何と云っても瀬戸内は魚特に鯛で有名ですから(笑)
Commented by ei5184 at 2017-06-17 08:32
himeさん、この日は朝9時半頃に到着して早速撮影を開始していました。
暫くは確かに殆ど人の気配は限られていましたが、10時頃になると、
地元の小学生たちの校外学習でしょうか、常夜燈の周囲は写生を始めた子どもたちでいっぱいに(笑)
その間は医王寺に上ったり、對潮楼へ行ったりしていました。
平日は観光客は少ないのですが、例えば修学旅行生とか、校外授業の生徒などに
遭遇する事も時々ありますね~(笑)
Commented by ei5184 at 2017-06-17 08:41
BBpinevalleyさん、 鞆の浦海水浴場だと思いますが、
そこは船で渡る酔仙島にあります。 
あとは少し広島寄りに小室浜海水浴場があるようです。
酔仙島へ渡り鞆の浦海水浴場も行きましたが、
砂浜が綺麗で、波も無く穏やかな処でした。
Commented by zakkkan at 2017-06-17 10:44
贅沢な時を持てないから
ふと、静けさに目を向ける事を避けてきた気がします(笑)
本当の意味での贅沢
それを、ぼちぼちする時期にきている事を知らせてくださいますね・・
一枚の作品で・・ありがとうございます
Commented by hiromama2015 at 2017-06-17 17:18
鞆の浦 昔 行った事があります。
旅館へは小さな船に乗りました。
朝は旅館から階段を下りて散歩をした事を
思い出しました。
旅館の名前も何もかも忘れてしまっていますが
懐かしいです。
eiさんの写真のお蔭で色々な事が甦ってきます。
ありがとうございます。
Commented by ei5184 at 2017-06-17 18:11
zakkkanさん、何かしらご参考になる様な写真がありましたら
掲載している甲斐があります。ありがとうございます。
この様なコメントに又新たな意欲も出て来ます。
夏に向かい元気をもらいました!
Commented by ei5184 at 2017-06-17 18:16
ちゃちゃさん、多分酔仙島だと思います。最後の写真にご記憶はありませんか?
連絡船でほぼ真横を通ります。宿泊施設は階段を上がって行ったところにあります。
この後その酔仙島で初めて見た景色を掲載しますが、間に旬なものと凄い建造物を挟みます(笑)
Commented by nejibanadayori at 2017-06-17 20:55
今晩は 鞆の町並み良く撮られていますね、江戸時代の風景に少し色気が入ればポスターにも使えるのでは。
Commented by fleunn at 2017-06-17 22:22
なにを見たんだろ~?人魚姫w(゜o゜)w

竜馬さまがお歩きになられたところを eiさまが
w(゜o゜)w
情緒溢れる路地 私も歩いてみたいです( *´艸)
贅沢な時間を過ごせそう(*^^*)
Commented by 瑠歌 at 2017-06-18 00:45 x
こんばんは!
大変ご無沙汰しておりましたら、西方面に来られてたのですね~? ビックリです!(^^)!
尾道、鞆の浦、竹原 何回か撮影に行った町々です! 分かってたらお会いしたかったな~!
広島へは? もう、大阪へお帰りですね? またの機会に是非是非お越し下さいね!
eiさんの写真を見せて頂いて、私のももう一度見直しをしてみようと思います。
これからの掲載も楽しみにしております。
Commented by ei5184 at 2017-06-18 10:50
nejibanadayoriさん、ハハハ・・・色気ですか(笑)
そうですね~ 和服よりも少しお洒落な長めのドレス姿に
ツバ広の黒か白い帽子を目深にかぶり・・・
次回は何方かにお願いしてみます(笑)
Commented by ei5184 at 2017-06-18 10:53
fleunnさん、此処には人魚姫はいませんが、ポニョはいたそうです(笑)
竜馬は今も人気がありますね~ 至る所に足跡が残されていましたよ~
ハイ、出来れば1泊されて夕方と、早朝を楽しんで下さい。
常夜燈の灯も忘れずに!
Commented by pikorin77jp at 2017-06-18 11:00
仙酔島でみられたものは、、、、泊まられたのですか? 私以前 母と泊まったときみたものがあるんです、、、

タ・ヌ・キ  eiさんはさて 何を見られたのでしょう、、、
Commented by ei5184 at 2017-06-18 11:01
瑠歌さん、5月25日~27日の2泊3日の撮影旅行でした。
7年前に訪ねたコースを逆コースで再訪しました。
掲載は尾道、竹原と順不同ですが、このあと酔仙島を掲載します。
そして最後は呉を掲載予定です。
今回の一番の目的は前回訪ねられなかった、江田島の旧海軍兵学校でした。
最終日の半日は江田島で過ごせて、7年越しの願いが叶いました(笑)
Commented by ei5184 at 2017-06-18 11:09
ぴこさん、ハハハ・・・動物ではありません(笑)
鞆の浦へは新大阪から新幹線で福山~バスに乗り、午前9時半頃には着いていました。
午前中は鞆を巡り、午後一番から酔仙島へ渡りました。
そして1時間半を楽しみ、前回掲載済の常夜燈を 船上 から撮影しています。
5月のひと月間だけの楽しみなんです! さて、一体何でしょうか?
鞆の浦は午後3時半頃に再びバスで福山~JRで尾道着泊でした。
Commented by 瑠歌 at 2017-06-18 14:41 x
eiさん、そうでしたか!5月末に来られたのですね。
今度は広島まで足を延ばして下さいませ!
最後は旧海軍兵学校(第一術科学校)ですか、楽しみにしています🙆
ここを訪れると涙なくしては帰れないですね。
Commented by ei5184 at 2017-06-18 16:03
瑠歌さん、ハイ以前から今年は行こうと計画をしていました。
此処も、尾道も7年前と変わらぬ景色に、とても嬉しく思いましたよ~
6月8~11日は尾道、6月13,14日は竹原を掲載済ですが、
ご覧頂けると幸いです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 花菖蒲 池田水月公園 とし純 襟替え >>