長浜曳山祭 諫皷山 子ども歌舞伎-1

 

大変長らくお待たせしました(笑) 2017年長浜曳山祭壱番籤は諫皷山(かんこざん)・御堂前組 の 「 花祭長浜城 」 からです。羽柴秀吉が長浜城主となり城開き祝いで、城内は賑わっています。
c0317868_16491427.jpg




 

その席で先に虎退治をした近習福江五郎を呼び、褒美をとらせようと局「葉山」が進言します。
c0317868_16544803.jpg

 

c0317868_16550936.jpg

 

局葉山は年甲斐もなく福江五郎に想いをよせていて、金子を用立てた事で結婚を迫ります。
c0317868_16573250.jpg

 

しかし福江五郎は奥方ねね付きの腰元「鈴絵」と相思相愛です。
c0317868_17011792.jpg

 

思い詰めた福江五郎は出自の唯一の証となる腕の三日月の痣を見せます。
c0317868_17061968.jpg

 

それを見た葉山はかって自分が乳母として育て、今は行方知らずとなっていた若君だったと知ります!(笑)
c0317868_17075094.jpg

 

五郎と鈴絵の恋が実ろうとしますが、此処に鈴絵を我がものにせんと秀吉は小姓石田三成と策をめぐらせています。
c0317868_17123833.jpg

 

秀吉の企みに鈴絵に危機が迫ります。
c0317868_17192336.jpg

 

そこへ事前に察していた奥方ねねが割り込みます。
c0317868_17212068.jpg

 

ねね は秀吉にお灸を据えようと、秀吉と五郎に偽の恋文を渡して夜陰に呼びよせます。
c0317868_17325395.jpg

 

ここでねねと鈴絵の衣装の早替わりに、観客は驚きと拍手喝采です。
c0317868_17332624.jpg

 

フィナーレは役者全員による踊りですが、そのシーンは明日へ続きます(笑)

 


by ei5184 | 2017-05-07 08:05 | 長浜曳山祭 | Comments(10)
Commented by dendoroubik at 2017-05-07 10:48
長らく待たされました(笑)

「芸はいちばん人気もいちばん」
と浄瑠璃に謳うだけあってここの役者は皆 達者でしたね
いつもなら比較的空いている十三日番や試楽でさえ
観客の数はズバ抜けて多かったように思います
水口一夫氏の演出もいつもケレン味があって
それも人気の原因のひとつでしょうか・・・

これからeiさんのすばらしいお写真で
長浜追体験を楽しませていただきます
Commented by Photo-Lover777 at 2017-05-07 11:35
eiさん、長浜の子供歌舞伎、迫力があります。子供たちも演技に真剣そのものです。街の雰囲気や横笛を吹く女の子も
良い顔をしていますね。
Commented by ei5184 at 2017-05-07 16:16
dendoroubikさん、長らくお待たせしました。しかしこの後は又何日か途切れます(笑)
写真の掲載構成に悩んでしまっています。そうこうしている中に砺波や高岡、
更には左義長大阪と、次々に出掛けてしまい、只今悪戦苦闘中です・・・
作・演出水口一夫氏と云えば「システィーナ歌舞伎・フィガロ」がありましたね。
片岡愛之助が出演していたのですが、私は観ていません(笑)
そんな訳で途切れ途切れをご容赦願います。
Commented by ei5184 at 2017-05-07 16:19
Photo-Lover777さん、4町夫々の特色が出ている様でした。
馴染みの演目や、下地を知らないと理解し辛い? 歌舞伎通なんかも!
これを小学生が熱演しますから、驚きますよね~
Commented by kk5d2 at 2017-05-07 16:20
良いですね~~
素敵な写真が見れてうれしいです
Commented by at 2017-05-07 18:44 x
今 帰って来たので、遅れました。
見事に捉えた画像 見入りました。
明日 何が載るのでしょうか
ワクワクして待っています。

師匠の永続的な ご健康(特に粘り)を 願うばかりです。
 
Commented by cynchia at 2017-05-07 21:07
こんばんは、北九州から帰る電車の中です、
ずっと掃除をしていた気がします。
Commented by ei5184 at 2017-05-08 04:56
kk5d2さん、関東方面ではないのでしょうか?
これ、一度観れば嵌ってしまいますよ!
滋賀県長浜どころか富山県砺波まで観に行くほどですから(笑)
Commented by ei5184 at 2017-05-08 04:59
凧さん、初夏の花掲載やら、食博での左義長や、阿波踊り、
更に石見神楽も迫力がありました。
それらの掲載が後に控えているので、この様な変則掲載になってしまいそうです(笑)
Commented by ei5184 at 2017-05-08 05:01
cynchiaさん、帰郷中でしたか!
又九州のお話が聴こえてきそうで、楽しみです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 長浜曳山祭 諫皷山 子ども歌舞伎-2 長浜曳山祭 諫皷山( かんこざん ) >>