西光寺 枝垂れ桜

 

奈良県宇陀市の枝垂れ桜巡りです。室生寺にほど近い西光寺の枝垂れ桜は樹齢約300年です。
c0317868_17425864.jpg




 

大野寺の桜の親木とも云わる 「 城之山桜 」 です。
c0317868_17454172.jpg

 

空に広がる翼の様な枝ぶりと形容されています。
c0317868_17480387.jpg

 

c0317868_17481455.jpg

 

c0317868_17483283.jpg

 

撮影は4月13日です。

 


by ei5184 | 2017-05-02 04:55 | 奈良 | Comments(12)
Commented by at 2017-05-02 05:10 x
おはようございます。 今日も富士山が綺麗です。
奈良の枝垂れ桜シリーズに入るのでしょうか
途中で 左義長の皆さんの笑顔をお願いしますよ

小生は、今日から3日間 富士スピードウェイのF1レースに出掛けます。(と言っても ゲートまで車15分)
師匠の予測通り 現ニコンレンズの売れ筋 NO.1 200~500mm f5.6 を買いました。
フィルター計 95mmΦ 重量 2.3kg
これを 手持ちで 振り回します。
毎朝 園児の マキ、マオ、サクラ、キレ、カオリ ちゃん達を 振り回して遊んでいるので 相当腕力は付いたと思っていますが、
さて 結果は お楽しみになります。
Commented by umi_bari at 2017-05-02 05:11
eiさん、奈良の桜の名所をいっぱいありがとうございます、こちらの桜も素晴らしいですね、行けないので嬉しいですね、お見事バグースです。
Commented by o-rudohime at 2017-05-02 06:39
西光寺の素朴な建物と古木の桜の組み合わせが新鮮に見えます。
仰ぎ見れば確かに翼を広げた鳳凰を思わせ優雅に見えます。
Commented by cynchia at 2017-05-02 07:44
おはようございます、どちらも、素晴らしいですね‼
Commented by ei5184 at 2017-05-02 16:55
凧さん、もう溜まりに溜まってしまいました。
宇陀地方の枝垂れ桜、一日2回のペースで掲載すべく、ただ今必死で現像中です(笑)

えっ、やっぱり買われましたか!(笑) 結構重たいレンズですし、1脚撮影をお薦めします。
レース場面とは結構距離がありそうですから、流し撮りもいい練習が出来ましょう。
Commented by ei5184 at 2017-05-02 17:02
umi_bariさん、こちら方面は京都の様に混んではいません(笑)
ただね、三脚撮影者が多くて陣取られると動かないので
私の様な広角撮影する者には大変な待ち時間がかかってしまいます。
その為何時も自宅は4時迄には出かけてこの界隈へは7時過ぎに来ないと。
でもこの日は三脚使用者が既に3名ほど居ましたね~
Commented by ei5184 at 2017-05-02 17:06
himeさん、地元の方々に愛されてきた古寺と古木。
道路も狭く大型バスは来ません。今の処は!(笑)
この後に掲載する処は更に山の中。今回は訪ねた順序を逆回しの様に掲載しています。
理由は単に現像が出来た順番だけですが(笑)
Commented by ei5184 at 2017-05-02 17:09
cynchiaさん、やっと現像が出来た分から掲載を始めました(笑)
最初は朝日の又兵衛でしたが、現像が最後になりますので
〆に回す予定です(笑)
Commented by nejibanadayori at 2017-05-02 20:36
今晩は 痛んだ桜の古木は可愛そうな気がします、満開ですと余計そんな気がするのですが。 長谷寺の牡丹は早かったのですか?
寒牡丹は全然でしたけど。 雪の五重塔が撮れましたけど、現在島根におります山野草やらです、今は山藤が良く咲いております。
Commented by kk5d2 at 2017-05-02 20:44
見事です~
感動的ですね~
Commented by ei5184 at 2017-05-03 06:34
nejibanadayoriさん、大野寺の枝垂れ桜は何年か前と 見比べると一目瞭然です。
今年は更に枝を切り落としていました。樹木の保護と再生の為の様ですが・・・
長谷寺の牡丹は毎年決まった様にGWに合わせて見頃が始まります。
しかしその時だと人を入れずに撮影はまず無理ですので、
何時も石楠花のタイミングで出かけています。牡丹には早い時期ですが(笑)
Commented by ei5184 at 2017-05-03 06:36
kk5d2さん、ほんの数年前までは地元の方のみ楽しむ枝垂れ桜でしたが、
今は結構遠方からも訪ねて来ています。観光バスは車道が狭いので未だ大丈夫(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 大野寺 枝垂れ桜 三千院 石楠花 >>