散椿 地蔵院

 

豊臣秀吉が献木したと伝えられる 地蔵院・椿寺です。 現在の木は樹齢約120年の二世だと云われています。色とりどりの花びらがはらはらと散ることから、五色八重散椿と呼ばれていますが、その光景を見る事が出来ました。
c0317868_18511794.jpg




 

未だ散るには惜しい花や これから咲く花もありました。
c0317868_18532858.jpg

 

訪ねたこの日は満開の枝垂れ桜との共演でした。
c0317868_18543662.jpg

 

c0317868_18560630.jpg

 

c0317868_18562121.jpg

 

c0317868_18563783.jpg

 

c0317868_18565344.jpg

 

c0317868_18570948.jpg

 

撮影は4月13日です。

 


by ei5184 | 2017-04-24 17:07 | 京都2017
<< 平安神宮 神苑の桜 業平桜 >>