夫婦善哉

 

織田作之助作「夫婦善哉」は大阪ミナミに所縁の地が今も多く残されています。 ご存知この看板は故「藤山寛美」さんの筆によるものです。「善」の字を見ますと横棒が一本足らないのに気がつかれるでしょう。「私はそない善い人間やないさかい、一本抜けていたくらいがちょうどいい」他諸説ありますが、謎のままのようです。
c0317868_16494122.jpg




 

この二三日飯も咽喉へ通らなかったこととて急に空腹を感じ、楽天地横の自由軒で玉子入りのライスカレーを食べた。「自由軒ここのラ、ラ、ライスカレーはご飯にあんじょうま、ま、ま、まむしてあるよって、うまい」・・・小説中の自由軒は今も健在です。
c0317868_16515836.jpg

 

一日中線香の煙が漂う水掛不動尊( 不動明王 )
c0317868_17002029.jpg

 

水を掛けて商売繁盛、恋愛成就等の願掛けをします。
c0317868_17011006.jpg

 

「こ、こ、ここの善哉はなんで、二、二、二杯ずつ持って来よるか知ってるか、知らんやろ。こら昔何とか大夫ちう浄瑠璃のお師匠はんがひらいた店でな、一杯山盛りにするより、ちょっとずつ二杯にする方が沢山(ぎょうさん)はいってるように見えるやろ、そこをうまいこと考えよったのや」  蝶子は「一人より女夫(めおと)の方がええいうことでっしゃろ」・・・
c0317868_16500551.jpg

 

北新地の人気芸妓蝶子と化粧問屋の若旦那柳吉の恋愛小説、不朽の名作と云われる「夫婦善哉」ですが、昭和15年に発表した7年後の昭和22年に33歳の若さで没しています。

 


by ei5184 | 2017-01-15 04:55 | 大阪 | Comments(12)
Commented by at 2017-01-15 05:20 x
外は白銀、室内は2~3℃の目覚めです。
懐は同様に寒々としていますが、
心は 師匠のお陰で 暖かです。 いつもありがとうございます。
今日は無理ですが、「南」に出掛けてみたくなりました。
Commented by umi_bari at 2017-01-15 08:26
小説、歌、映画の世界の本物の現実の大阪の姿でしょうか、全く話しも大阪も
知らない世界です、もちろん自由軒も行った事がありません。
でも、心が動く今日のeiさんの投稿にバグースです。
Commented by youko19530222 at 2017-01-15 10:20
若い時は近いのもあってほとんど南ばかりうろうろしてました(笑)
法善寺横丁懐かしいです。もうかなり行ってません。凧さんと同じく、私もその辺りをそぞろ歩きしたくなりました(^^)
Commented by ei5184 at 2017-01-15 17:56
凧さん、今日は関西も雪国になりましたね~(笑)
京都の雪景色も駆け足でしたが、撮影してきました。

先日の夜のミナミに続いて、えびすさんの帰りにちよっとそこまで。
此方も久々でしたが、改めて織田作之助の世界に少し浸ってみました・・・
Commented by ei5184 at 2017-01-15 18:01
arakさん、織田作之助の「夫婦善哉」は短編恋愛小説です。
何故これが何度も映画化やTVドラマになるのか、
是非一度読んでみて下さい。 25,6歳の青年が書いた小説ですが、
不朽の名作と謂われる理由があると思いますから~
Commented by ei5184 at 2017-01-15 18:07
ヨウコさん、九州の田舎から大阪へ出てきて、見るもの聞くものにびっくり。
やがて高校生になりこの界隈も知るようになると、結構ブラついていました(笑)
朝ドラの「べっぴんさん」の娘 さくらよりもずっと年下なんですが、
良く解りますもの(笑)
昔のミナミの面影が年々薄れて行くのは、少し寂しいですね~
Commented by kk5d2 at 2017-01-15 20:52
おおーー良いですね~~
Commented by manekinntetti at 2017-01-16 07:07
eiさん♪ おはようございます(*´▽`*)
なんか・・・途中でコメント欄が消えてしまったり(T_T)
昨日も打ったはずが。。。送信されていなかったりと。
たぶん私の慌てん坊が原因だと思うんだけどぉ(笑)
↑あ、ここだけじゃなくて他の人の処でもね。

最初に水かけ地蔵さんを見た時には驚きましたぁ。こんなに綺麗に苔むしていて。
横の夫婦善哉は家族皆で入ったら凄い金額になるので諦めたけど、
長男&彼女は2人で仲良く食べて来てましたぁ。目出度く(笑)結婚と相成りましたぁ^^
Commented by ei5184 at 2017-01-16 10:14
kk5d2さん、法善寺界隈はご存知でしょうか?
大阪らしい処が今でも所々に残る街です。
Commented by ei5184 at 2017-01-16 10:17
テッチさん、ハイ全てエキサイトの不具合の所為です(笑)

夫婦善哉、一人前800円だったと思います。少々お高いですよね~
私はそれ以前に甘いものが苦手なので、大昔に一度だけです(笑)
Commented by o-rudohime at 2017-01-16 12:53
一本抜けた善の字 しゃれの元祖藤山寛美さんらしくなるほどと思いますね。
行った事があるのに 知っているようで知らない法善寺横丁です。
Commented by ei5184 at 2017-01-16 19:21
himeさん、himeさんに限らず、何百回も訪ねていたと思う私でも、
この文字に気が付いたのは15年くらい前の事です。
案外気が付かずに見過ごしていますよね~
もう少し掘り下げてみると、また新たな発見に出会うのかもと・・・?
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< とし真菜 舞の振付から 弐 千日前道具屋筋 まいど連 >>