濡れ地蔵

 

左手に宝球、右手に鎖杖を持った半身彫の立像で、舟型に掘りくぼめている光背に、「建長六年甲寅八月十五日建」と二行に陰刻されている事から、鎌倉時代の造立であることが知られています。「濡れ地蔵」は、室生ダムの運用により、貯水位を高くする晩秋から春にかけては水没してしまいます。
c0317868_16280703.jpg




 

グッと冷えた朝でした。 湖面に「蒸気霧」が立ち込めていました・・・
c0317868_16282190.jpg

 

霜が降りて真っ白でした。
c0317868_16292004.jpg

 

何となく神秘な・・・
c0317868_16285868.jpg

 

室生ダム貯水位を毎日の様に確認していた処、12月14日の17時で292.61mとありました。明くる15日午前7時過ぎの撮影です。水位は292.8mです。18日夜には完全に水没していたようです。

 


by ei5184 | 2016-12-29 04:57 | 奈良 | Comments(22)
Commented by at 2016-12-29 05:11 x
今朝は 何と荘厳な 目覚めで
思わず 手を合わせて 画像を見せていただきました
ありがとうございます。

霧の早朝 一段と ご利益がある 「濡れ地蔵」
来る年も 爽やかな目覚め がおとずれます様に 合掌!
Commented by arak_okano at 2016-12-29 05:37
お地蔵様、地震大国の津波の危険を一身に背負って水の中に
お隠れになってくれているのかと思いました。
ご紹介を有り難うございます、バグースです。
Commented by manekinntetti at 2016-12-29 05:57
eiさん おはようございます(*´▽`*)
濡れ地蔵 初めて知りました。驚ろきです。
冷たそう・・・
本当に神秘的ですね。そして6月の水に浸かっていない
お地蔵様も見てきましたよ^^
Commented by o-rudohime at 2016-12-29 07:32
6月のお地蔵様より水没まじかのお地蔵様の方が一段と神秘的ですね。
湖面の霧 自然界の演出には脱帽です。
Commented by cynchia at 2016-12-29 07:46
おはようございます、幻想的ですね、 
初めて拝見しました。
Commented by susatan at 2016-12-29 12:11
ひゃっほーー!! 素晴らしいです!!
このお地蔵さまが また水の中に消えていかれる前…
ながい眠りにつかれる前…
こんな やさしい空気が流れてるんですね!!
いろんな方の濡れ地蔵さまの作品を見ましたが
この一枚目のが 一等賞です!! (わたしの中で^^
また 今度お会いする日を楽しみにしますーー!!
Commented by youko19530222 at 2016-12-29 13:08
室生寺には2回ほど行ったけど、室生湖って知らなかったです。
寒い季節に水の中ですか? 思わず手を合わせたくなりますね。
Commented by ei5184 at 2016-12-29 15:52
凧さん、毎年秋から翌年の初夏辺りまで水没するそうです。
今年の6月は姿を現した時に訪ねていましたので、
この秋は毎日ダム湖の水位の確認でした(笑)
しかし随分今年は遅く15日の冷え込んだ朝に、
狙い通りの半身を撮る事が出来ました。
Commented by ei5184 at 2016-12-29 15:55
arakさん、ダム湖の管理により水位の調整をされているそうです。
田植え時期までには水位を下げて、秋口からは放流をせずに貯めるようです。
Commented by ei5184 at 2016-12-29 15:58
テッチさん、何でも鎌倉時代の造立だそうです。
ダム湖の為に姿を現したり、水没したりと・・・
人々の暮らしを見守ってくれている様です。
Commented by ei5184 at 2016-12-29 16:00
himeさん、ハイ、私もそう思っていましたので、
この時を待ち望んでいて、毎日ダム湖の水位確認でした(笑)
お陰で狙い通りの半身の姿に出会う事が叶いました。
しかし、朝は寒かったですよ~(笑)
Commented by ei5184 at 2016-12-29 16:04
cynchiaさん、何年か前に知ったのですが、
場所が解らずに何度もトライしては、見つけられずにいました。
複数のブロ友さんから、ご親切に教えて頂き初めて訪ねられたのが6月でした。
次は半身の姿を観たくて、ダム湖の水位確認の日々でした(笑)
Commented by ei5184 at 2016-12-29 16:09
susatanさん、ありがとうございます。ついに半身の姿に出会う事が出来ました。
毎日の様にダム湖の水位を確認した甲斐がありましたよ~(笑)
しかし寒い朝でした。霜は降りているし、水たまりでは薄い氷も!
三脚を忘れてしまい、到着時は暗くて撮る事が出来ず。
寒い中じっと明るくなるのを待っていました(笑)
Commented by ei5184 at 2016-12-29 16:13
ヨウコさん、室生寺へ向かう途中のダム湖なんです。
しかし場所が解らずに何度も探しあぐねていました(笑)
来年の5月前後? には再び姿を現しますので
又機会を見つけて訪ねて行こうかと。丁度石楠花の時期なんです。
Commented by pikorin77jp at 2016-12-29 20:42
今年一年 美しい芸舞妓さんそして  得もいえぬ美しい景色のお写真 毎日みせていただきました。
どうコメントしていいのかわからない。。。ありがとうございます。
毎日 記事をあげる、私には なかなかできないです。。。
どうか 来年も このままよろしくお願いいたします。
Commented by ei5184 at 2016-12-30 10:22
ぴこさん、此方こそ沢山のコメントを頂き、ありがとうございました。
来年も続けて掲載予定ですが、しかし年々出かけるのが億劫になりつつあります。
特に夜が(笑)
では、どうぞ良いお年をお迎えください。
Commented by stmalta at 2016-12-30 14:07
濡れ地蔵様のお隠れになる寸前のお姿。
ダム湖の水位を見極めて行かれたのですね。
お見事としか。。。。
でも、三脚を忘れたのは減点です。(^_^) 
私は念のため車にいつも積んでおります。
Commented by ei5184 at 2016-12-30 16:48
stmaltaさん、室生ダムの水位の確認は怠りなくあの数値前後に決めていました。
読み通りでしたが、寒かったですね~
三脚は頭になくて、多分7時頃の到着予定でしたが、
思ったよりも早く着いて20分以上も明るくなるのを待ちました(笑)
Commented by mahoroba-shahai at 2016-12-30 20:23
ダム湖の水位、このような情報があるのですね!
知りませんでした。 ありがとうございます。 (^_^)
水位292mあたりが良いと、よく調査されましたね。
Commented by ei5184 at 2016-12-31 05:08
mahorobaさん、教えて頂いたおかげで、両方の濡れ地蔵を見る事が叶いました。
水位はダム管理の処で凡その水没水位を確認していました。292mm台と!
今年は例年よりも遅いようでしたので、まだか、未だか(笑)
Commented by mahoroba-shahai at 2016-12-31 11:13
まほろばも、来年の田植えの時期に行きたいです。

ところで、
>292mm台と!
292mですね?!
Commented by ei5184 at 2016-12-31 11:47
mahorobaさん、ハイ目安があります。
そちらへご案内を差し上げますのでご確認下さい。
明日香の景色を毎日拝見させて頂いたほんの御礼です。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 千体石仏 九品寺 勇気の鈴が りんりんりん >>