當る酉歳 吉例顔見世興行 於先斗町歌舞練場

 

京の年中行事「當る酉歳 吉例顔見世興行」 今年は南座の耐震工事の為、先斗町歌舞練場で興行されました。今回は会場の都合で三部構成になりました。場内撮影は一切禁止されていますので、こちらも恒例(笑) 歌舞伎役者絵でご案内します。 

 

まずは第一部・第一 源平布引滝「実盛物語」九郎助住家の場からです。 斎藤別当実盛(愛之助) 、瀬尾十郎(亀鶴) が清盛の使者として 葵御前(吉弥) が匿われている九郎助(松之助) の家へ来ます。身ごもる葵御前が産む子供が男なら殺し、女なら許すという命令でした。そして生まれた子どもが布にくるまれていますが、中には「かいな(腕)」が! 怒る妹尾を実盛が唐の故事でやりこめます。実はこの腕は九郎助の娘の腕であり、娘は源氏の白旗を手放さなかったゆえに、源氏に心を寄せる実盛は旗を守るためやむなく娘小万(友右衛門) の腕を斬り落としたと物語ります・・・
c0317868_09244610.jpg




 

第一部・第二は 仮名手本忠臣蔵「道行旅路の嫁入り」五代目中村雀右衛門襲名披露です。大星由良助の倅力弥と加古川本蔵の娘小浪(雀右衛門) は許嫁でしたが、塩冶の家が取り潰しになったことで、その婚儀も本来流れるはずでした。力弥と添い遂げられないことを悲しむ小浪を見て、継母の戸無瀬(藤十郎) 娘小浪を力弥の嫁にしてもらおうと、供も連れずに母娘ふたりで、鎌倉から由良助たちのいる京の山科へと向います・・・
c0317868_09252304.jpg

 

第二部・第一は 菅原伝授手習鑑「車引」です。平安時代の菅原道真の失脚事件を中心に、道真の周囲の人々の生き様を描かれています。「車引き」は梅王丸(鴈治郎)、松王丸(愛之助)、桜丸(孝太郎)の三様の人物がそれぞれ役柄に合った演技を見せる場です。藤原時平を市蔵、杉王丸を廣太郎が演じています。
c0317868_09261424.jpg

 

第二は 「廓文章」吉田屋です。伊左衛門を人間国宝仁左衛門が、夕霧は五代目中村雀右衛門です。他に彌十郎、廣太郎、松之助、友右衛門、秀太郎が出演しています。今年の2月節分お化けでは、 とし真菜・とし夏菜 が熱演していました(笑)  何時もながら仁左衛門が登場しますと黄色い声援と割れんばかりの拍手!! 関西のファンは「孝夫ちゃん!」贔屓ですからね~(笑)
c0317868_09273043.jpg

 

第三は 「三升曲輪傘売」です。花の盛りの吉原仲の町へ、江戸で評判の傘売り、実は石川五右衛門(海老蔵)がやって来ます。賑やかに傘を売り始めている時、男たち(九團次、市蔵)に取り囲まれますが蹴散らしてしまいます。
c0317868_09265826.jpg

 

第三部・第一は 双蝶々曲輪日記「引窓」です。心ならずも人を殺してしまった関取濡髪潮五郎(彌十郎)が、母お幸(吉弥)に一目会いたいと人目を忍んで訪ねて来ます。しかし母には代官となった義理の息子与兵衛改め十次兵衛(仁左衛門)がいます。しかも濡髪を捕縛する役目を負っていました。実の子と義理の子の板挟みとなった母と互いの立場を思う息子たちが、人の世の義理と情愛の狭間で葛藤する名月の一夜。「自分の役目は夜明けまで、今日は生き物を放す放生会」と十次兵衛。濡髪は心から感謝して、そっと抜け道をさして落ちて行きます・・・
c0317868_09285857.jpg

 

第二は 「京鹿子娘道成寺」です。振袖姿の娘・白拍子花子(雀右衛門)は様々な引き抜き衣装で恋の踊りを披露します。いつしか花子は鐘の上に上り、蛇体の本性を表す「鱗模様」の衣裳になっていました。物の怪が外に出ようとする時、大舘左馬五郎(海老蔵)に 押し戻し されます。強力不動坊を廣太郎、強力普文坊を廣松が演じます。 余談ですが、大舘左馬五郎の衣装と国姓爺合戦「和藤内 (お座敷遊びの とらとら のモデルです)」は同じ衣装です(笑)
c0317868_09291066.jpg

 

尚まねき看板は例年通り 南座に掲げられていました。
c0317868_07565731.jpg

 

因みに開演前の様子です(笑)
c0317868_05010606.jpg

 


by ei5184 | 2016-12-27 04:53 | 京都2016 | Comments(10)
Commented by at 2016-12-27 05:03 x
おはようございます。
朝から 教養の少ない者には 姿勢が正しくなる内容でした。
最後の若い舞妓ちゃん 誰でしょうか?

先日のユニークな トークショウのヨシダナギさん
今月発売の日経ビジネス誌の「次代を創る100人」に選ばれていました。
良いトークショウが聴けて 良かったです。
Commented by arak_okano at 2016-12-27 07:33
eiさん、アラック、歌舞伎は一回も見たことがないんですよ、
舞妓さんと一緒に見たいですね、バグースです。
Commented by cynchia at 2016-12-27 07:44
おはようございます、ご一緒に、羨ましいです!
一度は見たいと思っています。
Commented by o-rudohime at 2016-12-27 08:32
この歌舞伎を見なければお正月が迎えられないと言うファンもいるのでしょうね。
舞妓さんにとってもこれも勉強 話題作りの一つなのでしょうか。
しかし舞妓さん連れの観劇とはなんと贅沢な事です事。
Commented by pikorin77jp at 2016-12-27 09:56
ほんとに ほんとに eiさん 贅沢だわ~~~^^
舞妓さん連れ、周りの方の目をひきますでしょう。。
Commented by ei5184 at 2016-12-27 12:08
凧さん、この舞妓さんはご存知ありませんでしたか?
涼香さんの一年上の妓でしたよ~ 思い出されましたか?(笑)
此処で撮ったのは彼女だけですので、内部の雰囲気を観てもらうために掲載しました>
Commented by ei5184 at 2016-12-27 12:13
arakさん、私も一年を通じて此処だけです。
しかし子ども歌舞伎は少し追っかけようかとも(笑)
Commented by ei5184 at 2016-12-27 12:15
cynchiaさん、是非ご覧ください。大阪松竹座でもありますし、
此処よりも観やすいようです。
Commented by ei5184 at 2016-12-27 12:20
himeさん、京都年末の風物詩ですからね~
そして何といっても 孝夫ちゃんのご贔屓が多いのです(笑)
周りは歌舞伎通も多く、先ごろ離婚した歌舞伎役者が
襲名した時なんか、ボロクソ、10年早いワ!(笑)
Commented by ei5184 at 2016-12-27 12:24
ぴこさん、最近は慣れてきましたが、10年前はこちらが恥かしくて
何時も団扇なんかで私は隠れていましたから(笑)
でも歌舞伎鑑賞は芸舞妓さん連れのご贔屓さんが
結構多いのです。会場に入りますと案外目立ちません。
金沢をどりは、大変目立ちましたが(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 冷たい夜風の灯り とし真菜 残紅葉の下で・・・ >>