舞妓勝奈 祇園白川の夜

 

陽が沈んだ祇園白川を訪ねましたが、桜の時の様なライトアップはありません。街灯の灯を頼りにISO感度を上げながらなんとか撮影をしました。
c0317868_18193671.jpg




 

お陰で春の様に囲まれることはありません(笑)
c0317868_18214134.jpg

 

街灯の灯だけでも何とか撮影が出来ました。
c0317868_18222631.jpg

 

最早、甲子園ライトは過去の遺物になりました(笑)
c0317868_18225716.jpg

 


by ei5184 | 2016-11-18 13:15 | 舞妓勝奈 | Comments(16)
Commented by rinkatu at 2016-11-18 13:29
おわら百戦錬磨の師匠なら
どんな暗がりだって明るく見えるもんですヽ(^o^)丿
Commented by ei5184 at 2016-11-18 18:03
rinkatuさん、オワラの暗闇から比較すると明るいですね~(笑)
同じレンズで撮影していますが、風の盆は暗い方が情緒があるのかも知れませんね・・・?
Commented by dendoroubik at 2016-11-18 18:18
「総天然色」のような色調がシビれますね!
これからドラマがはじまるような・・・
Commented at 2016-11-18 18:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kk5d2 at 2016-11-18 21:14
艶やかですね~~
とても素晴らしい写真見ることが出来て嬉しいです
Commented by ei5184 at 2016-11-19 04:40
dendoroubikさん、街灯の下での撮影は感度だけではなく
LEDあり、蛍光灯ありで、結構苦労します。
それもさっと撮ってさっと移動しなければ、なので(笑)
Commented by ei5184 at 2016-11-19 04:44
鍵コメさん、そうでしたか、正月は楽しみにしていましたが、
そう云う事情ならば仕方がありませんね。
どうぞ手術が無事に成功されて、2月の再会を楽しみにしています。
影ながら、お祈り申し上げます。
Commented by ei5184 at 2016-11-19 04:46
kk5d2さん、夜の撮影は色々な条件下で失敗が多いのですが、
何とか撮る事が出来ました~
Commented by girimasa485 at 2016-11-19 08:34
夜も雰囲気があってきれいですね!

甲子園ライトと聞くとまめ藤さんを思い出します。
懐かしいです。
Commented by zakkkan at 2016-11-19 15:58
ぱちぱち・・流石に、夜の風情が素晴らしい\(^o^)/
目の保養させていただきます・・
めったに、お目には書かれそうにない、姿です、ありがとうございます
Commented by ei5184 at 2016-11-19 16:59
girimasaさん、ははは・・・元は彩乃さんの時に補助照明として探してきたのですが、
彼女が名付け親でした(笑) 最近は風の盆に倣い、出来る限り街灯やら提灯だけの灯で撮る様に。
影が出来ても、その方が自然でいいかっ!(笑)
Commented by ei5184 at 2016-11-19 17:03
zakkkanさん、ありがとうございます。
夜に外で撮る事は花街の中だけですが、この日は祇園をどり鑑賞後の寄り道。
予想よりも人が少なかったので、ほんの数カットだけのスナップでした。
Commented by o-rudohime at 2016-11-20 14:02
自然な色合いと自然体の勝奈さんライトアップなど必要なく美しいです。
Commented by ei5184 at 2016-11-20 16:06
himeさん、お帰りなさい。旅行は如何でしたか?
紅葉真っ最中? きっと素晴らしい思い出がまた新たに加わった事でしょう。

祇園をどりの帰り、食事へ向かう途中に立ち寄ってみました。
街灯のあかりの下でのスナップでした(笑)
Commented by みりおじ at 2016-11-21 20:41 x
甲子園ライトが無いとはいえ、この時期、囲まれなかったのは奇跡ですね!

しかし、ホント、デジカメの高感度性能、上がって撮影の幅が広がりました。
Commented by ei5184 at 2016-11-25 21:59
みりおじさん、お返事が遅くなりました! 紅葉ボケでした(笑)
ISO感度は12000まで可能です。
もうライトは要りませんね~
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 高雄山神護寺 紅葉 金沢雪景色・ひがし茶屋街 >>