舞妓勝奈 金沢へ・長町の壱

 

9月22日~25日まで恒例「金沢おどり」が開催されました。加賀百万石の時代よりも長い歴史があると伝わる、ひがし、にし、主計町三茶屋街の芸妓による伝統芸能踊りです。その観賞を兼ねて金沢を訪ねました。( NHK eテレ 10月14日(金)午後11時~11時54分・再放送10月17日(月)正午~午後0時54分に日本の芸能として放送されます ) 折角なので駆け足ですが、三茶屋街の見学へも・・・又長くなりそうですが、宜しくお付き合いください。 先ずは長町武家屋敷跡から!
c0317868_17200759.jpg




 

時折ほんの少しの雨が・・・金沢でも朱傘が要ります(笑)
c0317868_17223898.jpg

 

え~ うちは雨女どすか~  多分ね!?
c0317868_17231849.jpg

 

雨が止んだようどす・・・
c0317868_17240317.jpg

 

では、見返り美人を(笑)
c0317868_17244689.jpg

 

又ポツリと、来ましたえ~
c0317868_17414428.jpg

 


by ei5184 | 2016-09-30 04:57 | 舞妓勝奈 | Comments(36)
Commented by at 2016-09-30 05:02 x
古都にピッタリの上品さ
朱傘で 益々 魅力が増しますね。
師匠の泪雨でしょうか
ファンとして うっとりと眺めています。

Commented by o-rudohime at 2016-09-30 07:21
久しく見なかったので勝奈さん少しお姉さんぽくなり一段と色っぽく美しいですね。
飾りの少ない髷も似合ってブログ上の御贔屓さんが倍増するのではないでしょうか。
Commented by arak_okano at 2016-09-30 07:23
「勝奈さんIN金沢」、これまた良いですね。
勝奈さんの追っかけ金沢にバグースです。
Commented by rinkatu at 2016-09-30 07:28
勝奈さん金沢に???
25日は自分も金沢に近く...(-.-)
同じ金沢の空気吸ってたと思えばまぁいいか(^^)
師匠、勝奈さんをありがとう(^^)/
師匠、羨ましいぜぃ!!!
Commented by cynchia at 2016-09-30 08:13
おはようございます、美しい、目が覚めましたよ、
金沢、寄りましたが?
Commented by otomeurarafuku at 2016-09-30 09:22
おはようございま~す♪
金沢での勝奈さん 薄化粧で綺麗ですね
違う場所で聞く京言葉・・・
周りの方も なぜに金沢に舞妓さん?
と思われたのではないのでしょうか
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-09-30 10:53
こんにちは
勝奈さん、相変わらずお綺麗で、可愛いですね。
金沢でデートですか。
本当にもう、限りなく羨ましいです(笑)
Commented by 松ちゃん at 2016-09-30 11:51 x
 エぇー。こんなことはeiさんにしかできません。
どうして!!。 やはりeiさんは、ドラえもんです。誰かさんのコメントにありましたが。
金沢の雨もいいもんです。美女。
Commented by ei5184 at 2016-09-30 12:10
凧さん、サンダーバードで金沢に向かう途中は結構降っていた雨でしたが、
金沢に着いた時は霧雨に近いくらいに。私は傘なしで撮っていたぐらいです。
夕方の踊り鑑賞まで、タクシーで観光旅行でした(笑)
季節の花の合間に掲載していきます。
Commented by ei5184 at 2016-09-30 12:15
himeさん、今年の夏は浴衣のシーンが多かったので
からげ姿ではありますが、少し雰囲気が違っていたのかも?
それと京都に勝るとも劣らない背景が、余計に引き立ててくれますね~
Commented by ei5184 at 2016-09-30 12:21
arakさん、夕方の金沢おどり観賞時間まで、
駆け足観光を楽しみました。
三つのお茶屋街も彼女のお蔭で、何時もの景色が更に趣が出ましたよ~
Commented by ei5184 at 2016-09-30 12:24
rinkatuさん、訪ねたのは23日でした。駆け足観光でしたが
尾山神社やお城跡も立ち寄りましたので、又合間に掲載します。
Commented by ei5184 at 2016-09-30 12:27
cynchiaさん、毎年訪ねている金沢ですが、
今回は久々に舞妓同伴で訪ねる事が叶いました。
色んな場面が登場しますので、お付き合いください。
Commented by ei5184 at 2016-09-30 12:34
otomeurarafuku さん、意外と周りの観光客は舞妓とは気づいていない様でした。
遠巻きに私と彼女を見ていて、何かの撮影と間違っていたのかも?
時々気づく人がいたのですが、それでも遠慮気味に後ろから何枚か撮っていただけでした。
又後日掲載しますが、ある店先で撮影の許可をお願いした処、その方も京都から来た舞妓と
こちらが説明するまで? ?でした(笑)
Commented by zakkkan at 2016-09-30 16:40
金沢ですか
一度だけ、東茶屋街を訪ねました
それは、それは、趣向を凝らしたお部屋に案内されて、彷彿した記憶
ただ、こうしたお姉さんにはお会いできませんでした・ね

昨日、テレビで、結髪師さんを放映してましたね
この髪型が、時代で変化していく様
私には、どれも、みな同じに見えますが・・(笑)
こうしてeiさんのお写真を拝見していると・
どかで共通点が、楽しめます・・
Commented by ei5184 at 2016-09-30 17:17
旅プラスさん、9月末の恒例金沢おどり観賞へ。 
折角なので三茶屋街やその界隈も観光に(笑)

Commented by ei5184 at 2016-09-30 17:24
松ちゃん、金沢おどりの観賞に来ました。
折角なので開演までに市内観光をしている時です。
どこでもドアがあれば、嬉しいのですが(笑)
この後も季節花の間合いに掲載しますので、お楽しみください。
Commented by ei5184 at 2016-09-30 17:38
zakkkanさん、ひがし茶屋はどちらでしたか?
金沢には舞妓はいませんので、カテゴリーの金沢をご覧ください。
その中の懐華楼か金沢おどりをご覧頂くと、金沢芸妓さんが登場します。
掲載はしていませんがお茶屋 藤としさんへも上がり、涼香さんや真砂美さんに来て頂きました。
京都の芸妓さんとは上手く説明できませんが、少しだけ違います(笑)
芸妓は鬘ですが、舞妓は地毛で結います。季節によっては変わり髷もありますので、
又お時間があります時にでも、勝奈さんや芸舞妓さんを遡って下さい。
Commented by kanazawakomati at 2016-09-30 21:17
美しい人を美しく撮るコツご伝授くださいませ〜╰(*´︶`*)╯♡
Commented by surf4883maturi at 2016-09-30 21:29
eiさん こんばんは
 風以来忙しく御無沙汰しておりました。おわら〆は皆さん一押しの彼女で〆て頂ありがとうございました。
おわらの時お話頂いた金澤おどり一度見に行きました。最終回まで楽しませて頂ます。
 東、西、主計と三茶屋街大好きで何度も訪れております。友人が東茶屋の一本裏手に住まわっております。小さい頃は芸妓衆に遊んでもらった経験を持っています。なんと優雅な事かとやっかんでおります。
 eiさん金澤編期待申し上げます。
Commented by kk5d2 at 2016-09-30 21:41
いつ見てもお美しい~
金沢の古都にも見事マッチされてますね~
続きのUpも楽しみにしています。
Commented by monkichii at 2016-09-30 23:12
勝奈さんが金沢に来られたのですか???
教えて下されば絶対に飛んで行ったのに(笑)
っと言うか舞子さんを連れての金沢旅行なんて
ei師匠か中村橋之助ぐらいですよ・・
Commented by miyakokoto at 2016-10-01 04:58
金沢までお出かけでしたか? 本当にお忙しいですネ
綺麗なものをより綺麗に撮られる eiさん 作品の良さで、おは疲れは無いかもしれませんネ・・!?
↑の格子戸のガラスに映る赤が輝いて居ます!お見事です。
Commented by 臥雄 at 2016-10-01 06:22 x
勝奈さんは、白塗り姿よりからげ姿が好みです。
歴史ある金沢の町を背景に、和傘に雨よけコート(?)姿の舞妓さん、絵に描いたような風景ですね。
(おわら風の盆、全編楽しませていただきました。私は、今年も「浮いたか瓢箪~」聴くことできず。)
Commented by ei5184 at 2016-10-01 06:59
金沢小町さん、すばり見たままを撮る事です(笑)
彼女に限らず折角撮られるなら、ご自身の一番撮ってほしい処がありましょう。
私なりにそれが何かを撮影しながら必死で探しています・・・
Commented by ei5184 at 2016-10-01 07:08
maturiさん、金沢おどりご覧になりましたか!
京都の五花街の踊りとは又違う楽しさがありますね~
2年前に「峯子」さんと「乃莉」さんによる、最後の小鼓と笛「一調一管」の舞台が思い出されます!
今年は亡き峯子さんに替わり一調一舞を拝見しましたが、乃莉さんの小鼓はまだまだ健在でした。

東茶屋の一本裏手とは南北どちらでしょうか?
今回は時間の都合で南側を大急ぎで(笑)
Commented by ei5184 at 2016-10-01 07:10
kk5d2さん、特に土壁を背景にすると
朱色が映えました。 京都でも中々ありませんから・・・
Commented by ei5184 at 2016-10-01 07:16
monkichiiさん、ハハハ・・・こちらは云わば「親子」です。
決して「孫」ではありませんが!(笑)
舞妓さんは芸妓への準備に日々精進を重ねますが、
たまの息抜きと技芸の勉強を兼ねて、こんな機会を!
10月8日~12日は彼女も京都で舞台踊りですよ~
Commented by ei5184 at 2016-10-01 07:21
miyakokotoさん、ありがとうございます。
この後にし茶屋街や主計町も行きますが、そこはご存知「木虫籠」と呼ばれる出格子が美しいのですが、
背景にしますと、更に勝奈さんが映えましたよ~ 後日掲載します。

Commented by ei5184 at 2016-10-01 07:26
臥雄さん、ハイ、雨合羽です。着物ですので雨の日は必ず着用します。
傘との組み合わせも絵になりますので、決して邪魔にはなりません。
ただし晴れているのに時々雨傘を持たせて撮っているのを見かけますが、あれはよくありません!
その時は日傘を持たせます。

浮いたか瓢箪・・・最終日にこれを聴くと泣けてしまいますね~
Commented at 2016-10-01 20:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ei5184 at 2016-10-02 05:00
鍵コメさん、何時も貴重なお知らせをありがとうございます。
生憎お返事した様な事情で今回も出かける事が叶いません。
何時の日か・・・と願っています!
Commented at 2016-10-02 16:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ei5184 at 2016-10-02 18:01
鍵コメさん、その通りですよ! 多分初期の段階で誰かに
三脚使用を教わっていたのかもしれませんね~
TPOの指導と、一番大事なマナーを徹底するべきだと思います。
プロと名の付くカメラマンに、これが欠如している何人かに注意をしています!
Commented at 2016-10-15 23:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ei5184 at 2016-10-16 04:45
鍵コメさん、ロンドンからありがとうございます。
皇太子とダイアナ妃が仲睦まじかった頃に、ロンドンに数週間ですが居ました。遠い昔の話ですが(笑)
さて、掲載の件ですが、風景写真に関しましては、クレジット入りであれば構いません。
お心遣いを頂いたように、芸舞妓、或いは一般の方の人物写真掲載は、全ての方にお断りしていますので
どうぞご理解を宜しくお願いします。 掲載されましたら、又ご案内を頂けます様にお願いします。
但し、今回の様に日本語で(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 舞妓勝奈 金沢へ・長町の弐 おわら風の盆-2016-エピローグ >>