時代劇 第3巻 衣装編

 

引き続いて俳優「 平井 力 」 さんの裃の着付けです。足捌きをよくする為裾をたくし上げます。
c0317868_17084724.jpg




 

帯を結びます。
c0317868_17134541.jpg

 

いよいよ「 肩衣 」です。
c0317868_17150856.jpg

 

肩衣の前を角帯に通しますが、向かって右の家紋を少しだけ上になる様にするそうです。
c0317868_17172043.jpg

 

袴をつけます。
c0317868_17200772.jpg

 

肩衣のたるみが無い様に、或いはズレたりしない様に工夫がなされています。
c0317868_17231384.jpg

 

二本差しで完成しました。
c0317868_17251750.jpg

 

映画のスチール撮影のつもりです!(笑) 
c0317868_17285213.jpg

 

この後この衣装のままで、普段見学が出来ない撮影所内のご案内をして下さいました。科捜研の女のセットなんかが目の当たりに! 因みに俳優「平井 力」さんは科捜研の女で、死体となり解剖される役で出演されていたそうです。その時の沢口靖子さんのエピソードが面白いのですが、此処ではコメントできません(笑)  楽しいお話や裏話、そして撮影と掲載の許可をありがとうございました。今後主役級となられてご活躍されます様に、お祈り申し上げます。 ご覧頂く女性の皆様、どうぞ熱きファンレターを!

 


by ei5184 | 2016-10-07 04:55 | スナップ-2 | Comments(16)
Commented by o-rudohime at 2016-10-07 07:17
よくぞここまでの楽屋裏を見せて頂けましたね。
やはりeiさんはただ者じゃないわね。
鏡のマジック 後ろ姿が写るのは納得 顔が写っているのは?
肩衣の左肩家紋を上に少しずらすのはなぜ?
早く死人役から脱出してテレビに映り日本中のファンが付きます様に・・・・
Commented by miyakokoto at 2016-10-07 07:30
おはようございます(^^♪
 普段見られ無い・・・凄いですネ そのような所を撮影・・!!
居ながらにして魅せて頂き、幅の広さにため息が出ます!
Commented by cynchia at 2016-10-07 08:26
おはようございます、かけない話、聞きたくなりますよ。楽しませていただきました。
Commented by arak_okano at 2016-10-07 09:51
eiさん、いやいや、貴重な体験をされましたね、そしてありがたい
報告に感謝します、バグースです。
京都といえば時代劇の聖地、いや映画の聖地(今ではTVが多いのかな)ですね。
時代劇、今ではお侍もちょんまげもないのに、何で見てしまうのかな。
Commented at 2016-10-07 10:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by BBpinevalley at 2016-10-07 14:41
これは楽しいですね〜
袴はこうやって着るんだ、知りませんでした。
紋付の紋が貼ったような感じですが、ひとつの着物を違った家紋で着られるようにかしら?
ヘアースタイルも、時代劇に出る方はあんな風にしないとダメなんですね。
俳優さんも大変ですね。
Commented by zakkkan at 2016-10-07 15:31
中々色っぽいですね
艶っぽいのは、女性にも男性にもあるようですね・・
その一瞬を引き出せる妙味、流石にeiさんのレンズ越しの気配が伝わります
いいですね・・風景も、人物も、益々ファンになります
Commented by ei5184 at 2016-10-07 17:38
himeさん、イエ、只者です(笑) 鏡はマジックでも何でもありません。
正面と背面とにあればいくらでも映し出せます。 これを芸舞妓撮影にも使いたい(笑)
左肩家紋を上に少しずらすのは? 実は私も質問をしましたが、
特に理由はなく、諸先輩からの教えとか?
科捜研の女に限らず、チャンバラでも切られ役から、切り捨てる主演に期待したいですね~
Commented by ei5184 at 2016-10-07 17:42
miyakokotoさん、化粧や衣装など映画やTVで観る時に
こう云う楽屋裏を知ると、又違った視点で観られるのかも?
とてもいい機会を設定してくれたJR東海さんに、感謝です!
Commented by ei5184 at 2016-10-07 17:44
cynchiaさん、面白いのですがね~ しかし万が一? があれば一大事!
お互いの幸せの為に、私だけの秘密に(笑)
Commented by ei5184 at 2016-10-07 17:47
arakさん、ハイ、この様な舞台裏の見学は貴重でした。
撮影と掲載のご了解にとても感謝しています。
それならばと、大いに宣伝して、主演の役者さんへと期待を込めて
どうぞ応援を宜しくお願いします(笑)
Commented by ei5184 at 2016-10-07 17:48
鍵コメさん、マタマタ貴重な情報に感謝です。
一度は行きたいと願っていますので、ありがたい事です。
Commented by ei5184 at 2016-10-07 17:52
BBpinevalleyさん、京都は立ち寄られましたか?
面白いでしょう! 勿論私も初めて拝見しました。
鋭いですね~ 確かに家紋は使い回しが出来る様にと思います。
尤も主演になりますとご自分専用を新調されるのでしょうが!
早くそうなってほしいと願います。
Commented by ei5184 at 2016-10-07 17:57
zakkkanさん、男優さんは女優さんよりも艶を出す!
超と名の付く一流役者さんはその様に云われるのだそうですね。
歌舞伎役者が最たるものとか! 
云われてみれば、仁左衛門さんなんかはそうですね~ 
登場した途端の黄色い声援は びっくりしますもの(笑)
Commented by kk5d2 at 2016-10-07 20:08
すごくかっこいいですね~
素敵な作品ですね
Commented by ei5184 at 2016-10-08 17:17
kk5d2さん、中々こう云う機会がありませんので
ラッキーでした!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 善峯寺 秋明菊を訪ねて・・・ 時代劇 第2巻 化粧編 >>