時代劇 第2巻 化粧編

 

東映の俳優「 平井 力 」 さんです。
c0317868_16534563.jpg




 

ただ今の役柄でこの様なヘアースタイルをされていました。さて、今から武士に変身します。その一部始終の撮影をさせて頂きました!
c0317868_04104349.jpg

 

まずは羽二重を頭に付けます。
c0317868_16395105.jpg

 

この羽二重にドーランを入れていきます。
c0317868_16440064.jpg

 

c0317868_16442616.jpg

 

丁寧に肌と同じになる様に仕上げていきます。
c0317868_16462113.jpg

 

次に眉を描きます。
c0317868_16485676.jpg

 

さらに目張り化粧です。
c0317868_16503166.jpg

 

最後の仕上げ化粧です。
c0317868_16515110.jpg

 

いよいよ鬘を被ります!
c0317868_16524303.jpg

 

鬘との境目を解らなくしてトップ画像が出来上がりました。(笑)

 

引き続いて衣装編です。

 


by ei5184 | 2016-10-06 04:58 | スナップ-2 | Comments(12)
Commented by o-rudohime at 2016-10-06 06:44
化粧をするときは男女を問わず真剣な眼差しになりますね。
歌舞伎 舞妓さん達も羽二重を付けるところからすべて自分でやるのかしら。
今朝は念入りに化粧をしなくては。
Commented by cynchia at 2016-10-06 07:57
おはようございます、素晴らしいです、一人でだと器用でなければダメですね。私だと、ます、ずれます。
Commented by shinrajuku at 2016-10-06 10:49
むか~し、昔、今から40年ほど前に行った頃は
オープンセットとちょっとしたショーがメインだったような気がしますが、
HPを見ると今は色んなアトラクションやツアーにイベントと
盛りだくさんでまさしくテーマパークですね。ちょっとビックリしました。
次回行かれた際にはeiさんのお殿様扮装を是非!!^^
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-10-06 10:56
こんにちは
こういう化粧の場面を初めて見ましたが、鬘を被る前段階も大変なんですね。
慣れてるのでしょうが、それにしても手際よい見事な変身ぶり。
夏の時代劇はつらいという理由が、鬘にあるということがわかりました(^。^)
Commented by ei5184 at 2016-10-06 16:02
himeさん、舞妓は地毛ですから羽二重はありませんが、芸妓はありますね。
勿論お化粧方法は違うようですが、残念ながら未だ見せて頂いていません。
もしも撮影が出来たとしても、それらは全て私のお宝にしておきます(笑)
Commented by ei5184 at 2016-10-06 16:04
cynchiaさん、これは先輩の化粧を観て盗むのだそうです。
だれも教えてくれないそうですよ。
しかし、売れて来ると専属のメークさんが付くので
本人は寝ていても仕上がっているようです(笑)
Commented by ei5184 at 2016-10-06 16:08
shinrajukuさん、子供も楽しめるテーマパークの様相でした。
丁度何かの時代劇の撮影も撮っていましたが、気の遠くなる様な時間をかけていますね!
殿様や新選組なんかの扮装が人気のようですが、
やはり私は、撮る人に徹っします(笑)
Commented by ei5184 at 2016-10-06 16:13
旅プラスさん、羽二重の締め方の良し悪しが、後に影響してくるとの事です。
つまりきつすぎると鬱血してきて、顔の色が変わるのでNGなんです。
例え切られ役でもそう言う基礎的な化粧が出来ないと、出して貰えないとお話しされていました。
色んな番組の裏話がとても面白く、話術も巧みで、この方が無名なのが不思議なくらいでした!
Commented by otomeurarafuku at 2016-10-06 19:59
お侍になっていく様子
お化粧から鬘を被るところまで
お写真で じっくり(*^_^*) 見させていただきました
眉を描かれる 真剣なまなざし かっこいいですね~
Commented by miyakokoto at 2016-10-07 07:27
おはようございます(^^♪
 少しご無沙汰になっている間に、ガラッと作品が替わりましたね♪
人物を上手く撮られる eiさん・・・女性も男性も同じ・・・ではないでしょうネ(笑)
Commented by ei5184 at 2016-10-07 12:12
otomeurarafukuさん、凄い変身でしょう!
しかもスタートしてから僅か20分程度でした。
ご自身自ら説明したり、面白い裏話をしたりですよ~
こんな風にするのかと、感心しきりでした!
Commented by ei5184 at 2016-10-07 12:21
miyakokotoさん、いえ、女性も男性も同じです(笑)
初めて訪ねた映画村と撮影所でしたが、
面白かったですよ~ 撮影はNGでしたが広大なスタジオ、
映画蒲田行進曲の階段落ちの処や、科捜研の女のセット等々。
駐車場にはこの日撮影所入りされていた有名人の名前が書かれていたりとか・・・
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 時代劇 第3巻 衣装編 時代劇 第1巻 廓 >>