おわら風の盆-2016-鏡町・恋の踊り

 

今から12年前のことです。一枚の写真に目が留まりました。風の盆と云うタイトルの写真でした。そこには後ろ姿の編み笠を被った男性がやはり編み笠を被った女性の肩に手をおいていました。盆踊りと聴いていましたが、ハテ、盆踊りで肩に手をおく踊りとはどのようなものだろうか? そのあくる年に初めて八尾の町を訪ねました。その時の写真は副島でしたが、鏡町の恋の踊りを観て以来、すっかり風の盆の虜になってしまいました・・・
c0317868_04545583.jpg




 

< 唄われよ わしゃ囃す >
ふくら雀に 文ことづけて 道で落とすな  開いて見るな
c0317868_05052412.jpg

 

< キタサノサードッコイサノサ >
可愛い殿御の オワラ 手に渡せ
c0317868_05073864.jpg

 

竹になりたや 茶の湯座敷の ひしゃくの柄の竹に 
c0317868_05084598.jpg

 

いとし殿御に持たれて 汲まれて一口 オワラ 呑まれたや
c0317868_05105163.jpg

 

春風吹こうが 秋風吹こうが おわらの恋風 身についてならない
c0317868_05182133.jpg

 

前に廻りて 羽織の紐をば 結ぶと言うのも 思いが過ぎる 
c0317868_05185211.jpg

 

今一度主の お顔みたさの オワラ そのために
c0317868_05194529.jpg

 

 

さて、私は鏡町をあとにして天満町へ向かいます。 鏡町からは下り坂とは云え結構な道のりです。天満町にたどり着くまで暫し休憩に入りたいと思います。その間は季節の花をお届けします。

 

しょまいかいね しょまいかいね 一服しょまいかいね  一服してから それからまたやろかいね

 


by ei5184 | 2016-09-20 04:57 | おわら風の盆-2016 | Comments(28)
Commented by at 2016-09-20 05:07 x
台風の朝 記録的な大雨にならない事を祈っております。
「恋の踊り」と言う 心地よい響き
編み笠の魅力でしょうか
これも 師匠の腕があっての この画像です。
毎朝 ありがとうございます。
Commented by BBpinevalley at 2016-09-20 06:29
私が日本にいない間に、各地で踊りのイベントみたいなのが盛んになったようですが、
ラスベガスみたいなお化粧に茶髪、巨大な笑顔を振りまく踊り子さんたちは、どうも苦手です。
ご本人は楽しそうですが、どうも日本らしくなくて…
このように、変わらない日本の美と文化を継いでいる踊りを見ると、ホッとします。
美しいです。
編笠の下からわずかに垣間見える表情…それがいいですよね。
リオのカーニバルまがいのには辟易します。
こんなこと言っちゃいけないのかもしれませんが、本音です。
おわら風の盆のブログ、堪能させていただきました。
ありがとうございます。
Commented by よう at 2016-09-20 07:58 x
歌の歌詞を聞いて、踊りの写真を拝見すると、より一層情景が浮かんできます。
先のコメントでのアドバイス有難うございます!
計画立ててみようと思います!
Commented by o-rudohime at 2016-09-20 08:16
今一度主の お顔見たさの オワラ そのための・・通い詰めたくなる気持ちになる情緒あふれる光景です。
これでも女ですからネ~ 案山子踊りや編み笠からチラリと見える男衆は魅力です。
Commented by rinkatu at 2016-09-20 10:51
師匠のおわらとの出逢い、なれ初め
へぇ~でした^^
一枚の写真が人を動かす!
そういうのいつか撮りたいもんです!!
Commented by otomeurarafuku at 2016-09-20 13:15
「おわらの恋風」にさそわれて eiさんも虜になられたのですね~
歌詞と踊りを見させていただいて
想像の翼を広げています~♥♬ いいですね~

Commented by 松ちゃん at 2016-09-20 13:57 x
 このページに巡りあえたのも「おわら」です。
ホントに不思議な画ばかりで、eiさんマジックと呼ばさせております。
おわらの歌詞は300以上あるようで、このように説明して頂くと良く分かります。
時間がかかりそうですが、思う存分お願いします。
 
 囃しことばの「唄われよ」が大好きです。まず「歌」から…。
ホントは「踊られよ」かも知れませんが、
Commented by zakkkan at 2016-09-20 14:21
私は、一度は嵐で中止になり
翌年は、豪雨の止み間を待ちました
そして、あの静かすぎる胡弓の音と、時折パット!浴衣を伸ばした時の音
それに優しさを添える女性の仕草、そうでした・・そうでした・・
盆踊りなのに・・艶っぽさがありましたね
虜になる所以・・解ります、こうして見せていただくと、殊更です・・
Commented by ei5184 at 2016-09-20 15:24
凧さん、台風の被害が無い様にお祈りします。

此処鏡町のこのシーンを初めて見た11年前を思い出します。
一番明るい雪洞を利用してしか撮れませんでした。
勿論踊りの振付も全く知る由もない時です(笑)
Commented by ei5184 at 2016-09-20 15:41
ようさん、唄も好いでしょう。是非「越中おわら節名人競演集」のCDを聴いて下さい。
聴けば聴くほど涙が出てしまいますよ~(笑)
来年是非計画して下さい。最終日の日付が変わる頃には
天満町に夜明けのお開きまで居ます。是非お立ち寄りお声を掛けて下さい。
Commented by ei5184 at 2016-09-20 15:42
himeさん、早速の旅行記楽しませていただいています!

ハイ、踊りが終わるや否や編み笠をとった男性踊り手と一緒に
記念撮影をお願いしている女性陣が沢山いますよ~(笑)
Commented by ei5184 at 2016-09-20 15:45
rinkatuさん、いや既にrinkatuさんの写真を拝見して
これは一度訪ねなければと思う行事や場所が!
距離があるので直ぐにとは行きませんが、もうボチボチ仕事も完全リタイア?
の積りになりつつありますから、来年中には??
Commented by ei5184 at 2016-09-20 15:49
otomeurarafukuさん、ふとしたきっかけでまさか10年も通うとは(笑)
私の好みに合致したのでしようね~ 或いは丁度そのような年代にもなっていたのかも・・・
未だ暫くは通いそうです。 中々全くの新発見! とは行かないかも知れませんが、
毎年新たな何かを求めに・・・
Commented by ei5184 at 2016-09-20 15:52
松ちゃん、おわらの歌詞は300以上もありますか!
私の処に登場するのはたかが知れています。
でももう少し調べてみます。そこにつながる撮影のヒントがあるのかも?
何時も温かいコメントに感謝です!
Commented by ei5184 at 2016-09-20 16:00
zakkkanさん、台風で中止がありましたか!
私は何年前だったか、台風の接近中でも出かけましたが、
その時は台風が逃げてくれました(笑)
昨年も10年間で一番雨が多くて、何度も中断しては、雨が止んだら再開の繰り返しでした。
でも最終日天満町の夜明けの町流しは無事行われました。
さて、来年は金~日と曜日にも恵まれますので、天気次第では私の記録の
26万人超えがあるのかも?
Commented by shinrajuku at 2016-09-20 16:13
12年前の1枚の写真がeiさんをおわらに導き、
今eiさんの写真がまた別の方をおわらに導く・・・
踊る側も見る側も連綿と受け継がれていくのですね。

eiさんの目にとまったという12年前の1枚の写真、
見てみたいものです。
Commented by ei5184 at 2016-09-20 16:52
shinrajukuさん、福島の衣装を着た後姿、しかも上半身だけの写真でした。
左手が女性の肩に置かれている、そんな盆踊りがあるとはにわかに信じられません。
そうだ確認に行こう(笑) 高橋治さんの小説も知らず、動画も未だ無かった時です。
実際に鏡町で観たものは、写真で見たものとは全くイメージが違いました。
あっと言う間に嵌ってしまいました(笑) 未だ風の盆を現地でご覧になられていない皆様、
私の写真がいかに稚拙かは、現地へ行かれると直ぐに解りますから(笑)
Commented by kanazawakomati at 2016-09-20 17:54
これこれ
「一服しょまいかいね♪」の一節であちこちで優しい笑い声が聞こえ妖艶な踊りの中で私もホッコリしたんですよ(^^)
この感じ現地でしか感じられないでしょうね〜

Commented by miyakokoto at 2016-09-20 18:02
まだ、一度も行った事が無いですが・・・
この風情伝わって来ます。現場で居れば感動ですネ!
素晴らしい光景です。
Commented by ei5184 at 2016-09-20 18:11
金沢小町さん、「一服しょまいかいね♪」 好いですよね~
このお囃子が唄われた時は、一緒に口ずさみます!
しかし、「浮いたか瓢箪 かるそに流れる 行先ァ知らねど あの身になりたや」
が唄われた時は、涙が流れてしまいますね~
Commented by ei5184 at 2016-09-20 18:17
miyakokotoさん、嬉しいコメントをありがとうございます。
取敢えず前哨戦として(笑) 来年の5月に大阪駅の時の広場で催される?
八尾高校生によるオワラ踊りをご覧下さい。
そののち風の盆に行ってみようと思われたら、ご案内しますから。
現地には風の盆のファンが待ち受けてくれていますよ~
Commented by kk5d2 at 2016-09-20 18:25
素敵な作品を今日も見れてうれしいです~
祭りの撮影今年は行けてないです
Commented by ei5184 at 2016-09-20 18:35
kk5d2さん、10月は秋祭りの本番! 尤も私も1か所か2か所でも訪ねられたならと・・・
又撮影が出来ましたら、是非拝見させて下さい!
Commented by pikorin77jp at 2016-09-20 21:54
編み笠の下、、、凄くイケメンと美女にみえるものですね^^カッコいいです!
Commented by ei5184 at 2016-09-21 04:58
BBpinevalleyさん、>ラスベガスみたいなお化粧に茶髪・・・(笑)
決して悪いとは思いませんが、日本人にはまず似合いませんね~
何百年も続いてきた踊りや唄はやはり理由があるようです。
多分これからも永遠に続いて行く事でしょう。
京都の芸舞妓も、おわら風の盆も、阿波踊りも、盛岡のさんさ踊りも、秋田の西馬音内盆踊りも
みんな伝統的な日本人の美しい文化ですもの!
Commented by ei5184 at 2016-09-21 04:59
ぴこさん、ハハハ・・・実際にもイケメンと美人でした!
Commented by bakubaku at 2016-09-21 09:05 x
何度も繰り返し拝見しています。
綺麗なお嬢さんが踊りに恋をして、彼に恋して地元に残り、子供を産んで、その子が又踊る。
その繰り返し、そのひと駒を見ているようです。
Commented by ei5184 at 2016-09-21 16:52
bakubakuさん、ありがとうございます。
鏡町の踊り手さんで、一昨年までおられた方がご結婚されていました。
近い将来お子様との共演が見られるのかも知れません。
更にこの後に掲載予定の・・・お楽しみに(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 美山茅葺の里 蕎麦の花 おわら風の盆-2016-鏡町・... >>