おわら風の盆2016-速報5

 

日付が変わった最終日の深夜、胡弓の音色と爪弾く三味線に合わせて、おわら節が聴こえて来ました。 その場に留まり唄を口ずさみながら待っていますと・・・地方衆だけの町流しです。これには地元の方も窓から顔を出して楽しまれます。
c0317868_17192480.jpg




 

富山行始発電車に備えて越中八尾駅に向かう途中の事です。駅へ行くには福島(ふくじま)を通ります。 その時です、マタマタ哀調漂う胡弓の音色が響いてきました。駅への歩みはその音色へと方向が変わります。
c0317868_17243472.jpg

 

最早雪洞の灯は乏しすぎて役にたちません・・・
c0317868_17262464.jpg

 

暗闇の中で唄い奏でる。 そして踊ります・・・これが「おわら風の盆」なのです。 数えるばかりの僅かな観客は彼等の邪魔になるフラッシュ撮影をする者は、誰一人として居ません。撮影が困難とわかればカメラを仕舞い、静かに風に吹かれていればいいのです。そうすれば観客も風の盆になる事ができますから・・・
c0317868_17321297.jpg

 

さて、このブログにも越中おわら節が聴こえて来ました。 私は風の盆のブログ更新時は何時も「越中おわら節名人競演集」のCDを聴きながら作っています。 この名人競演集には12名のお名前が載っています。既に11名の方は故人となられていましたが、唯一ご存命だった天満町・唄の「桐谷正治」さんは、惜しくも本年4月22日にご逝去されました。 しかしコクボ(川窪)おわらは後進の地方衆に見事なまで受け継がれています。 2016年「おわら風の盆」が幕開けです・・・

 

越中で立山 加賀では白山 駿河の富士山 三国一だよ

 


by ei5184 | 2016-09-10 04:55 | おわら風の盆-2016 | Comments(18)
Commented by anatatoyu at 2016-09-10 07:09
見たこともないのに、情景が瞼の裏に広がるようです。
楽しみです。
Commented by rinkatu at 2016-09-10 07:11
暗い中ではカメラ置く
今年は自然にそうなりました
足を止め聞き入ることも増えてきたような
そんなおわら2016でした
eiさんから、まだまだ教えてもらうことだらけです(^^)
Commented by manekinntetti at 2016-09-10 08:28
おはようございます。
暗闇の中での唄と踊り・・・

想像しただけで私は口をつぐみ感動で鳥肌が立ちました^^
Commented by pikorin77jp at 2016-09-10 13:37
すべての写真にぞくぞくします。暗闇でも ノーフラッシュなのですね。
Commented by 臥遊 at 2016-09-10 16:45 x
暗くてシャッターが切れない時は、後に付いて「おわら」を楽しむ。いや、撮影可能な時も・・・
そんなことがだんだん増えてきました。
ところで、先日「越中おわら節名人競演集」をネットでポチッ。今日手元に届いたので、早速聴いています。
Commented by ei5184 at 2016-09-10 18:54
ゆうさん、この様なシーンに出会えるのですよ~
私の撮影もこれが限界。これ以上の暗闇へ流した時は、
あとから静かに、邪魔にならない様について行きます・・・
Commented by ei5184 at 2016-09-10 19:01
rinkatuさん、私も通い出して3年くらいは全ての町を観ようとしていました。
しかしある時深夜の暗闇の中で町流しに出会った時は、
撮影よりも地方衆に聞き惚れていました。特に唄が素晴らしい!
それが天満町の町流しでした。 そして、唄われていたのが「桐谷正治」さんでした!
Commented by ei5184 at 2016-09-10 19:04
manekinntettiさん、ありがとうございます。
しかし現地でご覧になりますと、如何に私の写真が稚拙であるのかが解ります。
私は涙を流しながら聴いていた時もあるのですよ~
Commented by ei5184 at 2016-09-10 19:08
ぴこさん、どんな環境下でも人物撮影はノーフラッシュが基本です。
フラッシュ撮影された方は現像後、現地で観たイメージが
あまりにも違いう事に後悔されている事でしょう!
Commented by ei5184 at 2016-09-10 19:13
臥遊さん、買われましたか! 若林さんの胡弓、長谷川さんの三味線
そして、乗山さん、山崎さん、何と云っても桐谷さんの唄は、惚れ惚れしますね!
梅干しの種じゃからといって・・・故人を偲んで・・・涙が出てきます。
Commented by kk5d2 at 2016-09-10 21:12
今日も素敵な作品ですね~
アンダー目の露出がいい味だされてますね~
Commented by monkichii at 2016-09-10 23:12
こんばんは、実はこの時、eiさんと御一緒させて頂きましたが、
eiさんは確か「これぞおわら」と言われ暗闇に飛び込んで行かれましたね。
私も後に続きましたが、私のレンズでは全く撮れず、
なんでこんな暗闇で、これがおわら?とあの時は慌てるばかりでしたが、
このブログを拝見して少し分かりかけたような・・・
いつか、「これぞ・・」と言って思わず暗闇に飛び込めるまで、
何年掛かるか分かりませんが、おわらを極めてみたいモノですね!

Commented by surf4883maturi at 2016-09-11 02:03
eiさん
 maturi-bakaと申します。例のおわらの一団よりブログ開始命令を受け、本日より開始致しました。
 maturibaka.exblog.jp
 お時間ございましたら、一見の上御指導くださいませ。
Commented by ei5184 at 2016-09-11 10:11
kk5d2さん、アンダーの露出と云いますよりも
これ以上に感度、露出とも上げる事は出来ませんでした(笑)
F1.4 のレンズが欲しい!
Commented by ei5184 at 2016-09-11 10:15
monkichiiさん、そうです、あの時の撮影です。
ピントが合っているかどうか、感に頼っていましたが 何とか(笑)
大丈夫、その中に凄い場面に出会えますよ~
嵌ってしまい、抜け出すことは出来ないでしょうが(笑)
Commented by ei5184 at 2016-09-11 10:18
maturi-bakaさん、早速拝見してきました。登録も完了済です(笑)
私との視点の違いを楽しんでいます。さらに知らない世界、
こちらも機会があれば是非にと! 宜しくお願いします。
Commented by BBpinevalley at 2016-09-11 12:51
なんとも風流ですね。
変わらぬ日本を、久々に味わった気がします。
お揃いの浴衣で踊られるのも綺麗ですが、それぞれの着物で踊られる様がいいですね〜
行ってみたいけれど、お邪魔するのが気がひける風景です。
Commented by ei5184 at 2016-09-11 17:36
BBpinevalleyさん、何でも江戸の昔から始まった様です。
昭和の初期に今の形が整い今日に伝わる様です。
そんな事より、此処へ来ますとどなたでも風になれますよ~
静かにそっと付いて行けば、八尾の方々は何方でも歓迎してくれます・・・
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< おわら風の盆-2016-プロローグ おわら風の盆2016-速報4 >>