圓光寺 百日紅

 

紅葉の秋には目にもあざやかな景色を楽しませてくれる圓光寺ですが、夏の終わりには百日紅が咲きます。
c0317868_11431210.jpg




 

毎回訪ねる度に大きな百日紅を目にしていたのですが、花が咲いている時は初めてです。 そしてそんな物好きは、どうやら私だけのようでした(笑)
c0317868_11452958.jpg

 

シーズン中には絶対に撮る事が出来ない無人の書院全方向です。
c0317868_11472281.jpg

 

c0317868_11474165.jpg

 

c0317868_11480041.jpg

 

書院のお茶室も撮影が叶いました。
c0317868_11484719.jpg

 

百日紅越に観る書院全景です。
c0317868_11500624.jpg

 

夏空に咲く百日紅
c0317868_11510170.jpg

 

十牛之庭は、ゆっくりと秋の準備を始めたようです・・・
 
c0317868_11552720.jpg

 

c0317868_11540573.jpg

 

時間を掛けて楽しみながら撮影が叶った涼しい朝は、全ての景色を独り占めでした。 感謝!

 


by ei5184 | 2016-09-05 04:58 | 京都2016 | Comments(10)
Commented by at 2016-09-05 05:19 x
おはようございます。
「風の盆」のお疲れの中、定時のブログアップ
爽やかな画像に癒されます。 感謝・感激です。
普通見られない 無人の画像 心が洗われますね。

「風の盆」 ゆっくりと現像してください。
Commented by flat_white at 2016-09-05 08:33
おはようございます。
いつも美しい舞子さんや京都の写真をありがとうございます^^
そして今回、なんと無人の圓光寺さんの写真!
涼しい風が抜けていくのでしょうね。

私は関西の端っこの出身なので、
実家にいた頃に、もっと京都に出掛けて行けばよかったと
こちらで拝見していて後悔してます(^-^;
Commented by pikorin77jp at 2016-09-05 08:55
おはようございます。
百日紅の画像を見るたびに 実家に帰ったときどうして撮らなかったのか悔やまれます。
来年は 是非 撮ります!!!
Commented by cynchia at 2016-09-05 10:01
おはようございます、貸切ですね。。。
無人になると趣が深くなりますね。
Commented by youko19530222 at 2016-09-05 16:07
詩仙堂、曼殊院と行ってますが圓光寺は毎回行きそびれ💦 毎秋の京阪のお出掛け情報紙にも載りますよね でもあの混雑が苦手でどこも外しまくりです。

こんなに素敵なところなんですねー。十牛之庭も歩いてみたくなりました。
独り占め✨
Commented by ei5184 at 2016-09-05 16:31
youkoさん、シーズンを外して行くとこの様な景色が独り占めできるのです。
桜が散った後、梅雨入り時、夏の百日紅なんか物好きだけ(笑)
紅葉時は勿論訪ねますが、今では四季を通じて欠かせなくなりました。
Commented by miyakokoto at 2016-09-05 21:33
あぁ~ そうですネ こうして魅せて頂くと庭に入ると大きな1本の百日紅が有りますネ
覚えておかないと行かれませんネ さすがです!
Commented by ei5184 at 2016-09-06 04:44
miyakokotoさん、毎年のように夏に一度来てみよう。
と思いつつ 今回初めて訪ねました。
来てみるものですね、全くの独占でしたから(笑)
ご住職も開門時に私が居たのでビックリされて、百日紅の撮影に来ましたと云いますと、
初めて気が付かれたような(笑)
Commented by zakkkan at 2016-09-06 16:47
サルスベリと叩くと、百日紅と表示(笑)
夏の盛りに、咲き誇り、晩夏に色を添える花ですね

いつものウオーキングコースの公園に、それは、それは大きな木?なんの木?が
実態は百日紅でした
冬になれば、あの地肌が寒そうですが、この時期に盛大に葉っぱを茂らせて、薄紅色の実ではなく花を咲かせています
Commented by ei5184 at 2016-09-06 17:01
zakkkanさん、界隈の公園に大きな百日紅ですか?
見逃していたようです。愛宕街道ばかりに目が向いていました(笑)
そこまで行かなくてもよかったのですね!
次の機会用に事前確認をしておきます!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< おわら風の盆2016-速報1 芸妓とし夏菜 夏は蛍の弐 >>