中元万燈籠・春日大社

 

8月14日・15日の夕刻から、家内安全・商売繁盛・武運長久・先祖の冥福等の願いをこめて寄進された、釣燈籠約1000基に灯がともります。
c0317868_16273371.jpg




 

歴史は古く平安末期から今日に伝わります。
c0317868_16292380.jpg

 

c0317868_16294043.jpg

 

c0317868_16295836.jpg

 

c0317868_16304974.jpg

 

c0317868_16310488.jpg

 

節分と中元のそれぞれ夜に行われています。 尚、此方も一脚・三脚使用は禁止されているため、全て手持ち撮影です。

 


by ei5184 | 2016-08-19 04:55 | 奈良 | Comments(20)
Commented by at 2016-08-19 05:07 x
写真は、「光の芸術」
この言葉が ぴったりの写真の数々
朝から 感動です。 師匠
短時間で これだけの撮影ができる技量に 感服です。
ただ 足に無理のかからない範囲にしてくださいね。 師匠
Commented by ei5184 at 2016-08-19 05:16
凧さん、お気遣いありがとうございました。
春日大社の往復は距離がありますね! 途中で痛みで何度も休憩(笑)
その後も折角のライトアップ寺院等と思っていましたが、
ここでギブアップでした(泣)

昨日早速連絡が取れました。又詳しいお話は後日・・・
Commented by manekinntetti at 2016-08-19 06:14
eiさん おはようございます。
やっぱり憧れの京都だわぁ~。 この時期に行ってみたいです。
釣燈籠約1000基もですか?いつか本物を見たいわぁ^^
知らない世界を拝見出来るのは、本当にブログのおかげです。
ありがとうございます~(^_-)-☆
Commented by pikorin77jp at 2016-08-19 08:02
おはようございます。
奈良や京都の素晴らしい芸術を毎日見せていただいて感謝です。
eiさん 足 痛いのですか、、、どうぞ お大事になさってくださいね。
Commented by cynchia at 2016-08-19 08:15
おはようございます、昼間しか知りませんが、なかなか荘厳ですね。ありがとうございました。
Commented by kaorainne2 at 2016-08-19 09:52
ランタン祭り、とても幻想的ですね。
春日大社でもこんな催しがあったのは知りませんでした。
日本を含めてアジアでは各地で開催されてます。
電気が普及されてもやはり風情のある灯火は心が洗われるような気がします。
Commented by otomeurarafuku at 2016-08-19 12:03
春日大社・・・中元万燈籠
いろんな願いがこもった灯籠 模様が映えて綺麗ですね
古い灯籠は何年程前のものなのでしょうね
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-08-19 13:35
こんにちは
どれも美しい画像ですね。
手持ちで、これだけはっきりとして、ブレてないのは素晴らしいです。
1枚目も、2枚目も、釣燈籠の影がアクセントになってますね。
Commented by ei5184 at 2016-08-19 18:39
manekinntettiさん、お盆のこの日、午後7時からですが 蒸し暑いですよ~
京都と奈良は盆地の気候ですから、冬は寒くて夏は暑い(笑)
万灯会は供養行事なのですが、つい撮影を優先してしまう罰当たり者です!
この後しっかりと般若心経を唱えました・・・
Commented by ei5184 at 2016-08-19 18:49
ぴこさん、お気遣いをありがとうございます。 歳ですね~ 骨が年々弱くなり・・・
どうやら冬だけではなく、通年の様です!
歩く距離が年々短くなりつつ・・・
風の盆の東新町までは八尾駅から坂道を約30分近く昇ります。
かっては何往復もしましたが、ここ最近は精々2往復程度。
今年は自信がありません。ひょっとすると鏡町と天満町だけになるのかも・・・
Commented by ei5184 at 2016-08-19 18:52
cynchiaさん、節分とお盆の時はご覧の様な景色です。
年々訪ねる方が増えてきて、立ち止まるな! 歩け!
と、係の方々に急かされるため、中々撮影が難しくなりました(泣)
Commented by ei5184 at 2016-08-19 19:04
kaorainne2さん、これはランタン祭りとは違う、神事なのです。
春節祭とは違い、此方は謂わば先祖供養の方が近いのかも知れません。
勿論祈願もありますが、少なくともお祭りではないようです。
東大寺、春日大社とも神仏の姿は違えども、供養が主の様です。
Commented by ei5184 at 2016-08-19 19:09
otomeurarafukuさん、マタマタ鋭い つっ込みを(笑)
古く平安時代に起源とありますが、当時の吊り燈籠が残されていたら
間違いなく国宝ですよね! そんな話は聴いた事がありませんので、
100年未満でしょう。掲載はしていませんが、ご存知有名引っ越し会社のもありました(笑)
Commented by ei5184 at 2016-08-19 19:14
旅プラスさん、何処も彼処も 年々撮影が厳しくなってきましたね~
此方も何年振りかで訪ねたのですが、訪れる人数が数年前とは比較にならないほど増えていました。
此処にも外国人の団体が! なので兎に角急かされて撮影どころではありません。
そんな中でのお褒めのコメントに感謝です!
Commented by sakuramoon7767ryo at 2016-08-20 00:33
幻想的ですね〜♬
釣燈籠1000基は凄い数ですね!
平安時代から続けてられている事が素晴らしいですね!
Commented by ei5184 at 2016-08-20 05:13
sakuramoonさん、コメントとイイネ! をありがとうございます。
奈良の春日大社、ここへ参拝するだけでも15分~20分は歩かないと辿り着けません(笑)
夜は街灯などありませんので、懐中電灯は必需品です。
そんな自然界のしかも神聖な処です。機会があればお訪ね下さい。
万燈籠に灯がともされるのは節分とこの時だけです。
Commented by zakkkan at 2016-08-20 12:39
暑さが異常な関西ですが
万灯篭の明かりに、静かな涼を得られました
暑い、暑いとぼやく日々、レンズの向こう側にせめてもの秋の足音を
聴きたいです・・
Commented by ei5184 at 2016-08-20 16:56
zakkkanさん、ありがとうございます。
昨日も夕方から京都にいたのですが、相変わらぬ暑さでしたね~
そこでほんの一時の涼を求めに、然る処へ幽霊に会いに・・・
しかし、最初に飛び込んできたのは お化け!
又後日掲載予定ですが、ゾォ~と凍って下さい(笑)
Commented by miyakokoto at 2016-08-20 17:23
 大仏さんの後春日大社ですネ 砂利道をお元気に歩かれたのですネ
お疲れ様でした。今は昼間でも歩くのは遠く感じます。
魅せて頂き嬉しいです♪
Commented by ei5184 at 2016-08-20 17:56
miyakokotoさん、どうぞ無理をされずに過ごし易くなる季節まで、ご自愛を!
私も休日の日中は出歩かずに昼寝と決めています(笑)
春日大社、夜とは言え 蒸し暑くて持参の水が足らなくなり、
自販機を見つけるや否や、飛びつきました(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 議場に赤い花が咲く! 大仏殿と百日紅 >>