旧村西家 

 

築80年を超える京町家として「国指定登録有形文化財」に指定されている、旧村西家を訪ねました。 奥の間から前栽を眺めます。
c0317868_07450355.jpg




 

前栽(せんざい)とは京町家の主となる庭です。玄関庭の石畳みに打ち水をしますと、冷やされた空気が前栽への上昇気流に向かって部屋の中を抜けて行く事で、涼しい風が通ります。
c0317868_07500686.jpg

 

此方は茶庭です。
c0317868_15360835.jpg

 

その茶室です。千利休ゆかりの「待庵」を手本に造られています。
c0317868_07533465.jpg

 

前栽から2階の大座敷を見ます。
c0317868_07545377.jpg

 

木戸を開けると打ち水された石畳が続く路地風の玄関庭です。暖簾の奥は台所です。
c0317868_07571915.jpg

 


by ei5184 | 2016-07-30 04:53 | 京都2016 | Comments(16)
Commented by at 2016-07-30 05:03 x
おはようございます。
石灯篭、茶室の網代天井 など素晴らしいですね。
一番暑い時期、明後日からは8月です。
無理をされない様にお願いします。 師匠
Commented by nonshi24 at 2016-07-30 05:41
おはようございます。
風情がありますねー。
町屋、まだ一度も入ったことがなく
こういうつくりになっているのですね。
とても素敵です。
ここだけ静かな時が流れているようです。
Commented by youko19530222 at 2016-07-30 12:36
お写真見せて頂く度にメモメモ📋
涼しくなったら行ってみたいです(笑)

中には私の大好きな場所に行かれてるので、また行きたくなってしまいます お写真に感動です
Commented by よう at 2016-07-30 12:46 x
こんにちは。
とても理にかなった造りになっているんですね~。
私も将来はこのようなお家に住んでのんびり過ごしたいです(笑)
それまで、あと何十年・・頑張って働かないと。
貴重なお写真有難うございました!
見学に行ってみたいです。
Commented by ei5184 at 2016-07-30 16:35
凧さん、茶室は待庵を模したとある様に平天井と小屋裏共、
竹の棹縁が何とも良い空間を演出しますね~
座敷に居ますと心地よい風が通り、益々京町家に憧れてしまいました(笑)
Commented by ei5184 at 2016-07-30 16:38
かほさん、京町家は好いでしょう~ 35度もあった日中の気温でしたが、
心地よい風が通り抜けてくれました。 冷たい飲み物を頂きながら会話も弾みます。
ですが、この時は芸舞妓さんと一緒ではありませんでした。
一応、念のため(笑)
Commented by ei5184 at 2016-07-30 16:43
youkoさん、京町家、好いでしょう~ お薦めの処です。
なんとも心地よい通り風・・・お昼寝すると気持ちがいいでしょうね(笑)
これから夏の花の撮影は、建物の中から撮る事が出来る処が主になりそうです。
Commented by ei5184 at 2016-07-30 16:46
ようさん、打ち水をして気流を上手く利用する構造は
京都のウナギの寝床の理にかなった造りですね~
私も憧れています。直ぐにでも引っ越したいくらいです(笑)
Commented by pikorin77jp at 2016-07-30 19:49
こんばんは。こちらは雨が降り始めました。
やはり 奥行きに圧倒されます。中に入っていけそうな。。。 錯覚です。
Commented by otomeurarafuku at 2016-07-30 20:23
京の町屋
特に暑い京都の夏を いかに涼しくすごすことができるか
いろいろと工夫がされているのでしょうね
打ち水で しっとりとした苔庭 趣がありますね

日本の夏 ・・・ いいなって ちょっと・・・思いました

でも 暑いのは苦手(^_^;)
 
Commented by miyakokoto at 2016-07-30 21:30
ご無沙汰になりました<(_ _)>
 一変して、静かな京町家・・・一息つかれましたネ
いきなり行って見られるのでしょうか? 
一度広いお座敷でゆっくりして見たいです。
毎日コンクリートの箱の中に居ますので・・・(笑)
Commented by ei5184 at 2016-07-31 08:29
ぴこさん、ハイ、特に京都はウナギの寝床が多いですから
ドンドン奥へ々(笑)
猛暑の日でしたが、少しの涼がありました。
Commented by ei5184 at 2016-07-31 08:32
otomeurarafukuさん、夏の日差しが強い前栽でしたが、青々とした苔が。
きっと良く手入れをされておられるのでしょうね。
部屋の中をす~と風が通る時、あっ、京都・・・と感じましたよ~
Commented by ei5184 at 2016-07-31 08:38
miyakokotoさん、祇園祭も今日で終わり。
長かった7月の祭りでしたが、明日からは夏の踊りが始まりますね~
予定では1日から盛岡へ三本柳さんさ踊りを訪ねて行くはずが・・・
仕事の為にキャンセル(泣)
阿波踊りも夜明け前から自分で運転して、しかもその夜日付をまたいでの日帰りは
些かきつくなっています。 どうしたもんじゃろの~と思案中(笑)
Commented by kk5d2 at 2016-07-31 21:16
素敵な空間ですね~作品を見ていると私もおとずれてみたくなりますよ~
Commented by ei5184 at 2016-08-01 17:26
kk5d2さん、京都にはとても趣を備え
しかも合理的に造られた 町家があります。
お茶屋共々、是非訪ねて下さい(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 舞妓勝奈 桂春院・方丈 舞妓勝奈 桂春院・侘庭-2 >>