祇園祭 鉾建て

 

鉾建てが始まった11日、夕刻に訪ねました。 ご存知 釘を使わず荒縄だけで部材を固定する伝統技法「縄がらみ」です。
c0317868_05241270.jpg




 

函谷(かんこ)鉾です。真木は既に立ち上げられていました。
c0317868_05252829.jpg

 

菊水鉾はちょうど真木の立ち上げ時刻でした。 真木は凡そ20メートル、その様子を続けて掲載します。
c0317868_05281629.jpg

 

ロープで引っ張りながら、ゆっくり立ち上げていきます。
c0317868_05303878.jpg

 

見事に立ち上がりました。 見物していた人達からは拍手が沸き上がりました!
c0317868_05383196.jpg

 

月鉾もこの後車輪を取り付け、懸装品が飾られますと 後は試し引きです。
c0317868_05414188.jpg

 

月鉾の「縄がらみ」です。
c0317868_05420838.jpg

 

鉾建ては全て職人さんたちの手作業です。
c0317868_05453293.jpg

 

さて、今週末は完成した山鉾の見学に行きましょう。 又後日掲載します。

 


by ei5184 | 2016-07-12 05:58 | 京都2016 | Comments(24)
Commented by at 2016-07-12 06:18 x
おはようございます。
早出の撮影かなと思っていました。
「真木」の立上 青空にくっきりと伸びて 見事なものですね。
今後の掲載が 一段と楽しみです。
Commented by ei5184 at 2016-07-12 07:32
凧さん、毎年粽を頂きに立ち寄る 菊水鉾。 丁度真木の立ち上げる夕方に出会えました。
昨日帰宅後現像が出来ずに、今朝起きてからになりましたので、
何時もより1時間遅れのアップです。 
今週末はすっかり出来上がった菊水鉾へまた今年の粽を頂きに!
さて、これから仕事に出掛けてきます(笑)
Commented by otomeurarafuku at 2016-07-12 12:48
伝統技法「縄がらみ」 美しいですね
こんな風にして 鉾が建てられているって知りませんでした
祇園祭の事 いろいろと 教えてくださいね
楽しみです
Commented by pikorin77jp at 2016-07-12 14:24
昨年 7月18日より こちらのブログにお引っ越ししてきましたので eiさんのブログを
この頃は まだ知らずにいました。今年は これから 祇園祭も楽しませていただきます。
広島のホテルに 『風の盆』 がくるんです。 昨年eiさんの記事で たくさん見せていただいて
今年 主人といっしょに 見にいこう、と夕べはなしていました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-07-12 15:34
こんにちは
遠くから見たことありますが、近くで見たのは初めてです。
1枚目の写真ですが、こんなに荒縄でグルグル巻きにするとは驚きました。
伝統技法とはいえ、これだけの作業は大変でしょうね。
そしてどんな美しい山鉾が完成するのか、今から楽しみです。
Commented by ei5184 at 2016-07-12 16:35
otomeurarafukuさん、出来上がりますと隠れて仕舞いますので
中々組み立て途中を見る機会が無いと思われますので、
又後の祭り(17日から鉾建て開始)の時も訪ねてみます。
しかし、巡行は暑くてもう行く事は無いでしょう(笑)
Commented by miyakokoto at 2016-07-12 16:42
 やっぱり凄いですネ!
暑い時ですし、もう何年行って無い事でしょう・・・?
居ながらにして魅せて頂き嬉しいです。
後が楽しみです♪
Commented by ei5184 at 2016-07-12 16:43
ぴこさん、検索しました。竹原のホテルで9月17日 保存会の演舞ですね!
保存会なら間違いありません。どうぞ雰囲気は充分楽しめると思いますので
その頃掲載している私の拙い写真との違いをご覧ください(笑)
そして何時か現地 八尾へも訪ねて下さい。
幽玄の世界が漂っていますから・・・
Commented by ei5184 at 2016-07-12 16:47
旅プラスさん、鉾建中はご存知ありませんでしたか。
この縄がらみは巡行中は、クッションの役割もします。
17日が前の祭り、24日は後の祭りとに分かれています。
又17日以降の鉾建の様子も撮りに行く積りですので、ご覧ください。
Commented by ei5184 at 2016-07-12 17:07
miyakokotoさん、私も山鉾巡行はもう訪ねる積りはありません。
あの暑さの中、交差点の辻回しを撮ろうと数時間も前から(人に依っては前日から)待ち受けて居ますが、
そこへ先頭の長刀鉾が来るときには、複数のTV局やら報道カメラマンと称する輩が
邪魔をして観客からは非難轟々の声が上がります。もうこの場面は二度と見たくありません!
しかし、報道とは他人の迷惑は全く無視をするものかとの、見本でもあります!
彼らの撮った写真や、放送を見ても素人そのものですが・・・この程度なら共同通信で充分。
そんな事もあり、比較的人の少ない宵宵山までの日が暮れる間際辺りを狙って
今年も出かけますでしょう(笑)
Commented by etigoya13-3 at 2016-07-12 18:07
職人の手わざはいつ見ても美しいですね。
近くで観ていたら迫力あるでしょうから拍手も納得です。
Commented by kk5d2 at 2016-07-12 19:09
これまたなかなか見られないものを写真で見ることが出来てうれしいです~
Commented by sumikonashi at 2016-07-12 20:33
わぁ
祇園祭り
なんだかワクワクします
いまだに
実物を一度も見たことありませんで大変憧れます
暑い中
すごい賑わいなんでしょうねぇ
Commented by gekko_skul at 2016-07-12 23:13
こんばんは
縄がらみ よく見たのは初めてです
淘汰されずに生き残ってきた技法には
見ているものに安心感と説得力がありますね

お写真を拝見させて頂いて、現在の耐震補強やエクスパンションジョイントに繋がるものを感じました

いつもありがとうございます。

Commented by youko19530222 at 2016-07-13 02:25
こんばんは。
前祭の山鉾建て 初めて見ました。
14日から16日は前祭の宵山 屏風祭など賑やかなことでしょうね。
その頃になると枚方、樟葉の駅でも浴衣姿をよく見かけます(^^)

私の方にコメントありがとうございました。お返ししたコメントのeiさんの文字を間違ってしまってました 失礼しましたm(__)m
Commented by ei5184 at 2016-07-13 04:40
越後屋さん、こんな狭い道路ですが、上空の電線にも触れずに立ち上げます。
上手いものですね~ この後車輪を取り付けるのですが、それも面白く見応えがあります。
17日の巡行が終わりますと、元の位置に戻り直ぐに解体作業が終わります。
Commented by ei5184 at 2016-07-13 04:43
kk5d2さん、鉾建の途中はご覧になりませんでしたか?
全て手作業でこんなに大きなものが組み立てられます。
出来上がりも又撮影に出掛けてきます。
Commented by ei5184 at 2016-07-13 04:46
sumikonashiさん、そうですか祇園祭は未だご覧になりませんでしたか?
鉾建作業も面白いでしょう。とくに荒縄の造形も! 
車輪を付けて完成まで 2~3日のようです。
Commented by ei5184 at 2016-07-13 04:51
gekko_skulさん、縄がらみ、何度拝見しても上手く出来ています。

建築関係の方でしょうか? 耐震なんかにも繋がりますか?
私はただ造形的な美しさを撮影するだけでした(笑)
Commented by ei5184 at 2016-07-13 05:00
youkoさん、そうです屏風なんかも店の入り口に飾ってくれます。
14日~15日辺りは比較的人が少ないです。夜以外ですが(笑)
16日の宵山は大変な人出が予想されますので、パスです!
後祭りは日中の宵山を撮影予定ですが、熱中症にならない様に気をつけます(笑)
Commented by 松ちゃん at 2016-07-13 08:47 x
 なんどもなん度も観ています。
eiさん画像で良く分かります。
大変な文化です。京のチカラの基が映っています。


Commented by 梅清士 at 2016-07-13 21:55 x
 今月は京都は祇園祭ですね。
今年は週末ですが大阪・かっぽれお稽古日帰りの為、京都に泊まれず残念です。
先月「長江家住宅」を見に行く機会がありましたが、いつかゆっくり祇園祭を拝見したいです。
東京は靖国神社・みたま祭り、清水も盆踊りが始まりました。
今年は5年振りに大阪・住吉大社里帰り奉納に参加出来るので、週末はみっちりお稽古して、本番は踊りと三味線弾きで参ります!!
Commented by ei5184 at 2016-07-14 04:39
松ちゃん、何時もありがとうございます。山鉾巡行時に観ますと
まるで 動く美術館! 懸装品が飾られた鉾を撮影してきます。
Commented by ei5184 at 2016-07-14 04:47
梅清士さん、住吉祭り 30日からですね! 宵宮祭は訪ねる事が出来るかも?
本祭は仕事で又訪ねられません。 本番と云われるのは1日本祭の日でしょうか?
かっぽれ、久しく拝見していませんので、訪ねられずに残念です。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< とし真菜 水の出花 弐 愛宕念仏寺 雨上がる >>