舞妓勝奈 蔵の壱

 

或る町家の中庭にある 蔵の前です。
c0317868_19042759.jpg




 

額入り娘です(笑)
c0317868_19060349.jpg

 

本降りにならないうちに・・・
c0317868_17251117.jpg

 

c0317868_17253925.jpg

 

c0317868_19080988.jpg

 

c0317868_17244438.jpg

 


by ei5184 | 2016-06-22 08:58 | 舞妓勝奈 | Comments(20)
Commented by girimasa485 at 2016-06-22 09:56
お久しぶりの勝奈さん、やはり朱が傘がよくお似合いです。
お天道様も勝奈さんの朱傘がお好きなのでしょうか?(笑)
Commented by みお at 2016-06-22 10:50 x
相変わらず、お美しい方ですね。
結った髪に咲き乱れている簪の花は、撫子でしょうか?それとも紫陽花?
髪から足元まで、桃色の組み合わせが愛らしく華やかです。
(草履も、淡い桃色のように見えるのですが・・・)

雨女の私が、勝奈さんを拝見した日(北野をどりですが)
雨女疑惑のある勝奈さんとの、相乗効果でしょうか
見事なまでに、土砂降りの雨でした(笑)。

Commented by stmalta at 2016-06-22 10:59
主役は同じでもロケーションが変わるだけで、新鮮なイメージに。
舞妓はんは立ち姿が、特に美しい。
いつもながら勝奈さんにうっとりです。(^_^;
Commented by at 2016-06-22 11:33 x
おはようございます。
本日 2回目の アップですね。
師匠に対する 眼差しは、ずいぶん柔らかいと思いますね。
羨ましい限りです。
上七軒 界隈の 情景に溶け込んでいるのは、師匠の腕でしょうね。

7月3日の ご指導を 楽しみにしております。
Commented by rinkatu at 2016-06-22 13:29
寂しい別れがあると思えば
こうして活躍されてる方もちゃんと押さえ!
さすが師匠ですね(^^ゞ
"雨女"というより
"朱傘が似合う女"
ん~女とイメージがないな。。。ムズカシイ
Commented by pikorin77jp at 2016-06-22 17:43
赤い傘が映えますね~~~~! 朝 拝見したときからそう思っていました。長襦袢 帯揚げ 傘と 着物のコーディネートは 専門に考えられる方がいらっしゃるのでしょうね。常に 人から見られる舞妓さん。そお舞妓さんを撮られるeiさんも みなさん きっと見ていらっしゃるのでしょうね。
Commented by ei5184 at 2016-06-22 17:56
girimasaさん、3月の北野をどり以来久々でした。で、この日梅雨入り宣言(笑)
朱傘のシーンが結構ありますね~ 

祇園祭が間もなく始まりますが、その時は日傘と雨傘兼用の傘を持って(笑)
Commented by ei5184 at 2016-06-22 18:02
みおさん、花簪は撫子です。 おふくの花簪は結構大きいのですが
私的には未だこの様な小振りのほうも好いな~と(笑)
草履もピンクです。
北野をどりの時、土砂降りでしたか! では次回は上七軒のビアガーデンへ!
きっとカンカン照りの夕暮れですよ~(笑)
Commented by ei5184 at 2016-06-22 18:07
stmaltaさん、勝奈さん、3か月ぶりに撮影をしましたが
少しお顔がふっくらと、やっと元に戻りました。 
私は少々ふっくらしないと体力が持たないよ! と、つい親御さん目線てす(笑)
今回も舞の披露迄、長くなりますよ~
Commented by kk5d2 at 2016-06-22 18:08
かわいいですね~~
中でも2、5枚目が大好きですよ~~
Commented by ei5184 at 2016-06-22 18:15
凧さん、此処は観光客も少なくて 撮影の障害は殆どありません。
この界隈だけで過ごしてもいいかな? なんて思いますが
やはり色んな処に出掛けたいですね~

7月は祇園祭が始まりますが、又恒例の・・・(笑)
Commented by ei5184 at 2016-06-22 18:20
rinkatuさん、藤ちゃんは勝奈さんとも仲良しでした。
最後に色んな話をした時に、勝奈さんの襟替えを是非見たいと。
ご自身が叶わなかった事を勝奈さんに求めているかのようでした。
さて、あと2,3年後、私が持つかな(笑)
Commented by ei5184 at 2016-06-22 18:25
ぴこさん、全て置屋のお母さんです。 多分花街共通だと思います。
裏を返せばお母さんのセンスが問われているのかも?

え~、私がこの様な場面で撮影している時は、私と芸舞妓さん以外は他に誰も居ません。
なので、私が撮影している姿は、撮影されている当人だけが知っています(笑)
Commented by ei5184 at 2016-06-22 18:27
kk5d2さん、やはり全身の構図がお好みのようですね!
私は舞の撮影以外では、全身の構図は少ないです(笑)
Commented by miyakokoto at 2016-06-22 21:14
うわぁ~!
ei5184 さんに向ける表情は安心しきった表情ですネ
素晴らしいです。 同性で有りながら・・・うっとりして居ます!
このような作品を、勝奈さん頂いたら喜ばれるでしょうネ
Commented by nonshi24 at 2016-06-22 22:25
こんばんは~。
蔵と赤い番傘が映えて
俯き加減のお顔が尚一層美しく輝いて。。
とっても綺麗~♪
Commented by ei5184 at 2016-06-23 05:07
miyakokotoさん、久々のデートでした。
この日も時間の経過とともに雨が降り出し
食事に向かうタクシーの中で 梅雨入りしたことが解りました!
次のデートの時は日傘かまたまた雨傘か、さては両方か(笑)
Commented by ei5184 at 2016-06-23 05:11
かほさん、この蔵 結構絵になりました!
ほんの霧雨程度でしたので、お座敷から出て先に撮影。
この後お座敷に戻り、舞の披露を。 
今回も長いですよ~(笑)
Commented by baillement27 at 2016-06-23 05:44
興味がわいたので、舞妓さんになれる方法を検索してみました。(なりたいとかではないです!)
やっぱり容姿端麗でないとだめなんですね。すっごく綺麗ですもんね。
そして身長165cm迄なんですね。
私は171cmなので、それだけでも×でした!

 この着物、傘も、日本の色彩の美しさにホレボレします。色んな赤があるんですね。
そしてその赤がすごく似合ってて素敵な方ですね。
Commented by ei5184 at 2016-06-23 07:50
バイエさん、舞妓には少々遅かれし、しかしながら芸妓への道は残されています(笑)
冗談はさておき、舞妓への道は結構厳しいでしょう!
憧れだけでこの世界に入ってくる方が後を絶ちません。
仕込に入ったのち約半分近くが辞めています。舞妓になって直ぐにやめる妓も少なくはありません。
勿論諸事情で泣く泣く辞めていく妓もいます。
その中でこうやって頑張っている妓は、応援したくなりますよね~
つい、贔屓になる理由の一つです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 舞妓勝奈 蔵の弐 舞妓勝奈 梅雨入りの日 >>