石見神楽 塵輪(じんりん)

 

第十四代の帝・帯中津日子(たらしなかつひこ)天皇が、新羅より日本に攻め来る数万騎の軍勢を迎え撃ちますが、その中に塵輪という、身体に翼があり、黒雲に乗って飛びまわり人々を害する悪鬼がいました。これに敵する者は、一人もいない状況でした。この時天皇自らが、天の鹿児弓、天の羽々矢を持って高麻呂を従え討伐に向かい、激戦の末に退治すると云うお話です。 (浜田市観光協会からの引用です。)
c0317868_21223685.jpg




 

帯中津日子天皇
c0317868_21230211.jpg

 

高麻呂
c0317868_21233145.jpg

 

鬼 (塵輪) の登場です!
c0317868_21235150.jpg

 

激戦が始まりました!
c0317868_21241138.jpg

 

輪舞で激戦を表わしています。
c0317868_21243133.jpg

 

c0317868_21245275.jpg

 

2匹の鬼を退治した後、首領の鬼が向かって来ました!
c0317868_21251009.jpg

 

一撃のもと 鬼は討たれてしまいました!
c0317868_21253064.jpg

 

c0317868_21255016.jpg

 

地域伝統芸能フェスティバル 島根県石見神楽・美穂神楽団の熱演でした。

 


by ei5184 | 2016-06-13 04:55 | スナップ-2 | Comments(16)
Commented by at 2016-06-13 05:01 x
おはようございます。
師匠のカメラワーク(情熱)の 迫力溢れる見事な「神楽」に見惚れます。
毎朝 ありがとうございます。

Commented by gachako1121 at 2016-06-13 07:33

撮影お疲れ様です (^O^)/

素晴らしい ど迫力‼︎

マニアルモードで連写ですか
ステージでの踊り撮影の秘訣はなんですか?

いつも ご指導頂き ありがとさん (=´∀`)人(´∀`=)


Commented by ei5184 at 2016-06-13 07:42
凧さん、この神楽迫力がありましたね~
大蛇は以前何度か拝見していましたが、塵輪は初めてでした。
来年もし出会えたら、ストーリーが判りましたので
又違う角度から撮影してみたいものです!
Commented by ei5184 at 2016-06-13 07:55
雅茶子さん、ご指導なんてとんでもない。未熟者です(笑)
マニュアルですが、私は特別な撮影(5月の駈け馬の様な時)以外では連射はしないのです。
例えですが、風の盆は暗すぎて連続でシャッターが切れません。踊りの所作が判りますと、
止まる瞬間の一枚に賭けてシャッターを切ります。失敗のほうがはるかに多いですが(泣)
郡上踊りも、さんさ踊りも、更に阿波踊りも例外ではありませんね~
つまり狙いは一緒なんです。 しかし此処は初めて観るものが多くて、絞りきる事が出来ませんでした。
この後二題掲載しますが、何れも初めての拝見でした。
もしも来年トライ出来れば、もう少し違う瞬間を撮る事が出来るかも知れません・・・
お役にたちましたでしょうか?
Commented by cynchia at 2016-06-13 08:20
おはようございます、広島にいた頃、見る機会が
あらはましたが、衣装と躍りには感嘆しました。
Commented by otomeurarafuku at 2016-06-13 08:37
凄い形相の大きな鬼の面・・・動きも 迫力がありますね~
まるで動いているかのようなお写真で 素晴らしいです!
伝統芸能フェスティバル 興味深いですね
Commented by miyakokoto at 2016-06-13 08:47
うわぁ~! 又ここはJR時空の広場でしたネ
浜田にネットの御元立ちが居た時浜田の御神楽を魅せて頂いて居ました。
有名のようですネ 子供の頃田舎で見たきりです・・・
居ながらにして魅せて頂き有難うございました。
Commented by dendoroubik at 2016-06-13 13:50
天井まで入れた仰り 輪舞の躍動感を見事に表現されてますね!
Commented by ei5184 at 2016-06-13 16:50
cynchiaさん、面白いですね~ 之は初めて拝見しましたが、
是非機会を見つけて石見神楽を拝見したいものです。
島根県へも暫く訪ねていません・・・
Commented by ei5184 at 2016-06-13 16:53
otomeurarafukuさん、之は予想以上に迫力がありました。
大蛇よりも好いですね~ 是非石見迄訪ねてみたくなっています(笑)
凡そのストーリーが解りましたので、次回は場面毎の撮影をしっかりと!
Commented by ei5184 at 2016-06-13 16:57
miyakokotoさん、時空の広場で椅子に座りながら撮影が出来ます。
是非来年はご一緒しましょう。5,6時間ぐらい前から待たなければなりませんけど(笑)
石見神楽と云えばすぐに大蛇を思い浮かべましたが、
どうして、中々奥が深そうです!
Commented by ei5184 at 2016-06-13 16:59
dendoroubikさん、勝山左義長が主たる目的ではありましたが、
石見神楽、イメージが変わりました!
美穂神楽団の熱演にも依りましょうが、石見まで訪ねてみたい誘惑が(笑)
Commented by kk5d2 at 2016-06-13 18:10
素晴らしいです~
美しい質感も出ていて素晴らしいですね~
Commented by ei5184 at 2016-06-13 18:29
kk5d2さん、ありがとうございます。 鬼面は当たり前ですが登場した時から一定なのですが、
途中の激戦の時、最後の一撃で撃退された時と、演者の表現で
鬼面の表情までも替わる様に見えました!
Commented by zakkkan at 2016-06-14 15:48
石見新楽
すごい迫力が伝わってきますね
優しい写真もほれぼれしますが、この凛々しい写真も素晴らしいです

松尾大社の節分の時に、やっていますが、あれとは違うのでしょうか?
Commented by ei5184 at 2016-06-14 18:17
zakkkanさん、松尾大社の節分祭でも 石見神楽を観る事ができますね~
確かスサノウノミコト繋がりだったような?
大蛇がメインだったと思いますが、はて、塵輪はどうでしょうか?
此処10年近くはつい、花街の節分行事に行きますもので(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 石川県・山代大田楽 矢田寺 紫陽花の弐 >>