舞妓とし桃 扇遊び

 

京をどりをご覧になられた方は、舞妓のをどりの時 扇をクルクル回していた処をご覧になられたと思いますが、その話をしながらでした。
c0317868_16014611.jpg




 

今度は扇を手から放して一回転させて手で受けます。 
c0317868_16052419.jpg

 

見事成功しました。 満面の笑顔です(笑)
c0317868_16062526.jpg

 

再び挑戦!
c0317868_16071861.jpg

 

イヨッ!
c0317868_16073535.jpg

 

c0317868_16082824.jpg

 

c0317868_16090270.jpg

 

オットット・・・
c0317868_16093323.jpg

 


by ei5184 | 2016-05-13 04:57 | 舞妓とし桃 | Comments(14)
Commented by o-rudohime at 2016-05-13 05:13
とし桃さんのドヤ顔いいですね。
くるりと扇を1回転させる技は立姿でをどりながらするのでしょうか?
オットットになりながらも左手がちゃんと膝に置かれているのは流石です。
Commented by at 2016-05-13 05:27 x
桃ちゃん 大好き
うっとり眺めています。 師匠 ありがとうございます。
Commented by otomeurarafuku at 2016-05-13 09:42
おはようございま~す♪
とし桃さん 可愛い表情をなさいますね~
扇をくるくる回したり 回転させたり 
座ったままでするのは 大変だと思いますが
大成功(^^♪

私も何十年もしまい込んでいる舞扇を出して
あつかってみたくなりました(*^_^*)
Commented by 阿修羅王 at 2016-05-13 12:15 x
はぁ~ 上手いものですねぇ(@_@)
これも芸事のひとつなんでしょうか(笑)
それにしても、いくつになっても桃ちゃん、かわいいなぁ。
Commented by kounankumin at 2016-05-13 13:15 x
ブログを見るまで扇遊びとう題名なので、投扇興かなと思いました。
京おどりの扇を回すシーンは自分もやりたいと思いましたし、綺麗でした。
とし桃さんの成功してからの満面の笑み良いですね。
Commented by 湘南のパパ at 2016-05-13 14:34 x
お綺麗です、素敵な笑顔ですね!
Commented by pikorin77jp at 2016-05-13 15:01
姫様ぼおっしゃるとおり ドヤ顔がとっても可愛いですね。
扇が落ちる瞬間の手や扇 顔、、いちまいずつ見ていくと とても面白いです。
Commented by ei5184 at 2016-05-14 07:20
himeさん、ドヤ!顔ですか(笑)
京をどりが終わりホッとしたある日のお座敷でしたが、
普段の彼女の素顔に近い瞬間でした。
扇をくるくる回すのは舞台でもありますが、流石に回転はないでしょうね。
Commented by ei5184 at 2016-05-14 07:22
凧さん、ははは・・・とし桃ちゃん、見ているかな~?
きっと今頃照れ笑いをしていましょう。
昨日は好い時間のご様子。又今度成果物を見せて下さい。
Commented by ei5184 at 2016-05-14 07:26
otomeurarafukuさん、舞扇、箪笥の肥やしには勿体ない!
是非トライして下さい。 可愛いお孫さんとご一緒に舞うとか・・・
そうしたら Uraraちゃん や Fukuちゃんが びっくりするでしょう(笑)
Commented by ei5184 at 2016-05-14 07:28
阿修羅王さん、童顔の彼女ですが、随分大人びてきましたね~
しかし、こんなお遊びをしていると まだまだ少女が居ます(笑)
Commented by ei5184 at 2016-05-14 07:31
kounankuminさん、こんなお遊びシーンは普段撮らないのですが、
京をどりでの話をしている中に、くるくる扇を回しだしたので(笑)
舞妓さんの普段の姿は こんな普通のお嬢さんたちです。
Commented by ei5184 at 2016-05-14 07:34
湘南のパパさん、ちょっと一息ついた時にお会いして食事をした日です。
その前にお座敷で色んなシーンを。その合間のさらに一息のシーンでした(笑)
Commented by ei5184 at 2016-05-14 07:36
ぴこさん、ハハハ・・・やはりドヤ!顔ですか(笑)
こういうのは動画にしたほうが、解りやすいのでしょうが、
瞬間撮影にみせる表情に拘ります(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 當麻寺・中之坊 高桐院 新緑 >>