舞妓まめ藤 紅の壱

 

紅を注します。
c0317868_21284956.jpg




 

舞妓になって間もない頃、 食事の後に紅を直す時は 下唇だけでした。 「間違うて上唇に注したら あかんよ~」 と云ったのが、ついこの前の様です。
c0317868_21020435.jpg

 

思い出が詰まった まめ鏡・・・
c0317868_21034319.jpg

 

あっと言う間の 時でした・・・
c0317868_21044427.jpg

 

思い出をかみ締めて・・・
c0317868_21305306.jpg

 


by ei5184 | 2016-05-10 04:58 | 舞妓まめ藤 | Comments(30)
Commented by o-rudohime at 2016-05-10 05:13
つい半年前 紙風船と戯れていたまめ藤さんと同一人とは思えない美しさと言うか妖艶さを感じます。
新しい世界への出発に拍手で送り出してあげましょう。

Commented by at 2016-05-10 06:00 x
師匠
見事な表現(文章)ですね。
写真が さらに冴えます。

まめ藤さんが、上唇に紅をさした初日に 遭遇した貴重な経験をしました。
お茶目な まめ藤さん の一言
「XX(本名)から まめ藤 になって、今日で また名前 変えようかな」
この時 本名を知りました。
師匠に ついて回る 名前ですよね。
Commented by ei5184 at 2016-05-10 06:15
himeさん、2年前のお正月に撮った下唇の紅注しと比べると
たった2年間で、あっと言う間に大人の顔になっていましたね~
花街を去って10日ですが、細い路地から ひょいと顔を出しそうな気が・・・
Commented by ei5184 at 2016-05-10 06:24
凧さん、2年前のお正月にご飯食べに行った時、
当時芸妓を引いた方から、手元に残った数枚の花名刺を 
本名が一緒やからと云って うちにくれはりました~ 
と嬉しそうに話してくれました。

或る仕込みさんがまめ藤さんが辞める事を直前まで知らなくて、
今夜私が合うと解り、憧れのまめ藤さんにお会いしてお別れしたいと云って
私の傍にずっと居ました(笑) まめ藤さんに花名刺をもらい、やはり嬉しそうにしていました。

Commented by susatan at 2016-05-10 06:36
この世界のことは eiさんの処から そっと覗くだけの ご縁なしの私なのですが
なんで こんなにドキドキするんでしょう
お写真も 文章も そして こちらのコメントから垣間見れる何かと…
eiさんの「扉」を知ってて良かった~って 妙なこと思う朝です^^
Commented by ei5184 at 2016-05-10 07:26
susatanさん、ありがとうございます。 こうやって毎年の様に可愛い娘が一人
又一人と去って行きます。 勿論新たな娘候補も誕生しているのですが、ご縁は中々ね~
今度は私がこの世界から去る時が近づいてきているのかも知れませんね~
Commented by otomeurarafuku at 2016-05-10 08:47
おはようございます

ほんとうに~ 
こんなに近づいても 綺麗ですね~
魅力的な表情 
芸妓さんになられたお姿も見たかったな・・・
Commented by 湘南のパパ at 2016-05-10 10:15 x
とても素敵な写真ですね!
仕込みさんのお気持ち何だかわかるような気がします。
きっと女性の目からも魅力的な方だったのではないでしょうか。
素晴らしい表情は何度見てもいいものです。
Commented by みお at 2016-05-10 10:26 x
今更ではありますが、お着物の色が 藤色なのですね。
前回の記事まで、お辞めになった衝撃やら
その衝撃以上に、美しい表情に気を取られ
お着物の色まで、気が回らず(汗)

まめ藤さんの、舞妓さん最後の日を飾るのに
ピッタリな色のお着物ですね~。
そして、紅を注す姿の なんと美しい事でしょう!!
Commented by pikorin77jp at 2016-05-10 13:22
こんにちは。
この紅をさす この瞬間 絵になりますね。。。。ドキットする 色っぽさというか。
娘が 白無垢花嫁さんになって 紅をさす瞬間が撮りたいと k-photoさんが撮ってくださったのが
あります。下のダグのところに並んでいる写真の まめ藤さん こうして 並ぶと さらに美しいですね。
Commented by ei5184 at 2016-05-10 13:36
otomeurarafukuさん、ハイ、上からの2枚はお顔のアップだけにしているのは
芸妓となっていたら・・・と云う想いでした!
鬘をご想像して頂ければ こんな風ではと・・・
Commented by ei5184 at 2016-05-10 13:41
湘南のパパさん、紅注しのシーンは他の芸舞妓さんも撮影させて頂いていますが、
女性が自然と美しく見える瞬間ですね~
この後は舞の振付なんかも撮影しています。
マダマダ続きますので、どうぞ宜しくお付き合い下さい。
Commented by ei5184 at 2016-05-10 13:44
みおさん、文字通り藤が好くお似合いの方です。
お茶のお点前の時も柄違いの藤色が映えていましたね~
最後は舞の最初から最後まで、唄に合わせて掲載予定ですので、
どうぞお楽しみに・・・
Commented by もとこ at 2016-05-10 13:48 x
テレビで仕込みさんの頃を見た時から気になる子でした。
こちらの画像をいつも楽しみにして、芸妓になったら綺麗だろうなぁ…と、思っていたのに残念です。
歌舞伎座でも何度かお見かけしていたし、最後に見かけたのは私が遠征観劇した3月の松竹座「ワンピース」
とっても、楽しそうにしていました。
年が若いのに淡い藤色の着物が本当によくお似合いでつくづく芸妓姿が見たかったです。

それはそうと、お座敷にも目が行きました!
歌舞伎で見ている「葛の葉」仕様のお座敷。とっても、素敵ですね。
Commented by ei5184 at 2016-05-10 13:48
ぴこさん、上にもコメントをしましたが、紅注しのシーンは自然な美しさが出ますね~
特に白無垢の時は尚更でしたでしょう!
この後は舞の振付場面なんかでも、彼女の艶やかな表情が出ていますので、
そちらもどうぞご覧ください。
Commented by ei5184 at 2016-05-10 14:00
もとこさん、コメントをありがとうございました。
お座敷の襖絵は京都の木村英輝さんの作品です。
これを背景に最後の舞をご披露して頂けました。
最後の最後に掲載する予定ですので、どうぞお楽しみください。
Commented by gachako1121 at 2016-05-11 00:24
この紅 ええねぇ 
ほんまにぃ 惚れぼれ (^◇^)/
わたしの憧れのフォトですぅ
ねぇ~ コメントは辛口でビシバシ (-_-)/~~~ピシー!ピシー! お頼もうしますぅ
Commented by ei5184 at 2016-05-11 04:29
雅茶子さん、え~、 私はサドでもマゾでもありませんので、
ピシー!バシー! と鞭は苦手です(笑)
何時も見たまま、感じたままの印象をコメントをさせて頂いていますので、
決して雅茶子さんにゴマを擂っているわけではありませんよ~(笑)
Commented by kk5d2 at 2016-05-11 16:25
艶やかで美しくて~
素晴らしいです~
Commented by 湘南のパパ at 2016-05-11 17:38 x
遠方ですので ei5184 さまのブログにお邪魔し素敵な写真が拝見できることは嬉しいの一言に尽きます!
10代の女の子、娘と変わらないような子がと思うと不思議な気がしてなりません。
日本女性は素晴らしいですね。
Commented by ei5184 at 2016-05-11 17:55
kk5dさん、初めて会った時はしっかりしたお顔立ちではありましたが、
未だ少女のままでした。 それから2年と数か月、艶のある大人へと・・・
Commented by ei5184 at 2016-05-11 18:00
湘南のパパさん、初めてお会いした時も紅注しの撮影をしていました。
その時は舞妓デビューして3週間程度の時ですから、下唇だけでした。
それから2年と数か月。艶やかな大人に成長していました!
最初と最後に、紅注しの撮影が出来た事に、感謝です。
Commented by miyakokoto at 2016-05-11 21:00
こんばんわ(^^♪
 カメラが冴えて居ますネ 綺麗なほれぼれするような「まめ藤さん」
手元は大丈夫でしたか・・・!? 
流石、立派な紅筆をお持ちです。書道の筆を作られる方から本物の毛の紅筆を
頂き持っていますが・・・私には似合わないです(笑)
本当に素晴らしい作品になりましたネ!
Commented by 湘南のパパ at 2016-05-11 22:25 x
ei5184さまは舞妓さんを多く撮影されていらっしゃいますね!
何も存じ上げませんのでどういった方なのだろうと想像しておりますが、彼女とはきっとご縁があったのでしょうね!
艶やかな大人凄いと思います。
Commented by ei5184 at 2016-05-12 05:01
miyakokotoさん、紅筆も聞くところによりますと、種類があるとか?
私にはご縁が無いので、太目? 細目? 程度です(笑)
さて、最初と最後に紅注しを撮る事が出来、その年月の流れもご覧頂けたと思います。
この後も違うシーンが登場しますので、宜しくお付き合い下さい。
Commented by ei5184 at 2016-05-12 05:05
湘南のパパさん、10年近く通っていますので、色んな芸舞妓さんとご縁が出来ました。
まめ藤さんも舞妓になって直ぐに、お座敷でお会いして、この様なご縁に恵まれました。
最後の日にお会いできたのも、やはりご縁でしょう・・・
Commented by se-ra at 2016-05-17 22:43 x
eiさん 初めまして。お写真をいつも楽しみに拝見しております。
まめ藤さんは本当に魅力的な舞妓さんで大ファンでした。eiさんのお写真から、まめ藤さんのお茶目で明るい性格、頭の回転が良く賢いところ、芸に真剣に取り組んでいる様子を感じていました。美で楽しませるお仕事ですからご自分の美しさを十分に認識し研究されているのは当然ですけど、色を超越した清々しい人間性が基本に
ある方だと思います。
まめ藤ロスがずっと続いていましたが、eiさんのお写真拝見してなんだかスッキリしました。道半ばであっても、彼女なりの決断をし舞妓の最後を素晴らしい表情で終えられたまめ藤さんは立派ですね。
そして、その瞬間を美しく切り取って下さりありがとうございます。
Commented by ei5184 at 2016-05-18 08:11
se-raさん、コメントをありがとうございます。
コメントからまめ藤さんのファンであった事が良く肯けました。
この後も色んな場面を掲載しますので、どうぞ宜しくお付き合いください。
最後の最後は舞で締めたいと思っています。
Commented by se-ra at 2016-05-18 18:26 x
こちらこそコメントありがとうございます。女性から見てもまめ藤さんは素敵な妓です。
舞のお写真楽しみにしております!
Commented by ei5184 at 2016-05-18 21:26
se-raさん、ハイ、舞まで未だ色々掲載しますので
そちらもご覧ください。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 舞妓まめ藤 紅の弐 岡寺 初夏の花 >>