舞妓まめ藤 惜別

 

たった 二年数か月の間でしたが、 とても深く印象に残りました・・・
c0317868_07114790.jpg




 

最後の日にお会いできた事に 感謝です・・・
c0317868_07122582.jpg

 


by ei5184 | 2016-05-01 04:58 | 舞妓まめ藤 | Comments(39)
Commented by o-rudohime at 2016-05-01 05:06
お茶めな姿を沢山見せて頂いたまめ藤さん 舞妓さんを辞められたのでしょうか。
あのまめ藤さんとは解らない様な妖艶な写真が最後とは残念。
こんなに大人っぽく 艶っぽいお顔を初めて見たような気がします。
Commented by ei5184 at 2016-05-01 06:00
himeさん、都をどりは昨日30日で千秋楽でした。 そしてその日が舞妓最後でした。
辞めると分かり、都をどりのお茶席の日に切符を手配(前回の掲載分です)
そして白塗り最後の日にお座敷をお願いしました。
この後 随時ですが、色んなシーンを掲載します。
最後はお座敷舞でお別れしたいと思いますので、宜しくお付き合いくださいませ。
Commented by kounankumin at 2016-05-01 06:42 x
eiさんの写真を通じて色々な姿を楽しませてくれましたし、花街に対して興味を持たせてくれた舞妓さんの一人なので寂しいです。
まめ藤さんがお茶席の時に間に合わず、去年の八朔の時に見たのが最後になってしまったのが残念です。
Commented by girimasa485 at 2016-05-01 07:31
朝から驚き、目が覚めました。

本当にたくさん天真爛漫な姿を見せていただき、たくさん笑顔をいただきました。
最後の都をどり、観に行くことができて本当に良かったです。
最後になってしまったのは寂しいですが、また新たなステージで頑張っていただきたいと願っています。
Commented by みりおじ at 2016-05-01 07:32 x
個人的には、『あさが来た』が終わって、あさロス、になっているところでの、
“藤ロス”、ショック、大きいです・・・(;^_^A

どのような理由で年季明け前(?)にお辞めになるのかは知る由もありませんが、
今後の彼女の人生が素晴らしいもの、幸せなものになって欲しいと強く思います。

まあ、持ち前の明るさで、これからの人生、切り開いていってくれるでしょう。

Commented by 臥遊 at 2016-05-01 08:00 x
おはようございます。やっぱり本当だったんですね。
私も、お茶席当番の6日の日帰りバスツアーを偶然見かけ急遽参加。
まめ藤さんを見かけたのは、これが最初で最後となりました。
eiさんの数々の写真から、単なる優等生でなくお茶目な面も兼ね備えた、
とても魅力的な舞妓さんだったようにお見受けしていました。
最近、ますますきれいに、そして、お姉さん舞妓としての貫禄も充分
備えてきた矢先での引退は本当に残念ですね。
最後のお座敷舞の写真、楽しみにしています。




Commented by otomeurarafuku at 2016-05-01 08:21
おはようございま~す♪
なんと 美しく 妖艶なのでしょう
とても 印象深いお写真です
お茶目なまめ藤さん 素顔のまめ藤さん
いろんな表情を見せていただいて 
素敵な舞妓さんだな・・・と思っていましたが
惜別・・・という事は おやめになるのですか?
とても 残念です
Commented by 松ちゃん at 2016-05-01 08:46 x
 お茶席の仕草が落ち着いて映っていました。勝手ですが。
ここがeiさんの画像の凄いところ。
この後は、eiさんページで楽しませて頂きます。
 楽しみが続いてこれだけでもホントに良かった。
eiさんのお陰です。
Commented by ei5184 at 2016-05-01 11:21
kounankuminさん、皆さんも突然だったので驚かれた方も多いでしょう。
他の花街の舞妓さんなんかも、つい最近までご存知なかったそうです。
惜しいですね~
Commented by ei5184 at 2016-05-01 11:27
girimasaさん、実は事前に判っていたので、6日のお茶席当番の日に行きました。
この最後の日もお座敷で色んなシーンの撮影をさせて頂きましたので、
順次お茶目な処も掲載します。最後までお付き合いくださいませ。
Commented by ei5184 at 2016-05-01 11:30
みりおじさん、最後の時まで初めてお会いした時のままの藤ちゃんでしたよ~
熊本は今大変な時ですが、ご家族の無事を確認して、ホットしていました。
きっと芯の強い彼女の事、明るく生きて行かれますでしょう。
Commented by ei5184 at 2016-05-01 11:41
臥遊さん、脇役が主役! と褒められていた彼女が 祇園町を去りました。
6日はラッキーでしたね。お茶席撮影は彩乃さん、章乃さんの時以来でした。
多分私も祇園町はこれが最後になりましょう。

お座敷では色んなシーンを撮らせて頂きました。
最後まで藤ちゃんらしい写真を撮る事が出来たと思います。
長くなると思いますが、順次掲載をしていきますので、
お付き合いを宜しくお願いします。
Commented by ei5184 at 2016-05-01 11:46
otomeurarafukuさん、残念ながら昨日付で祇園町にお別れしました。
最後のお座敷での撮影は、今まで同様色んなシーンを撮らせて頂いています。
公開が出来ない私だけの お宝写真もありますよ~(笑)
この後又長くなりますが、順次掲載予定ですので、
どうぞ宜しくお付き合いくださいませ。
Commented by are6678 at 2016-05-01 11:48
こんにちは。
2枚の作品、息をのむ美しさで、繰り返し拝見させていただきました。
eiさんの深い惜別の想いが感じられました。
そして、まめ藤さんの今後の人生に「幸あれ」と願っております。
Commented by ei5184 at 2016-05-01 11:49
松ちゃん、あっと言う間に去ってしまいました。
短期間に これほど親しまれた舞妓は数少ないでしょうね~

ハイ、順次掲載していく予定です。 長くなると思いますが
最後までどうぞ宜しくお付き合いくださいませ。
Commented by RM035 at 2016-05-01 13:42
一度だけ撮影する機会がありました。本当に心に残る方でした。
お辞めになられるとは。。

まめ藤さんの今後の人生がより豊かになりますようにエールを送ります!
Commented by ei5184 at 2016-05-01 14:19
万華鏡さん、皆さんに惜しまれつつ祇園町を去って行きました。
舞妓になって未だ数えるほどのある日、初めてお会いした時から
とてもお茶目で頑張り屋さんの印象が強かった方です。
これから芸妓に向かって羽ばたく! と思っていたのですが、残念ですね~
私も陰ながらご多幸をお祈りしています。
Commented by ei5184 at 2016-05-01 14:21
RM035さん、皆さん異口同音 思い出に残られた方の様ですね~
今後、益々のご多幸をお祈りしたいと思います。
Commented at 2016-05-01 17:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ei5184 at 2016-05-01 17:23
鍵コメさん、わざわざありがとうございます。少しは落ち着かれましたでしょうか?
どうぞお気にされずに ごゆっくりして下さいませ。
拙いブログですが、例え僅かでも お慰みのお役に立てれば
これほど嬉しい事はありません。 
こちらこそ末永く どうぞ宜しくお願い申し上げます。
Commented by sarayuna516 at 2016-05-01 18:10
eiさま、
まめ藤さん、おやめになるのですか?
初めて、美しい舞妓さんを拝見したのは
まめ藤さんが、最初でした。
自然な美しさを引き出して見えるのをどうしてこのような
写真を撮れるのか、不思議でしたが.....。
心の繋がりがあったのですね。
また今回の、投稿写真は内面まで見えるような素敵な写真ですネ。
もう一度確かめたいと思い開きましたら、残念、消えていました。
またこれからも見せていただけるとのこと。
楽しみにしております。


Commented by sarayuna516 at 2016-05-01 18:18
eiさま、あわてて、moreのほうを見るのを忘れていました。
失礼しました、
よかった。心に残る素敵な写真ですね。

このような貴重な写真見せていただき本当に有難うございました。
Commented at 2016-05-01 18:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ei5184 at 2016-05-01 19:15
sarayunaさん、続けてのコメントをありがとうございました。
昨日が祇園町舞妓の最後の日でした。 白塗り姿は29日が最後です。

心のつながり・・・親子の年代つながりはあったかも知れませんが(笑)
舞妓になって直ぐにお座敷へ来て頂いて撮影した後、石塀小路を散策して
ご飯食べ(食事の事です)に行き、以前から私のブログを知っていたと聴いて親近感が増しました。 
最後の夜に又こうやってお会い出来たのも、何かのご縁でしょうか?
永久保存版として大事に残しておきます。
Commented by ei5184 at 2016-05-01 19:22
鍵コメさん、常連のカメラマン? の方々には困ったものですね。
例え知っていたとしてもその日まで口外しないのがこの世界の礼儀なんです。
何れにしましても花街の世界はルールとマナーがありますので、
どうぞこれからもご理解の上、お楽しみ頂けますように。
私はもうぼちぼち卒業準備に入ります(笑)

Commented by cynchia at 2016-05-01 22:10
こんばんは、妖艶ですよ、北九州では、ナイナイ。
Commented by ei5184 at 2016-05-02 05:18
cynchiaさん、時々博多の京都展等へ出向いているそうですよ(笑)

まめ藤さんは熊本県のご出身です。 ご家族はご無事の様ですか゛
家屋に少なからず被害が出ているそうです。
心よりお見舞いを申し上げます。
Commented by azusa at 2016-05-02 07:54 x
おはようございます。お返事ありがとうございます。
すいません初めてのコメントでよくわかっておらずリンク先を入力してしまいました。
削除をどうしていいか分からず、、コメントまで削除になってしまいました。

まめ藤さんが引退されてしまったのは残念です。

ei様のブログを楽しみにしています。

Commented by ei5184 at 2016-05-02 08:30
azusaさん、コメントをありがとうございます。ハイ、4月30日が最後でした。
TV番組に登場して、お茶目振りと真摯な稽古姿、出演者との可笑しいやりとりや
アドリブ等で一躍人気者になりましたね。一日のアクセス数が6,000を超えていた日もありました。
引き続いて古都や芸舞妓さんの掲載をお楽しみ頂ければ、ありがたい事です。

↑ 早速ありがとうございました。
Commented by rinkatu at 2016-05-02 09:05
すごくジョックです。。。
でも彼女の生きる道を陰ながら応援したいですね!
以前テレビ放送で見たお茶目な姿を永久保存版にしなくては^^
そして師匠、素敵な表情みせていただき
ありがとうございました!(^^)!
Commented by kk5d2 at 2016-05-02 10:15
美しい~~
これが最後なのですか。
これからの更新も見させていただきます。
Commented by ei5184 at 2016-05-02 11:35
rinkatuさん、TVを観てファンになられた方は 大勢おられるようです。
きっとびっくりされている事と思います。
最後のお座敷撮影が叶いましたので、何処にも出かけずに現像中です(笑)
Commented by ei5184 at 2016-05-02 11:37
kk5d2さん、30日で舞妓を辞めました。
最後の白塗りの日に撮影が叶いました。
順次掲載予定ですので、宜しくお付き合い下さい。
Commented by fleunn at 2016-05-02 14:46
美しい…。
Commented by ei5184 at 2016-05-02 15:13
fleunnさん、これから更に技芸に又女性としての成長も楽しみでしたが・・・
Commented by bbex162546 at 2016-05-02 16:03
凝縮された秀美な作品に、息をのんでしまいます。
Commented by ei5184 at 2016-05-02 16:22
三友さん、まめ藤さんの舞妓最後の撮影でした。
色んなシーンと最後に舞を披露して頂きました。
思い出に残る舞妓の一人になりました。
Commented by fleunn at 2016-05-02 17:48
輝いておられる方は何処へ行こうとも輝き続ける♪
まめ藤さんの今後が楽しみですね(^-^)
また何処かでお会い出来たら(*^^*)
Commented by ei5184 at 2016-05-02 17:58
fleunnさん、>何処へ行こうとも輝き続ける・・・
彼女が落ち着いた頃 皆様から頂いているコメントを読むかも知れません。
きっとどれだけ嬉しく思い、今後の糧になる事でしょう!
幸せになってほしい・・・ただ祈るばかりです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 圓光寺・十牛之庭 随心院門跡・石楠花と霧島ツツジ >>