勝山左義長・上長渕の壱

 

勝山左義長もいよいよクライマックスです。 最後に掲載したのは上長渕区です。 此方は保存会とあってパフォーマンスがより一層凄い! 掲載枚数が絞りきれずに、6回に分けてしまいました(笑) トップは 「春を呼ぶ祭り」でモデルにもなって頂いたこの方からです。
c0317868_09032376.jpg
 



 

一年を通じて近県のみならず、昨年は大阪、鹿児島などの各地で公演をされています。
c0317868_09053003.jpg

 

さあさおいで  集まっておいで  あなたも君も 櫓の下へ 櫓の下へ
 
c0317868_09055039.jpg

 

はたの勝山 おさの音響く 織りなす羽二重 乙女の肌よ 乙女の肌よ
c0317868_09061417.jpg

 

なるほど 翼を広げた鶴が舞うようです。
c0317868_09072153.jpg

 

地打ち姿も 絵になりました!
c0317868_09084037.jpg

 

勝山左義長・上長渕の弐へ続きます。

 


by ei5184 | 2016-03-13 04:53 | 勝山左義長-2016 | Comments(12)
Commented by at 2016-03-13 05:19 x
思わず 目尻が下がり 頬が緩む 写真の数々
明日も期待しております。
毎朝、ありがとうございます。

春の気配
以前、建仁寺の石畳を 数人の舞妓さんが、おこぼの コボ・コボと鈴の音で歩いていました。
ちょうど 桃の花簪とダラリの帯が 実に合ってました。
夕方5時半頃で 境内には 小生のみ、実に優雅な気分を味わいました。

今年は、師匠が花燈路に出掛けている頃
先日 八坂神社付近で遭遇した芸妓(2月に襟替え)が
「芸妓姿で 地方に入るので 応援に来とくれやす」とのお誘いを受けました。
この会場は、確か ロウソクの灯での 舞披露です。
桃の花簪の舞妓に 淡い期待を抱きつつ 春を味わいに行ってきます。
ああ 新米の芸妓は、田ね文ちゃん です。
Commented by o-rudohime at 2016-03-13 07:09
トップにこの写真を持ってきた意味が良くわかります。
eiさんが目を付けただけあり魅力的な女性ですね。
鶴が舞う様な・・言葉通りそんな気がします。
Commented by ei5184 at 2016-03-13 07:45
凧さん、へえ~ 来週はそんな会がありましたか!
私は多分喧騒の中、 1年目の舞妓と石塀小路辺りをぶらぶら。
何せ前回ジンクスの話をしたもので、避けて通れずに(笑)

田ね文さんも芸妓さんになられたのですね!
月日が経つのは早いものです。
Commented by ei5184 at 2016-03-13 07:49
himeさん、へへへ・・・好みがばれましたか(笑)
見ていて舞うように 浮いていました。
とても美しい姿に見惚れるほど・・・
しかし、この後は凄いパフォーマンスも登場してきますよ~
Commented by otomeurarafuku at 2016-03-13 08:15
おはようございま~す♪
こんなに若くて綺麗な方が  
いろんなところでこのお祭りを披露なさっているんですね
バチをもってある指先が力強くて美しいですね

Commented by ei5184 at 2016-03-13 08:41
otomeurarafukuさん、お早うございます。
このお嬢様も4歳頃から 浮きはじめておられたようです。
もうベテランの域に達していますよね~
バチをくるくる回しながら 浮く姿が とても美しく映りました!
Commented by 臥遊 at 2016-03-13 12:44 x
「左義長=どんど焼き」と単純に思っていましたが、
勝山左義長はずいぶん趣が違う行事のようですね。
動画も探して観たんですが、理屈抜きに楽しそう。
芸達者がゾロゾロいて、何より皆さんの笑顔が素晴らしい。
しかし、真冬に長襦袢姿・・・寒くないんでしょうか?

撮影は、結構難しそう。
さすがeiさんは、ピシッと良い瞬間を切り取られていますね。
今回が初めての撮影とは、とても信じられません。

とりあえず、私の「観たいもの、撮りたいもの」リストに登録!
とはいえ、豪雪地帯(?)山間部の冬の行事。
峠をいくつか越さないと辿り着けないので、ちょっとハードルが高そうです。
Commented by mahoroba-shahai at 2016-03-13 16:30
少女や女性の笑顔を、上手にいつも撮影されていますね。
感心、感心!
ありがとうございます。
Commented by ei5184 at 2016-03-13 17:00
臥遊さん、此処へは関西方面からだと 距離は八尾よりも近いのですが、
電車の便が少なくて 福井から1時間近くかかります。
私は福井市内にホテルをとっていましたが、車でもやはり1時間近くかかりました。
段々長時間移動が苦になっていますので、次もあるかどうかは???
それさえ苦にならなければ、毎年通いたい処です!

真冬の長襦袢、一応防寒対策はされているようですが、
なにしろ浮く熱演は 見ているこちらも寒さを忘れていました(笑)
Commented by ei5184 at 2016-03-13 17:03
まほろばさん、人物撮影はとても難しいです!
しかし、それ以上に面白いと思っています(笑)
一にも二にも 如何にその方の表情を捉えるか、
それに尽きると思いながら シャッターを切っていますよ~
Commented by pikorin77jp at 2016-03-14 00:03
写真を見ていると 動画をみたくなって ユーチューブで 見て見ました。
まあ 思わず 一番近くで撮っていらっしゃるだろう、eiさんを探してしまいました。^^
動画も良かったけど やはりeiさんの写真のほうが 迫力があります。
小さな子供さんから 大人まで 役者さんのようですね。
Commented by ei5184 at 2016-03-14 05:03
びこさん、動画をご覧になられましたか!
皆さんの浮かれた様子、とても面白いでしょう!
この唄も、面白いですね~ オワラは中々歌えませんが、
この左義長は直ぐに覚えられました(笑)
撮影は一番前が多かったのですが、結構後ろから ズームで撮っていたりしています。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 勝山左義長・上長渕の弐 お水取り >>