1・17 21年の祈り

 

やさしさ
c0317868_09121354.jpg




 

c0317868_09134932.jpg

 

灯り
c0317868_09143877.jpg

 

思いやり
c0317868_09152429.jpg

 

祈り  (午前5時46分)
c0317868_09161756.jpg

 

仲間
c0317868_09171362.jpg

 

c0317868_09180089.jpg

 

震災が奪ったもの
命 仕事 団欒(だんらん) 街並み 思い出

 

震災が残してくれたもの
やさしさ 思いやり 絆(きずな) 仲間
c0317868_09232689.jpg

 

1・17 希望の灯り
この灯りは 奪われた すべてのいのちと
生き残った わたしたちの思いを むすびつなぐ

 


by ei5184 | 2016-01-17 09:50 | 神戸 | Comments(38)
Commented by anatatoyu at 2016-01-17 10:09
お疲れ様です。

朝はよく冷えたでしょう。
この日を忘れないように生きていきたいと思います。
風邪を引かれませんように。
Commented by dendoroubik at 2016-01-17 10:56
合掌。
Commented by ei5184 at 2016-01-17 11:03
ゆうさん、 ぎ~ふ~から ありがとうございます(笑)

気温1度、でも風はありませんでした。
あの日も寒かったですね~ 
午前5時過ぎには 公園は既に慰霊に来られた沢山の人達でした。
でも、年々準備のお手伝いの方が 少なくなって来ているようです・・・
Commented by ei5184 at 2016-01-17 11:05
dendoroubikさん、あの日から21年が過ぎようとしています。
祈りの朝の灯りです。
Commented by otomeurarafuku at 2016-01-17 11:19
ろうそくを灯す手の表情から
いろんな気持が伝わります

あの日のTVの映像は忘れることができません
Commented by stmalta at 2016-01-17 11:36
感慨深い心に染みる写真です。
21年の歳月を経ても、思いは受け継がれていくのでしょうね。
Commented by o-rudohime at 2016-01-17 12:30
災害を時と共に薄れて行かないよう心に留めたいですね。
年に一度でもこの様な光景を拝見させて頂くと明日は我が身 と気持ちが引き締まる思いです。
Commented by kaorainne at 2016-01-17 13:43
私も21年が過ぎてもあの日のことは決して忘れません。
大好きな神戸の街並みが見るも無残な姿になっていく様子をみて
涙が止まりませんでした。
ろうそくの灯を見ると当時の気持ちが蘇り、今ある幸せに心から感謝します。
Commented by ei5184 at 2016-01-17 14:32
otomeurarafukuさん、追悼の気持ちは老若男女 それぞれの心の中にあると思います。
もしもそれがほんの少しでも届いたとしたら、 嬉しい事です。
Commented by ei5184 at 2016-01-17 14:38
stmaltaさん、ある被災者のお話では、ご自身のお母様が45歳の時だったと。
娘さんは41歳、あと5年でお母様が生きた年齢を越されます。
娘さんの成長を喜ばれていましょうね!
Commented by BBpinevalley at 2016-01-17 14:43
ろうそくを持つ手に、本当、優しさがにじみ出ていますね。
あれからもう21年ですか。
昨日のことのように覚えていますが……
振り返れば、あれから色んなことがあり、街も様変わりしました。
私の心の中には鮮明に残っていても、この私もそのうち居なくなります。
eiさんの写真には、刻々と変わる浮世が留められますね。
Commented by ei5184 at 2016-01-17 14:44
himeさん、被災を受けたり、受けた方が身近に居ますと
決して忘れられるものではありませんね~
今でも何かの拍子に 揺れを感じる錯覚に襲われます。
私は20年間何かにつけて かかわって来ましたが
此れからも続いていくと思います。
Commented by ei5184 at 2016-01-17 14:49
kaorainneさん、当時は大阪に居られたのでしたね。
大阪府下も場所によっては 大きな被害がありましたね!
21年、街を眺めただけでは既に当時の面影はありません。
しかし、この日に此処へ行きますと、蘇ってしまいます。
Commented by ei5184 at 2016-01-17 15:03
BBpinevalleyさん、沢山の若い世代の方がお手伝いや追悼に
沢山足を運んで頂いていました。 祈る優しい思いは全ての人に共通でしょう。
大小にかかわらず被災を受けた方々や、身近な人たちが
言葉に出して慰めあうと、例えこの時だけでも穏やかになれます。

しかし今被災者は高齢者となり、未来に向けて追悼のあり方を模索されているようです。

Commented by ryu_aida at 2016-01-17 16:09
当日、木曽川の橋を車で走っているとき大きな揺れ。
そして会社で見たテレビ映像は衝撃的でした。 合掌。
Commented by kk5d2 at 2016-01-17 17:10
素晴らしい写真見ることが出来て良かったです~
Commented by sarayuna516 at 2016-01-17 17:23
eiさん、こんにちは。

この日、主人が入院していて、あの日のことは忘れません。
ろうそくの光に背筋がのびました。
Commented by ei5184 at 2016-01-17 17:59
ryuさん、木曽川辺りも揺れましたか!
発生後1時間程は 暗闇でした!
私の処はライフラインの確保が間もなく確認出来ましたが、
電話だけは通じませんでした! 身近な方達の安否確認が出来たのは
確か1週間経ってからだったと思います。
Commented by ei5184 at 2016-01-17 18:06
kk5d2さん、昨年も多くの方からコメントを頂いています。
今年は初めて追悼の日に訪ねました。 私の心の中で
実は避けていた日! だったのかも知れません・・・
Commented by ei5184 at 2016-01-17 18:09
sarayunaさん、ありがとうございます。
恐怖の夜明けと悲しいい一日でした。
<ご主人が入院していて・・・>
皆様からのコメントに改めて、当時の事が蘇ります。
Commented at 2016-01-17 18:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ei5184 at 2016-01-17 18:47
鍵コメさん、ありがとうございました。 涙が止まりません。
辛かったでしょうね~ 1週間も電気が無い生活・・・
でも、良くぞご無事で何よりでした!
私は東北へは、申し訳ありませんが 未だ訪ねられていません。
復興に、各地から応援に来て頂く方々の有りがたさは、身に染みています。
今年の夏は何としても訪ねて行きたいと願っています。
3.11 この地より追悼の意を表します。
Commented by at 2016-01-17 18:55 x
師匠の画像で 心が洗われます。
激寒の早朝 出掛けられ、そして早速の画像UP
いつも ありがとうございます。

どうぞ 心身健全 であります様に



Commented by ei5184 at 2016-01-17 19:05
凧さん、あれから21年が経ちます。 しかし沢山のボランティアと
追悼に訪ねた方々の中に、若い中高生が居ました。 嬉しいですね~

私は今まで1.17は避けていたようです。
しかし、来年以降はこの日は必ず訪ねて行きます。
21年は変遷が起きようとしていました・・・
Commented at 2016-01-17 19:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cynchia at 2016-01-17 20:10
こんばんは、当事、まだ独身で妻は三宮で暮らし、私も前日に三宮にいました、色々な思いがあります、
Commented by A-HIMEKKO at 2016-01-17 20:24
はじめまして・・・
実は美しい京の趣ある写真を以前から
拝見してました。

あの日から、21年。
神戸は復興したように見えますが
あの衝撃は忘れえられません・・・・
神戸の知人の支援に線路沿いを歩いた
両親も今は天国です。
語り続けること、祈ることしかできませんけれど、
姫路からも手を合わせました。
現地に行かれると、もっとその思いを強くされたことでしょう。
Commented by ei5184 at 2016-01-17 21:38
鍵コメさん、凄まじい轟音と共に経験した事が無い揺れでしたね~
1時間ほどして電気が通じ、TVを観て愕然としました!
それから周りの安否が判明したのは 1週間ほどしてから・・・
温かく感じるとのコメントに とても感謝しています。
此れからも伝えていければと 願っています・・・
Commented by ei5184 at 2016-01-17 21:44
cynchiaさん、昨年も頂いたコメント、ありがとうございます。
又1年が過ぎました。
今年は当日の追悼に出掛けてきました。20年振りです。
語り継ぐ人達が 年々年老いています。 頑張らなければ!
Commented by ei5184 at 2016-01-17 21:49
A-HIMEKKOさん、初めまして。コメントをありがとうございます。
語り続ける方が年々年老いてきています。 一人でも多くの方が必要のようです。
20年振りに当日に今回行きました。 蘇りますね~ あの日が!
ご両親もきっと天国から 見守っておられますでしょう・・・
Commented by mahoroba-shahai at 2016-01-18 08:01
激しく揺れたあの日を思い出します。
寝入っていた娘と息子を起こし、階段を降り
逃げ道を確保したことを・・・・・
Commented by 松ちゃん at 2016-01-18 08:28 x
 福井でも揺れている時間が長かった。何が起きたか分かりませんでした。
大阪支店の神戸に住んでいる同僚から後日話を聞きました。
彼のことを思うと、涙ぐんでしまいます。道具かいる。以来身近に道具を置いています。
忘れることはできません!!
Commented by ei5184 at 2016-01-18 12:31
まほろばさん、奈良でも大きく揺れたそうですね~
異口同音皆様の体験談をお聴きして 
思いは同じであったことが 良く判ります。
未だ未だ伝えていかなければと・・・
Commented by ei5184 at 2016-01-18 12:35
松ちゃん、そうでしたか、ご同僚の方は神戸にお住まいでしたか!
半壊した建物から逃げ出せずに! と仰る方を私も知っています。
何か道具があれは、助かった命も・・・
Commented by urokaro at 2016-01-20 18:08
「震災が残してくれたもの」 読んで涙が止まらなくなりました
わたしは東日本大震災の際 関東に住んでいて
津波被害の大きかった故郷の惨状を 毎日テレビで見ては 何もできない自分とやり場のない感情に 悶々として過ごしていました
そんな時 阪神大震災を経験した友人がかけてくれた言葉は 素直に心に響き今も忘れられません

まだまだ震災についてはネガティブな感情を取り払うことができないでいますが、
eiさんのおっしゃるように そんな気持ちをやさしさや思いやりに変えていけたら…
そう思わせていただけました。ありがとうございます。
Commented by ei5184 at 2016-01-20 19:40
urokaroさん、ありがとうございます。「震災が残してくれたもの」これは
この地にづっと燃え続けている「1・17 希望の灯り」に刻まれている 言葉です。
私は1年を通じて、此処へ訪ねる度に 泣いています。
決して悲しい涙だけではないのですよ! 明日への涙でもあるのです・・・

3.11 関西からは遠い処です。ですが、想いは一緒です!
今年は何としてでも訪ねて行きたいと願っています!
Commented by kirafune at 2016-01-21 22:21
1.17
早起きして現地に行かれたのですね。
寒いなか、頭が下がります。
お写真から強いメッセージを感じました。
何年経っても、何十年経っても
忘れないようにしたいです。
Commented by ei5184 at 2016-01-22 07:58
雲母舟さん、今までは前日に訪ねていましたが、
今回初めて当日に行きました。 
心のどこかで当日を避けていたのかも知れません。
20年が過ぎて何とか当日でも涙を流さずに済みました・・・
未だ未だ お伝えしていく積りです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 舞妓勝奈 奴島田と卓袱台 21年目の祈り >>