がんがら火祭り 後編

 

古くから火の神様として信仰の厚い愛宕神社は、主祭神に火産霊命(ほむすびのみこと・火の神〉をお祭りしています。
c0317868_13431518.jpg




 

子ども松明も一緒に練り歩きます。
c0317868_13471008.jpg

 

さて、がんがら火の由来ですが・・・
c0317868_13480883.jpg

 

練り歩く松明に随行する八丁鐘や半鐘を打ち鳴らす、ガンガラと感高い音からこの名の由来があります。
c0317868_13515038.jpg

 

大松明が再び人の字を模りながら練り歩きます。
c0317868_13534374.jpg

 

松明のこぼれ火を持ち帰り、御燈明に灯すと火除けになると伝わります。
c0317868_13555825.jpg

 

昨年は台風の影響で中止となり、2年振りの開催でした。
c0317868_13595009.jpg

by ei5184 | 2015-08-26 12:55 | 大阪 | Comments(24)
Commented by urokaro at 2015-08-26 13:08
素敵な祭り写真、楽しませていただきました^^
炎の表情を 迫力たっぷりに撮られていて 格好いいですね!
勇壮な男性たちにまじってお子さんたちも参加されるんですね。 こちらはかわいらしいですね~♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2015-08-26 14:24
こんにちは
がんがら火は、初めて拝見しました。炎が凄いですね。
eiさんのカメラは、ローアングルからなので、いつも迫力があります。
最後の写真は、下で支える男性達も、命がけでしょうね。
火傷しなければいいけれど。
Commented by rinkatu at 2015-08-26 14:24
風情と歴史感じる祭りですね~
確かに風は大敵でしょうから
みなさん二年分を楽しまれたんでしょうね\(^o^)/
Commented by pikorin77jp at 2015-08-26 16:11
迫力ありますね~!eiさんの写真は 音や匂いまで伝わってきそうで 惹かれます。こんな歴史を感じられる行事 自分の目で見てみたいものです。
Commented by kk5d2 at 2015-08-26 16:31
このようなお祭りがあるのをはじめて知りました~
写真で見れてうれしいです
Commented by ei5184 at 2015-08-26 17:44
urokaroさん、私としては珍しい男性の、しかも半裸の写真です!
女性ファンのために(笑)
子ども達も夏休みの最後のお祭りを楽しんでいたようでした!
宿題の絵日記は悩まずに済みますでしょう。
Commented by 京香 at 2015-08-26 17:44 x
火のお祭りの、臨場感伝わる写真ですね。
こんなお祭りがあったの初めて知りました
。間近で見ると迫力あるでしょうね!
小さな子どもも参加することは意義ありますね。
日本のこうした、地方のお祭り ずっと継承してもらいたいものです。
Commented by ei5184 at 2015-08-26 17:55
旅プラスさん、実は半裸の背中は火の粉による火傷がありました。
この日は気力が勝り余り痛まないのかも知れませんが、
あくる日は治療が必要かも知れませんね~
こちらの会長さんは4歳から参加されていて、以来60年になるそうです!
Commented by ei5184 at 2015-08-26 18:04
rinkatuさん、今年も一日遅れていたら再び中止になる処でした。
昨日も夜まで時折突風がありましたから。
秋風が吹き始める此れからは、風の盆 と云われるくらいですもの(笑)
おわらの夜撮の練習にもなります!
Commented by ei5184 at 2015-08-26 18:11
ぴこさん、松の木の火に燃える匂いが届きましたでしょうか?!
新しい大松明に火を移した後、今まで練り歩いてきた大松明はここで消します。
水を掛けて消火しますが、その時は煙と共に匂いが当たり一面に広がります。
懐かしいキャンプファイヤーの匂いです(笑)
Commented by ei5184 at 2015-08-26 18:16
kk5d2さん、日本全国のお祭り等皆様とブログで知り合えて
お陰で、東北から九州まで私の知らない情報を教えて頂いています。
私の情報は限られた範囲ですので、大変恐縮ですが
此れからも体力の続く範囲で(気力かな?)
発信したいと願っています!
Commented by ei5184 at 2015-08-26 18:22
京香さん、こちらの会長さんは4歳の時から参加されて、以来60年だそうです!
写真に映る子どもの中で将来の会長が誕生するかも知れませんね~
関西の限られた範囲の掲載で、私は精一杯です。
京香さんの周りで行事がありましたら、是非ご紹介下さい!
素敵な 京香 さんと、ともに!
Commented by otomeurarafuku at 2015-08-26 19:37
たいまつの火 鐘の音 
迫力のあるお祭りですね~
男衆のいでたちのかっこいいこと!
Commented by o-rudohime at 2015-08-26 20:14
迫力満点、男の祭ですね。
山の神(おかみさん)もこの祭りには手が出ないでしょうか。
今年は火の神様の勝利、来年も晴れることを願います。
Commented by rie0412h at 2015-08-26 20:29
こんばんは
このような お祭りが あることを 初めて知りました 。
命がけの お祭りに驚いております 。
お子様方も火を持って 頼もしいんですね 。
Commented by bbex162546 at 2015-08-27 04:35
がんがら火、迫力たっぷりで緊張感が伝わってきますね。
Commented by ryu_aida at 2015-08-27 06:28
火祭り、いいですね。
地域ごとに特色があるので、いろんな所のを見に行きたいですね。
Commented by ei5184 at 2015-08-27 08:01
ryuさん、関西では10月の京都鞍馬の火祭や熊野那智の火祭りなんかが有名ですが、
どっこいこんな身近な処にも 火祭りがありました(笑)
でもここ以外、なかなか行く機会がありませんね~
Commented by niji-no-iro at 2015-08-28 15:29
迫力ありますねー!!
子供達の練り歩く姿も可愛いです。^^

先日は台風の心配ありがとうございました。
幸い被害も少なく済みました。^^
Commented by ei5184 at 2015-08-28 17:21
蒼さん、記録的な時間雨量だったり、風も強く不安な一日でしたね~
こちらも暴風範囲外とは云え、時折突風が吹いていましたもの!
一日違えば2年連続で中止になっていたがんがら火祭りでした。
Commented by ei5184 at 2015-08-28 17:26
otomeurarafukuさん、すっかり見逃して今頃コメントのお返事をご容赦下さい。
私のブログでは珍しい男の姿(笑)
でも近くで彼らの背中を見ますと、火の粉による火傷がありました。
それでも頑張る男の祭りですね~
Commented by ei5184 at 2015-08-28 17:31
himeさん、すっかり見逃して今頃コメントのお返事をご容赦下さい。
そうなんです、昨年は台風の影響で中止を余儀なくされました。
今年も一日違えば2年連続中止となり兼ねない状態でした。
多分男の祭りの掲載は年に1,2回でしょうが、お楽しみ頂ければ幸いです(笑)
Commented by ei5184 at 2015-08-28 17:34
rieさん、すっかり見逃して今頃コメントのお返事をご容赦下さい。
こちらの会長さんの60年前の様子に重なるとの事でした。
4歳から参加されて以来60年とは、凄い歴史ですね~
この子ども達の中から将来の会長になるかも知れませんね~
Commented by ei5184 at 2015-08-28 17:38
三友さん、今頃コメントの返事となりました事をご容赦下さい。
100Kg 4Mの大松明を人力だけで練り回ります。
しかも背中に火の粉が落ちて無数の火傷です!
つい、出かけて撮影をしたくなってしまいます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 舞妓勝奈 夏は蛍-1 がんがら火祭り 前編 >>