舞妓 涼香 祝先笄-1

 

祇園東舞妓 涼香 さんが先笄髷を結いました。襟替えです。東では美晴さん以来ですので数年振りに芸妓が誕生します。
c0317868_04083383.jpg




 

先笄の髷は何度拝見しても美しさに見惚れてしまいます・・・
c0317868_04114089.jpg

 

後姿も生涯の記念として!
c0317868_04125643.jpg

 

真におめでとうございます。
c0317868_04133405.jpg

 

東は黒紋付ではなく、小紋の衣裳です。
c0317868_04240844.jpg

by ei5184 | 2015-03-01 04:47 | 芸舞妓-3 | Comments(24)
Commented by rinkatu at 2015-03-01 05:05
街?によって仕来たり違うんですね。
今回はスッゴい狭い部屋のようですが
貸し切り撮影っすか?
Commented by at 2015-03-01 05:38 x
師匠 ありがとうございます。
涼香ちゃんの 晴れ姿が見れました。

あと僅かで 芸妓 涼香 の誕生ですね。
しっかりした 芸妓になると思います。

Commented by 阿修羅王 at 2015-03-01 07:14 x
おはようございます。
さすがは涼香さん、きりっとしたところが素敵なんですよね。
襟替えの日はお休みが取れませんでしたが、
先日先笄は撮らせていただいたので、まあ、よしとしますわ(^^;)
Commented by otomeurarafuku at 2015-03-01 08:28
先笄の後ろ姿の美しい事
これから舞妓さんから芸妓さんになる決意のようなものを感じますね
お口の中が黒っぽく見えますが お歯黒なんですか?
Commented by Yoshi at 2015-03-01 08:29 x
確かあと数日ですよね。
早いもの涼香ちゃんが芸妓さんとは。
舞妓になりたての頃はよくお見かけしたり写真を撮らせていただいたりしていましたが、これからはそんな機会も無くなりそうです。
Commented by o-rudohime at 2015-03-01 09:04
芸妓さんにならずに舞妓さんで終わる方が多いのでしょうか?
襟足が3本なのに黒紋付きでないと思っていましたがそれぞれ仕来たりが違うのですね。

舞妓さんから芸妓さんになると名前が変わるのでしょうか?(質問が多すぎでした)
Commented by cynchia at 2015-03-01 10:30
おはようございます。衣装が、またすばらしいですね。
Commented by よう at 2015-03-01 15:13 x
こんにちは。
祇園をどりで手拭いをキャッチ出来て以来、嬉しくて祇園東の芸舞妓さんを勝手にますます応援させて頂いています。
半襟も赤なんですね~。
花街によって色々と違いがあるんですね。
涼香さん、お綺麗です。祇園をどりで芸妓さん姿を拝見するのも楽しみです。
Commented by はるか at 2015-03-01 15:18 x
涼香ちゃんもついにですか!2年前の観亀さんで一緒に写真を撮ってくれました。とてもおっとりしたイメージがあります。先斗町の千鶴ちゃんも襟替え、祇園東でも店出しがあるそうなので、各花街でお祝い続きですね✨
春の店出し&襟替えラッシュですね!

甲部以外は、襟替え前は赤襟なんですね!黒紋付きでないのも初めて見ました。舞妓さんの世界を見るようになって東の襟替えは初めてです。観亀さんにますます行きたくなりました!
Commented by deepseasons at 2015-03-01 18:35
こんばんは〜
東は黒紋付ではないのですね。
私の浅い知識では知り得なかった事です。
シックな落ち着いたお色が似合っています。
舞もまったく違うのでしょね〜
Commented by ei5184 at 2015-03-01 19:12
rinkatuさん、スッゴイ狭い部屋? ではありませんが、大部屋ではありません(笑)
一般的に京都の お茶屋さんは大体がこの様な雰囲気です。
撮影の基本はプライベートなんです。
Commented by ei5184 at 2015-03-01 19:17
凧さん、昨日の今日で、又細切れの掲載になりますが、
現像が出来た分からの掲載です。ご容赦下さい。
涼香さんと凧さんの話をしながら撮影していました。
私の知らない暴露話が次々と(笑)
最後と云わずに、又出かけておくれやす~
と、伝言でした!
Commented by ei5184 at 2015-03-01 19:20
阿修羅王さん、お天気ならば午前中は京都の予定ですが、
芸妓のご挨拶周りの時間は既に京都を離れています(笑)
こちらも三日間は黒紋付で過ごしますので、もし空き時間が上手くあれば・・・と!
Commented by ei5184 at 2015-03-01 19:25
otomeurarafukuさん、ハイ、お歯黒です!
先笄の髷はかって新妻となった方の髷なんです。
お嫁に行かない舞妓のために、せめて少しの間だけでも
その真似事をさせてやろうと云う、親心から伝わったと聞いています。
お歯黒も然りです。でも「うち、嫌いどす~」と云ってお歯黒をしない方もおられます(笑)
Commented by ei5184 at 2015-03-01 19:34
Yoshiさん、そうですよね~ Yoshiさんと舞妓のお話をした頃ですもの。
あっという間に月日は過ぎていきましたね~
もし時間が合えば芸妓姿もお届けできるかも知れませんが?
多分鬘が似合うと思いますよ~
Commented by ei5184 at 2015-03-01 19:40
himeさん、ハイ、芸妓になる方のほうがはるかに少ないです。
五花街によって衣裳は違います。宮川町は黒紋付ですが、半襟は赤です。
これ等の違いも又写真撮影の醍醐味の一つなんですよ~
名前は舞妓の時のままです。名前を頂いたお姐さんとの盃が続く限り!
Commented by ei5184 at 2015-03-01 19:41
cynchiaさん、この衣裳も黒紋付とは違い、好いでしょう!
お正月とは違いますものね(笑)
Commented by ei5184 at 2015-03-01 19:48
ようさん、さて、何方の手拭でしたっけ?
私は未だにつね有さんの手拭が在りません(笑)
憧れのマドンナなので、たまにお会いしても、会話が弾まずしどろもどろ(笑)
昨年の祇園をどりのあと、置屋に帰るまでの約3分間ほど、
お話が出来た事に舞い上がっていました(爆笑)
Commented by ei5184 at 2015-03-01 21:36
はるか さん、今年の観亀さんでは芸妓姿ですね~
五花街では毎年この月には新たな仕込みさんがやって来ます。
しかし既に引いていった人も居ます。新陳代謝があります。
維持・継続していくには仕方がありませんね~
Commented by ei5184 at 2015-03-01 21:42
deepさん、此方は小紋の裾引きです。半襟は赤色なんです。
黒髪は藤間流です。とてもしっとりと、しかも艶やかに舞います。
涼香さんは黒髪の意味・背景などちゃんとご存知でした。
それが舞にも現れていましたね~
現像が追いつかないうちに、又新たな撮影が・・・(笑)
Commented by mtm213 at 2015-03-01 22:25
この方覚えがあります。
もう、芸妓さんですか?
我々の数年のサイクルは舞妓さんは
どんどん成長されるのですね。

近くで撮れるeiさんがうらやましいです。
頑張ってください、楽しみにしています。
Commented by etigoya13-2 at 2015-03-02 02:36
地毛ならではの美しさとも言えますね。
真横や後ろからの写真がとても好きです。
着物が小紋なので随分と雰囲気が変わるんだなと。
より新婚の方が結っていたという雰囲気に近いのかもしれませんね。
Commented by ei5184 at 2015-03-02 04:40
しまさん、シンガポールへお出かけでしたか! 
懐かしい景色が沢山ありました! 又後でゆっくり拝見します。
この方も仕込みさんの時からお会いしていましたし、
私のブログにも、少しだけですが登場しています。
いよいよ明日襟替えです!
Commented by ei5184 at 2015-03-02 04:42
越後屋さん、こちらの花街では黒紋付ではなくて小紋なんです。
仰る様に一層江戸時代の新妻を彷彿させてくれます!
この舞妓姿も此れが見納めです。明日はいよいよ襟替えの日ですから・・・
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 舞妓 涼香 祝先笄-2 北野天満宮 梅花祭 後編 >>