嶋原太夫 餅つき会

 

江戸時代からの伝統で、花街の事始めが終わり迎春準備が始まるお正月前に行なわれていた年中行事でした。途絶えて久しい2001年に司太夫により復活されて、毎年23日に催されます。  司太夫、はてさて杵を持つ手が?
c0317868_17512105.jpg




 

振袖太夫はそれなりに(笑)
c0317868_17520616.jpg

 

可愛い禿も負けじと
c0317868_17524240.jpg

 

つきたての餅を太夫や禿たちが一口くらいの大きさに丸めてお客へ振舞います。
c0317868_17531777.jpg

 

振袖太夫は丸めたお餅を・・・
c0317868_17535041.jpg

 

お腹がすいた禿に食べさせています(笑)
c0317868_17544050.jpg

 

撮影は2012年12月です。 2014年は振袖改め葵太夫として初めての餅つき会です。

by ei5184 | 2014-12-22 11:42 | 芸舞妓-1 | Comments(14)
Commented by rinkatu at 2014-12-22 12:54
仲睦まじい素敵な光景ですね^^
正月迎える行事も楽しみあります。
明日の23日は手の位置どうなんでしょう?^^
Commented by at 2014-12-22 13:05 x
「笑」太夫 間違い! 「葵」太夫の 上唇に紅がさされているでしょう。
1月8日 20時~の テレビ東京系の 歌謡番組で
葵太夫が ソロで 舞を舞うとか
石川さゆり さんの バックで舞う予定でリハーサルに参加そたところ、ソロで 出演する事になったそうです。
関西も 放映されるかな??
Commented by o-rudohime at 2014-12-22 16:16
夢か幻かと舞妓さんを見た後に一気に現実に引き戻された感じです。
餅つきで今年の〆となるのですね、後継者も出来伝統を残せて行けますね。
Commented by arak_okano at 2014-12-22 19:50
お餅つきにバグースです。実は四歳くらいまでは、土間があり、炊事もお風呂も薪でした。年末には親戚が集まり餅つきをしました、懐かしい想い出が甦りますました。感謝します、バグースです。
Commented by hirosi906 at 2014-12-22 22:06
こんばんは
遅れてすいません私のブログにコメントありがとうございました。
ブログ見させてもらって、素晴らしい舞子さんの写真満載、
この写真も素敵ですね、太夫の餅つきなんか迫力ありますね。
子供さん達も可愛く、日本の京都の伝統復活嬉しいですね!!
Commented by ei5184 at 2014-12-23 05:19
rinkatuさん、ハハハ、持ち手が逆でしょ!
ご本人は気がついていない様でしたが。
毎年このホテルの一番広い宴会場がお客で一杯になる、人気行事に定着しています。
Commented by ei5184 at 2014-12-23 05:25
凧さん、ご存知だと思いますが、太夫は紅は下唇しか差しません。
余計な事を言わないように慎む事を示しているそうです。
笑、いやもとい、葵太夫になっても舞妓とは違い下紅だけなんです。
TV放映の情報をありがとうございました。
お連れの方の日時も宜しくお願いします。とりあえず撮影はお願い済みです(笑)
Commented by ei5184 at 2014-12-23 05:32
himeさん、ハハハ・・・失礼しました(笑)
年末行事として定着したようですね~
此処へは事前申し込みをすれば、何方でも参加できます。
勿論太夫関係者の方も沢山来られていますが、
この行事を楽しみにしているご婦人も多いですよ~
日時は毎年決まっていますので、来年は如何ですか?
3時間を超える長時間ですが、お料理も豊富ですし、
毎年違うゲスト出演者も面白く、退屈しませんよ!
Commented by ei5184 at 2014-12-23 05:40
arakさん、そうでしたか、お餅つきをされていましたか。
私たちの子どもの頃は当たり前の光景でしたものね!
最近はこう云うイベントか、保育園とか小学校の父母の会あたりだけになりました。
でもね、楽しんでいるのは父母たちで、傍らの子供はケームで遊んでいた(笑)
Commented by ei5184 at 2014-12-23 05:43
hirosi906 さん、ありがとうございます。
モノトーンの昭和を彷彿させる、何だか懐かしい写真を撮られていますね~
最近はスナップが減っていましたが、とても好い刺激になっています。
此れからも宜しくお願いします。
Commented by 阿修羅王 at 2014-12-23 23:12 x
あ、ほんまですね。
あそこに写っていました。
今日は涼香さんがお客さまに連れられて来ておいででした。
もうひとりはどなたか解りませんでした。

私もKatsuさんと同じように、
道中の前にデータとプリントを渡してきました。
アメブロの登録まではしたくなかったのでね。
Commented by ei5184 at 2014-12-24 05:11
阿修羅王 さん、行かれましたか! 今年は如何でしたか?
涼香さんとご一緒の方はこちらにコメントを頂いている凧さんです。
私の行事と重なるためにご一緒出来なかったのが残念でした。
Commented by masakuro1231 at 2014-12-24 17:01
eiさんを探したのですが、いらっしゃらなくて残念でした。かしの式の撮影は暗過ぎて失敗。はiso1600にしたのですがシャッタースピードや絞りを調整してなかったのが原因かも。「鶴の舞」はPのモードにしたので撮影できました。
凧さんとお会いしましたよ。
Commented by ei5184 at 2014-12-24 17:51
masakuroさん、私はこの日はイブイブの会と云うのがあり
此れからも多分日時が変更にならない限り、参加出来ないと思います(笑)
ISO1600だと厳しいでしょうね! でも理由が判ると次からは新たなトライが可能です!
色んなパターンに挑戦して見て下さい!
凧さんからも情報をいただいていますよ~
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 舞妓まめ藤 戯れる 京の雪景色 >>