舞妓彰子 朱い影

 

朱傘に影が映りました!
c0317868_18262083.jpg




 

舞妓彰子さんです。
c0317868_18272854.jpg

 

首を傾げた表情は未だ割れしのぶの初々しさが残ります。
c0317868_18290397.jpg

 

朱傘に映る影を意識しながら・・・
c0317868_18302043.jpg

 

好い笑顔を魅せてくれました。
c0317868_18304478.jpg

 

一緒に居た舞妓に手をふって!  未だ十代です(笑)
c0317868_18310623.jpg

by ei5184 | 2014-12-13 05:21 | 芸舞妓-2 | Comments(12)
Commented by arak_okano at 2014-12-13 05:39
一枚目の背景がお寺さんで、和傘のシルエットに
「次は何かな」のどきどき感にバグースです。
智積院さんかな??
なんてね。
Commented by kirafune at 2014-12-13 07:30
eiさん

おはようございます。
1枚目の赤い傘に影のお写真が
私は1番お気に入りです。
建仁寺さんでしょうか?
背景にも合っていますね。

昨日はお忙しい中、
私たちの写真展にお越しくださり、
本当にどうもありがとうございました。
久しぶりにお会いでき、
色々お話をさせていただいて、
とても嬉しくまた楽しかったです。
機会がありましたら、またぜひ
撮影をご一緒させてください。
よろしくお願いしますm(_ _)m
Commented by cynchia at 2014-12-13 10:12
おはようございます、1枚目にドッキリ、
さらに癒されました、ありがとうございます。
Commented by niji-no-iro at 2014-12-13 11:17
傘に映る影!
こういう撮り方、面白いですね〜。^^
1枚目。お顔が写ってない分、想像がかきたてられますね。^^
素敵・・・♪
4枚目の全身も素敵〜〜。
舞妓さんってほんと綺麗ですねぇ〜。^^
Commented by rinkatu at 2014-12-13 13:08
簪までも綺麗に映った朱傘のシルエットには↑バグースです^^
Commented by ei5184 at 2014-12-14 05:13
arakさん、おはようございます。今日も早起きでしょうか(笑)
此処は智積院ではありません。でもとても大きな寺院です。
朱傘のシルエット、違う人物で又登場しますので、
そちらもお楽しみに・・・
Commented by ei5184 at 2014-12-14 05:17
kirafuneさん、こちらこそ突然お邪魔をしまして、ありがとうございました。
傑作揃いの皆様の作品に、大きな刺激を受けています。
建仁寺ではありません。もっと大きな寺院です(笑)
又撮影をご一緒出来る機会があれば嬉しいですね!
Commented by ei5184 at 2014-12-14 05:19
cynchiaさん、午前中の雨が嘘の様な午後からの太陽に、
朱傘がこんな時に役立つとは!
今までに無い構図にトライしてみました(笑)
Commented by ei5184 at 2014-12-14 05:26
蒼さん、ありがとうございます。
芸舞妓さんの撮影は、特に中高年の男女に人気があるようです。
昨日13日は花街の事始めの日。朝からカメラマンが凄い人の様でした。
私は祇園町は敬遠して、上七軒へ出かけていましたが、
土曜日と重なり、地元の方曰く、例年よりも多かったそうです。
被写体が華やかですものね!
Commented by ei5184 at 2014-12-14 05:29
rinkatu さん、結構太陽が強く綺麗なシルエットを作ってくれました。
これがマンツーマンの撮影ですと、もっと角度に変化をつけられるのですが、
自由に動く事が出来ないほどのカメラマンの数です(笑)
Commented by gachako1121 at 2014-12-17 18:25
雅茶子でございます♪

はじめまして<(_ _)> おじゃまいたしますねぇ 

京都は日本の宝物♡ 大好き(#^.^#)

流石ねぇ 美しい 舞妓はんの心が見える作品ねぇ

この朱の傘に⁉♥.♥ですぅ 祖父が和傘職人(岐阜加納) 

此方こそ、どうぞ宜しゅうお頼もうしますぅ

ごめん あそば 雅茶子 ('◇')ゞ



Commented by ei5184 at 2014-12-17 18:43
雅茶子さん、わざわざコメントをありがとうございました。
ご縁があって10年近く京都の五花街をウロウロと(笑)
岐阜は郡上八幡と白川郷しか訪ねた事がありませんが、
特に郡上踊りは写真撮影の魅力が一杯の処です。
今後もどうぞよろしくお願いします。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 芸妓彩乃 北風 芸妓彩乃 或る日 >>