かちあい

 

10月11・12日は泉大津市(岸和田市の北隣です)の「地車」(だんじり)祭りです。此方の地車は前方で止まっている地車に、後方から地車を追突(かちあい)させます!
c0317868_19471278.jpg




 

タイミングを間違うと重大事故にもなりかねません! 力強さの中にも慎重さが必要とされます。
c0317868_19485266.jpg

 

そしてもう一つの見所はやり回しでしょう!
c0317868_19505477.jpg

 

交差点で速度を落とさずに直角に曲がります!
c0317868_19520441.jpg

 

観ているこちらも、思わず力が入ってしまいます!
c0317868_19533636.jpg

by ei5184 | 2014-10-12 04:21 | 大阪 | Comments(12)
Commented by arak_okano at 2014-10-12 04:34
凄い迫力にバグースです。
アラック、シャッターを押し忘れそうな気がします。
Commented by o-rudohime at 2014-10-12 07:53
地車、追突 ルビがなければ読めませんでした。
 かちあいってこう言う意味なんですね。

いや~男のフェルモンムンムン 掛け声もあるでしょうから見ている方もハラハラドキドキ eiさんも夢中になって写真を写していると危ないのでは?
Commented by ei5184 at 2014-10-12 10:44
arakさん、やり回しの撮影は結構迫力があります。
ローカルな祭りですし、そんなに規制もしていませんので
そこそこ近くで撮影出来ますが、万一のの時は自己責任です(笑)
Commented by ei5184 at 2014-10-12 10:47
himeさん、かちあいのシーンは動画でないと伝わりませんね~
ドーンという鈍い音が響き、一斉に歓声と拍手が起こります!
この後女性のシーンも続けて掲載しますが、
男性に混ざり女性も祭りを楽しんでいましたよ~
Commented by rinkatu at 2014-10-12 22:28
ん~~ん
だんじりはこれですよね!
テレビでしか見たことありませんが^^;
迫力伝わります!!
Commented at 2014-10-13 00:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by etigoya13-2 at 2014-10-13 12:18
私の会社時代の同期にだんじりに出れなくなるからと転勤の有る企業ではなく、同じ会社の大阪工場を選んだと言う程だんじりが好きな人がいたのを思い出しました。
事故があったようですが、やはりこの直角に曲がる様やかち合いは残して欲しい物ですね。
Commented by ei5184 at 2014-10-13 14:52
rinkatuさん、大阪府の南に位置する泉州方面では、
9月の岸和田だんじり祭りに始まり、10月は泉大津・高石・和泉・貝塚・泉佐野の各市
忠岡・熊取・田尻各町で毎週の様にだんじり祭りがあります。
しかしぶつかり合うかちあいは此処だけの様です。
Commented by ei5184 at 2014-10-13 14:55
鍵コメさん、Kさんにもお会いしましたか! 私と噂をしていますから
多分知っています(笑) 楽しい御様子、ご馳走様です。
Commented by ei5184 at 2014-10-13 14:58
越後屋さん、噂にそう云う方が結構居るとお聴きします(笑)
だんじり命なんでしょうね~ 
数年前にここでも死亡事故がありました。私はそれ以来の見物でした。
Commented by kwc_photo at 2014-10-13 17:49
迫力ですね!眼力のある男性の表情が印象的です。
岸和田のだんじりとは違う日程なのですね。
祇園祭の辻回しとはまた違った迫力。やりまわし、というのですか。
祭りの文化というのは本当に多様ですね。面白いです。
Commented by ei5184 at 2014-10-13 18:05
katsuさん、だんじりのやり回し(交差点で直角に曲がる)は
如何にスピードを落とさずに回る事が出来るかが、見せ所の様です。
なので一つタイミングがずれると転倒したり、ぶつかったりします。
しかも此処は前を行くだんじりめがけて、追突(かちあい)します。
数年前にその時死亡事故がありました。
祭りは何時も危険と隣り合わせ。なので慎重過ぎる事はありませんね。
全ての共通は、万全たる準備があってこそのお祭りなんですね~
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 泉大津だんじり祭り・もう一つの華! 地車の城・岸和田城 >>