地車の城・岸和田城

 

秀吉の命により家臣中村一氏を岸和田城主として、紀州の根来寺や雑賀衆の押えの要としました。後の徳川時代に岡部宣勝が入城して、明治維新まで13代に亘り5万3千石を治めた城です。
c0317868_19055300.jpg




 

八陣の庭越しに天守閣を望みます。
c0317868_19072225.jpg

 

八陣の庭は庭園設計の第一人者重森三玲により造られた、諸葛孔明の八陣法をテーマとしています。中心に大将、天・地・風・雲・龍・虎・鳥・蛇の各陣を配しています。
c0317868_19142283.jpg

 

城の南西に三の丸神社がありますが、岸和田地車(だんじり)祭はこの神社の祭りだったと伝わっています。
c0317868_19172305.jpg

 

城の南東に南海蛸地蔵駅があります。1914年(大正3年)に開業した駅舎です。
c0317868_19243718.jpg

 

駅舎のステンドグラスは雑賀衆との合戦で、蛸に跨った法師(地蔵尊の化身)と数千の蛸が城を救った「蛸地蔵物語」がモチーフとなっています。
c0317868_19312452.jpg

 

岸和田だんじり祭りは毎年9月上旬の土日に行われています。

by ei5184 | 2014-10-11 04:49 | 大阪 | Comments(20)
Commented by 阿修羅王 at 2014-10-11 06:00 x
さすがは重森さんのお庭、素敵ですねぇ。
こちら方面へ行くことがないので、全く知りませんでした。
お庭を見に行くだけでもよさそうです。
Commented by arak_okano at 2014-10-11 06:28
お城大好きです、何と庭が重森さんなんですね、驚きましたね、青空に栄えますね。駅舎にステンドグラスも素敵、バグースですね。絶対に行きますよ。 機関車館、台風で13日は中止です、アラック12に行きますが、ゲストハウスに泊まらないで日帰りの可能性大です、翌日新幹線が動かないかったら帰れませんからね。お会い出来たら有り難いです。
Commented by rinkatu at 2014-10-11 07:52
城は青空に映えますね!
庭園は見事
じっくり見てみたくなります(^^)
そう思うのもei Worldでしょうか(^o^)/
Commented by o-rudohime at 2014-10-11 08:29
天守閣を背景にした庭と天守閣からの庭の眺めは現代的な設計(五稜郭を思わせる)の対比は素晴らしいです。

駅舎のステンドグラスの逸話面白いですね 照明も素敵。

同じ様に景色を写しているのに自分の写真との差の大きさに落ち込みます。
Commented by kirafune at 2014-10-11 08:40
eiさん

おはようございます!
岸和田にこんな立派なお城があったなんて、
はじめて知りました。
しかも、重森三玲のお庭もあるなんて!
晴天でいいときに行かれましたね。
美山のすばらしい秋も拝見させていただきましたが、
京都のどこでも会ってしまうゆうさんも
さすがに岸和田にはいらっしゃいませんでしたね^^
Commented by 瑠歌 at 2014-10-11 09:10 x
おはようございます!
なんとも綺麗な青い空ですね~(^-^)
お堀に浮かぶ岸和田城、我が広島城とはまた違った趣がありますね!
駅舎のステンドグラスの蛸軍団面白い。タコの産地でしょうか?
広島県の三原市のタコも有名なんですけど。
実は明日、備中松山城に行く予定ですが、台風19号の影響が
どうなるのか?  微妙です…。
 (松山城は日本一標高の高い現存天守だそうです。)
Commented by walkingkyoto at 2014-10-11 09:41
青空にお城が映えますね!綺麗です。
こちらは、全く知りませんでした。中々いいところですね。
お城巡りも面白そうですね。^^;
Commented at 2014-10-11 20:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-10-11 22:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ei5184 at 2014-10-12 09:33
阿修羅王さん、2年ほど前の朝ドラ「カーネーション」でちょっとしたブームがありましたが、
此処は何と云ってもだんじりでしょう。しかし行った事が無い(笑)
9月末に所用で立ち寄ったのですが、今丁度隣の泉大津がだんじり祭り。
あわてて掲載をしました(笑)
Commented by ei5184 at 2014-10-12 09:38
arakさん、京都ファンの皆様には馴染みの深い重森三玲の作庭です。
天守から覗き込むようにして撮影しますが、高所恐怖症の私は
震えながらでした(笑)
何とかお天気が持ちそうです。機関車撮影楽しみですね!
Commented by ei5184 at 2014-10-12 09:41
rinkatu さん、ありがとうございます。観ようによっては何これ?
しかし更に観ようによっては思わず唸ってしまいます(笑)
とても不思議な庭でした!
Commented by ei5184 at 2014-10-12 09:43
himeさん、落ち込まないで下さい(笑) 
重森三玲の庭は京都ではあちこちで観られますが、
こんな処にもあったとは! やはり独特の世界ですね!!
Commented by ei5184 at 2014-10-12 09:48
kirafune さん、ハハハ・・・、此処は私の様な物好きしか行かないでしょう(多分)
特に重森三玲ファンではないのですが、不思議な庭造りですね!
彼のファンが多いのが、少しは判る様な気がしてきました(笑)
Commented by ei5184 at 2014-10-12 09:54
瑠歌さん、多分蛸の産地と云うわけではないと思います。
尤も当事はすぐ目前に大阪湾が迫っていたようですので、当然獲れたでしょうが!
さて、只今備中松山城でしょうね! お天気の様子なので
傑作の撮影が出来ましたでしょうか?
又、様子等を教えて下さい。
Commented by ei5184 at 2014-10-12 09:57
かっちゃん、たま~に思い出した様にこじんまりとした城を訪ねています。
此処もその一つです。但し庭が重森三玲作とは以外でした。
何でも先に庭造りから始めて、やがて天守閣を復興させたのだとか?
Commented by ei5184 at 2014-10-12 10:00
鍵コメさん、とりあえず無事に上洛出来てよかったですね。
皆様との楽しい雰囲気が目に浮かんできます(笑)
明日は朝から台風の影響がありそうです。
どうぞお気をつけて!
Commented by ei5184 at 2014-10-12 10:01
鍵コメさん、わざわざ詳しくお知らせを有難うございました。
後ほどご連絡を致します。何はともあれ京都を満喫して下さい。
Commented by cynchia at 2014-10-15 08:25
おはようございます。
初めまして、地元の話題だったので拝見しました。
ありがとうございます。
Commented by ei5184 at 2014-10-15 17:48
初めまして、コメントをありがとうございました。
先ほどブログを少し拝見してました。まさに地元の方ならではの視点!
実は此方のだんじりは未だ観たことがないのです。
この時期何時も他の行事と重なっています。
ですが一度は訪ねて行きたいと思います。
今後もよろしくお願いします。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< かちあい 舞妓とし愛 引祝い ・惜別 >>