住吉大社御田植神事・植女

 

かって住吉大社御鎮座の時神功皇后が長門国から植女を召して御田を定められた。と、社伝にあるそうです。
c0317868_17530441.jpg




 

第一本宮にて早苗を授かり御田を一周します。
c0317868_17561304.jpg

 

中央舞台において替植女に早苗を授けます。
c0317868_17575778.jpg

 

御捻女(みとしめ)は能の手振りとり入れた雨乞いを祈願する龍神の舞です。
c0317868_18020487.jpg

 

稲作には欠かせない雨乞い祈願の龍神の舞にふさわしく、頭上に龍神の冠が輝いています。
c0317868_18052272.jpg

by ei5184 | 2014-06-17 04:52 | 大阪 | Comments(4)
Commented by 阿修羅王 at 2014-06-17 05:44 x
おはようございます。
なんとも華やかな衣裳ですね。異国情緒さえ感じます。
Commented by kwc_photo at 2014-06-18 00:24
衣装といいお化粧といい、何とも雅ですね。
これだけおそろいの衣装で並ぶと、見応えがありますね。
御捻女さんの頭飾りの龍も見事なもので、舞もあるのですか。
風流な神事なのですね。
Commented by ei5184 at 2014-06-18 04:29
阿修羅王さん、異国情緒、そう見えましたか?
実はこれ、かっては花街の芸妓さんが奉仕されたとか。
こんな神事でも芸妓文化があった事に驚いています(笑)
Commented by ei5184 at 2014-06-18 04:33
katsuさん、もう少し近くからアップで撮りたかったのですが、
一般席は遠すぎます(笑)
↑にもコメントしましたが、実はこれ、昔は大阪新町の芸妓さんが奉仕されたとか。
ここでも芸妓さんに縁がありました(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 住吉大社御田植神事・替植女 住吉大社御田植神事・八乙女 >>