住吉大社御田植神事・斎牛

 

重要無形民族文化財指定「住吉大社御田植神事」は、毎年6月14日に行われています。その神事を順を追って掲載していきます。まずは神事に先立ち代掻きからです。
c0317868_17040189.jpg




 

兵庫県三木市で育てられる但馬黒毛和牛で、雌二歳が奉仕しています。
c0317868_17055921.jpg

 

背中に赤い飾幕を掛けて草綿造花で飾られています。
c0317868_17082386.jpg

 

牛の後ろからは馬鍬(まんが)が牛の牽く力で土を細かく砕き、水田の泥土ならしをします。
c0317868_17120431.jpg

 

代掻きを終えた牛は博労とともに御田を一周してご挨拶をします。
c0317868_17145322.jpg

by ei5184 | 2014-06-16 05:18 | 大阪
<< 住吉大社御田植神事・八乙女 舞妓とし桃 かぐや姫!? >>